更新日: 2023.07.06 年収

野球やサッカーだけじゃない! 年収が高いのはどのスポーツ?

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

野球やサッカーだけじゃない! 年収が高いのはどのスポーツ?
野球やサッカーではプロ選手になると年俸が何億、何十億になるというのを耳にしますが、その他のスポーツの選手たちはどのくらいの年収なのでしょうか。特に近年、ややマイナーな競技でもプロスポーツのリーグが発足していることもあり、今後競技人口が増えることも予想されます。
 
本記事ではいろいろなスポーツの年収について、野球やサッカーと比較しつつ解説していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

バレー、バスケ、卓球の年収について

バレーボール、バスケットボール、卓球といった、日本でも新たにプロリーグが設立されたスポーツの年収について見てみると、これらのスポーツは、長らくアマチュアリーグが主流で、プロ化が遅れていました。そのため、年収は野球やサッカーと比べてやや下がる傾向にあります。特に卓球のプロ選手は、平均年収が約500万円となっており、これは他のスポーツと比べてもかなり低い水準です。
 
バレーボールの選手の年収は、全体の平均で約800万円です。しかし、日本のバレーボール界では、女子選手の人気が男子選手を上回っており、特に女子選手の中には年収1億円を超えるスター選手もいます。バスケットボールの選手は、平均年収が約1000万円で、バレー、卓球と比べると高い水準にあります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店 収入証明書
最短当日 - ※2
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 ※2 ご希望のご利用限度額が50万円以下の場合は不要です。 ※2 学生は20歳以上で安定収入がある方に限る

1番稼げるスポーツとは?

プロ野球の選手は平均年収が約4500万円と、他のスポーツと比べてもダントツに高くなっています。ただし、この数字はトップ選手の高額な年収が平均を引き上げているため、全選手がこの金額を稼いでいるわけではありません。また、サッカーの選手の年収も高く、平均年収が約3000万円となっています。
 
しかし、サッカー選手の年収はリーグやクラブによって大きく異なり、海外リーグで活躍する選手の年収は数十億円にも上る一方、国内リーグでプレイする選手の年収は数千万円から数億円と幅広いです。
 

年収差の要因とは?

年収には大きな差がありますが、その要因の1つは、スポーツの人気度によるものです。観客動員数やテレビ放送の視聴率、スポンサー契約などが年収に大きく影響します。例えば、野球やサッカーはテレビ放送が多く、スポンサーも多いため、選手の年収が高くなります。また、プロスポーツの経済規模が大きい海外では、特にサッカー選手の年収が高騰しています。
 
これは、海外のサッカーリーグが世界中から視聴者を獲得し、巨額の放送権料やスポンサー契約が結ばれているためです。しかし、新たなプロリーグが設立されたスポーツについても、今後その人気が高まるとともに選手の年収も増えていく可能性があります。スポーツは結果だけでなく、エンターテインメントとしての価値も重視されるようになってきている、ということです。
 
スポーツ選手の年収は、その能力や結果だけでなく、個々のマーケティング力や人気度によっても大きく変動します。特に個性的な選手や話題性のある選手は、スポンサーや広告の契約を多く取ることができ、年収を大きく上げることができます。
 

プロスポーツと選手の年収

スポーツ選手の年収は、種目やリーグの規模、選手自身のスキルや人気度により大きく変動します。野球選手の平均年収は約4500万円と最も高く、バレー、バスケ、卓球など新たにプロリーグが設立されたスポーツは現状それよりも低いですが、人気度の上昇やマーケティングの進化により、今後年収が増加する可能性も十分に考えられます。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集