更新日: 2023.05.30 年収

38歳で係長に昇進したけど、一般的に見て出世は遅い方?係長級の「平均年収」とは?

38歳で係長に昇進したけど、一般的に見て出世は遅い方?係長級の「平均年収」とは?
38歳で係長に昇進した場合、一般的なキャリアパスと比べて、出世速度は遅いのでしょうか。また、係長級の「平均年収」はいくらなのでしょうか。
 
この記事では、昇進のタイミングと係長級の平均年収について詳しくみていきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関するニュースを、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

一般的なキャリアパスと昇進のタイミング

キャリアパスとは、個々の職業生活における進行方向や進行計画のことです。一般的なキャリアパスでは、新卒者がまずは一部門に配属され、その後、数年ごとに昇進していきます。係長、課長、部長といったポジションへの昇進は、各人の業績や能力、組織内での評価によって異なりますが、30代前半での係長昇進、40代前半での課長昇進が一般的とされています。
 
しかし、これは業界や企業の規模、そして企業の風土によっても大きく異なるため、必ずしも全ての人に当てはまるわけではありません。
 

38歳で係長への昇進は遅い? それとも早い?

前述の通り、30代前半での係長昇進は一般的とされています。しかし、これらの数値はあくまで業種や企業の大きさを関係なく全て含めた場合の全体の平均です。実際のところ、大手企業では昇進までの時間が長めに設定されている一方、中小規模の企業ではそのスピードが速いといった傾向があります。
 
また、業績や能力、評価によって個々の昇進速度は変わります。そのため、38歳での係長昇進が遅いとは一概には言えません。自身の業界や企業規模を考慮した上で、自己評価を見直すことが重要と言えるでしょう。
 

係長級の平均年収とは

一般的に、係長級の平均年収は多くの要素によって左右されます。業界、企業規模、地域、そして個々の経験やスキルなど、多種多様な要素が給与に影響を与えるためです。一般的な目安としては、係長級の年収は600万〜800万円程度とされています。しかし、これはあくまで一般的な指標であり、具体的な数値は大企業と中小企業で大きく異なります。
 
大企業では、組織の規模と構造、そして企業の業績により、800万円以上の年収を得ることも珍しくありません。一方、中小企業では給与体系が異なるため、600万円よりもやや低い年収となることが多いです。
 
また、業界による影響も無視できません。例えば、IT業界や金融業界などの高収入が期待できる業界では、平均年収が1000万円を上回る企業もある一方、教育業界や公共業界などでは、平均年収が600万円を下回ることが一般的です。
 
さらに、自身の経験やスキルも年収に大きく影響します。特定の専門知識や技能を持つことで、平均年収以上の収入を得ることも可能です。そのため、38歳で係長に昇進した時の年収が、これらの平均年収と比較してどの程度なのかを見る必要があるでしょう。
 

昇進のタイミングと年収の適正評価

出世速度や年収を見直せば、自身のキャリアパスをより明確に理解することができます。一般的な昇進のタイミングや係長級の平均年収を参考にするのは有用ですが、業績や能力、企業の規模や業界の違いなど、多くの要素が影響している点を考慮しなければなりません。自己評価の基準を設け、満足感のあるキャリアを築いていきましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

auじぶん銀行