更新日: 2023.05.16 年収

定年後は年収が「100万円」下がる!? その分「高年齢雇用継続給付」を活用することはできる?

定年後は年収が「100万円」下がる!? その分「高年齢雇用継続給付」を活用することはできる?
定年退職後も働き続ける人は増えており、理由としては経済的な理由や社会とのつながりを持ちたいなどさまざまです。しかし、一般的には再雇用などで新たに雇用契約を締結した場合、年収が大きく下がってしまう傾向にあります。年収が下がってしまえば生活維持が難しくなる恐れがあり、年収が下がった場合の対処方法などについて考えておく必要があります。
 
本記事では、定年後に年収が下がった場合の対処方法などについて解説するので参考にしてみてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

定年後は年収が下がる?

定年後は年収が下がってしまう可能性が高くなっています。
 
国税庁の「令和3年分 民間給与実態統計調査」の年齢階層別平均給与を見ると、定年退職が関係ない55歳から59歳の男性の平均給与は687万円ですが、定年退職する年齢階層に当たる60歳から64歳は平均給与537万円・65歳から69歳までは423万円・70代以上は369万円と、定年退職後の平均給与は100万円以上も下がっている傾向にあります。
 
定年後の年収が下がってしまう理由は、再雇用の場合は契約社員や嘱託社員としての契約になることが多いためです。契約社員や嘱託社員は正社員と比較して給料などが低く設定されている傾向にあり、また、正社員時には役職手当などがあっても再雇用では一般社員としての契約になる可能性もあります。
 
定年退職後は年収が下がるため、生活費の見直しなどによって毎月の支出などを減らすことが大切です。ただし、定年退職後には平均給与は下がりますが、老齢基礎年金・老齢厚生年金の受給が始まる年代でもあり、それを含めて全体の収入・支出について見直しましょう。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

年収が下がった場合は高年齢雇用継続給付を活用する

年収が下がった場合は高年齢雇用継続給付を活用して、減ってしまった分の年収を補うことが可能です。減ってしまった年収を補えれば生活などの安定にもつながり、定年後の生活にも大きく貢献してくれます。高年齢雇用継続給付を活用するには要件を満たしている必要があり、要件としては以下が挙げられます。
 

(1)支給対象月の初日から末日まで被保険者であること
(2)支給対象月中に支払われた賃金が、60歳到達時等の賃金月額の75%未満に低下していること。
(3)支給対象月中に支払われた賃金額が、支給限度額未満であること
(4)申請後、算出された基本給付金の額が、最低限度額を超えていること
(5)支給対象月の全期間にわたって、育児休業給付または介護休業給付の支給対象になっていないこと。

 
雇用保険の被保険者になっている点、賃金月額が75%未満に低下している点は確認しておきましょう。高年齢雇用継続給付は誰でも受給できるわけではなく、所定の要件を満たしている必要があります。自分が要件を満たしているかどうかを確認して、要件を満たしているなら高年齢雇用継続給付の活用も考えましょう。
 
高年齢雇用継続給付で支給される金額は賃金の低下率によって決められ、低下率=支給対象月に支払われた賃金額÷賃金月額×100で計算されます。低下率に伴って支給金額も変動し、最大で15%が支給される制度です。
 
高年齢雇用継続給付の手続きは原則として企業がおこないますが、自分でハローワークにて手続きもできます。
 

まとめ

定年後は再雇用などによって年収が下がってしまうケースが多く、理由として再雇用で新しく結ばれる雇用契約が契約社員や嘱託社員であることが考えられます。
 
どれくらいの年収になるかは企業との契約内容によって異なりますが、再雇用や再就職によって下がった金額によっては高年齢雇用継続給付の対象になります。自分の以前の年収と現在の年収をしっかりと把握して、高年齢雇用継続給付の要件を満たしているか確認しておきましょう。
 

出典

国税庁 令和3年分 民間給与実態統計調査 -調査結果報告-

厚生労働省 Q&A~高年齢雇用継続給付~

 
※2023/5/15 記事を一部修正いたしました。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集