更新日: 2023.05.02 年収

【年収問題】年収300万円だけど、全国平均から見る自分の稼ぎって多いほう?

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

【年収問題】年収300万円だけど、全国平均から見る自分の稼ぎって多いほう?
年収300万円というのは、全国平均から考えると、稼ぎが多いほうになるのか、少ないほうになるのか、気になる方も多いようですが、実際に全国平均から考えた際には、どうなのでしょうか。また、年収300万円というのは、それをもらう年代によっては高くなる可能性もありますので、各年代の平均年収はどのようになっているのかも気になります。
 
本記事では、年収300万円というのは、全国平均からみたら稼ぎが多いほうなのかについてや、年代ごとに平均すると、どれくらい稼いでいるのかについて解説しますので、参考にしてみてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

年収300万円は全国平均からみると多い?

年収300万円というのは、全国平均からみると実際は高いのかどうかについては、正社員と正社員以外では、平均年収が異なってきます。正社員の平均年収は508万円で、正社員以外の平均年収は198万円です。
 
年収300万円は、正社員としてならば平均年収よりも208万円低く、正社員以外としてならば102万円高い結果となりました。つまり、年収300万円は、正社員としてならば全国平均には足りませんが、正社員以外としてならば全国平均を上回っています。
 
また、平均年収は、男性と女性でも違っているという調査結果が出ており、正社員は男性570万円・女性389万円であり、正社員以外ならば男性267万円・女性162万円です。結果だけをみてみると、正社員でも正社員以外でも、男性のほうが女性よりも平均年収が高い傾向にあります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店 収入証明書
最短当日 - ※2
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 ※2 ご希望のご利用限度額が50万円以下の場合は不要です。 ※2 学生は20歳以上で安定収入がある方に限る

年収300万円は年代別の平均からみると多いのか少ないのか

日本では年功序列制度・終身雇用制度によって、基本的には若い世代のほうが年収は少なくて、年代が高くなると年収は多くなるケースが増えます。全体の平均年収・男性の平均年収・女性の平均年収について、年代ごとに図表1にまとめましたので、自分の年代の中で、自分の年収が多いほうなのか気になる場合は、参考にしてみてください。
 
図表1

年代 全体の平均 男性の平均 女性の平均
19歳以下 133万円 152万円 113万円
20代 320万円 345万円 288万円
30代 431万円 502万円 321万円
40代 492万円 607万円 326万円
50代 524万円 675万円 322万円
60代 380万円 480万円 239万円
70歳以上 300万円 369万円 210万円

国税庁「令和3年分民間給与実態統計調査」を基に作成
 
年代別の平均年収をみていくと、19歳以下では全体の平均が133万円と、300万円を下回っていますが、20歳以上の年代ではほとんどが、全体の平均は300万円を上回っています。
 
そのため、年収300万円というのは、収入だけをみて判断すれば、ほとんどの年代で平均を満たしていないといえるでしょう。ただし、女性の平均だけをみた場合には、年収300万円は平均年収に近く、大きく下回っているわけではありません。
 

年収300万円以下は、構成比でみると3人に1人以上

平均年収には高年収も計算に入れられていますので、実際には、見た目ほど年収300万円が少ない年収ではないといえます。
 
各年収の構成比をみると、100万円以下が8.1%、100万円超200万円以下が13.3%、200万円超300万円以下が14.8%です。そのため、合計して考えれば、年収が300万円以下の割合は36.2%になり、3人に1人以上が年収300円以下で働いています。
 

まとめ

年収300万円というのは、平均年収から考えると下回っている年代が多いですが、年収別の構成比でみてみると、3人に1人以上が年収300万円以下です。そのため、全体平均からすれば、年収300万円は比較的低い年収といえる一方で、平均が高収入者によって引き上げられていると考えられるので、構成比からすれば、決して低いといえません。
 
年収300万円というのは、稼ぎが多いのか少ないのかについては、全国平均の数字だけからみると、下回っているという結果になりましたが、住んでいる地域や年代によっても、異なってくるといえるでしょう。
 

出典

国税庁 令和3年分民間給与実態統計調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集