更新日: 2023.11.24 年収

高卒でIT企業に就職するのは「賢い」生き方!?高卒とIT企業それぞれの平均年収はいくら?

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

高卒でIT企業に就職するのは「賢い」生き方!?高卒とIT企業それぞれの平均年収はいくら?
IT業界では人手不足が深刻化しているため、未経験者の採用を積極的に行っている企業もあります。学歴に関係なく誰でも挑戦できるといわれており、スキル次第では稼げる業界といえるかもしれません。「高卒でIT企業に就職すると高収入が得られるのでは?」と、考える方もいらっしゃるでしょう。
 
そこで今回は、高卒の場合の平均年収と、IT企業勤務の場合の平均年収を比較してみました。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

高卒の場合の平均年収

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」を基に、高卒の場合の平均年収をまとめると、表1の通りです。なお年収においては、賞与やそのほかの手当てなどについては考慮しないものとしています。
 
表1
 

年齢階級 賃金(月額) 年収(賃金×12ヶ月)
年齢計 27万3800円 328万5600円
~19歳 18万4600円 221万5200円
20~24歳 20万5200円 246万2400円
25~29歳 22万8100円 273万7200円
30~34歳 24万8500円 298万2000円
35~39歳 26万7600円 321万1200円
40~44歳 28万7500円 345万円
45~49歳 30万3600円 364万3200円
50~54歳 31万600円 372万7200円
55~59歳 31万4300円 377万1600円
60~64歳 25万8200円 309万8400円
65~69歳 22万7900円 273万4800円
70歳~ 21万6100円 259万3200円

 
※厚生労働省 「令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況 一般労働者 学歴別」を基に筆者作成
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店 収入証明書
最短当日 - ※2
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 ※2 ご希望のご利用限度額が50万円以下の場合は不要です。 ※2 学生は20歳以上で安定収入がある方に限る

IT企業の平均年収

IT企業で働く場合、どれくらいの年収が期待できるのでしょうか。厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」にある「情報通信業」の平均年収をまとめると、表2の通りです。
 
表2
 

年齢階級 賃金(月額) 年収(賃金×12ヶ月)
年齢計 37万8800円 454万5600円
~19歳 18万800円 216万9600円
20~24歳 23万1600円 277万9200円
25~29歳 27万9000円 334万8000円
30~34歳 33万3600円 400万3200円
35~39歳 38万2000円 458万4000円
40~44歳 42万6400円 511万6800円
45~49歳 45万400円 540万4800円
50~54歳 46万2500円 555万円
55~59歳 49万1100円 589万3200円
60~64歳 35万1600円 421万9200円
65~69歳 37万4300円 449万1600円
70歳~ 26万9300円 323万1600円

 
※厚生労働省 「令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況 一般労働者 産業別」を基に筆者作成
 

IT企業の平均年収は高卒の一般労働者よりも高い!

高卒とIT企業の平均年収を比較してみると、19歳までは大きな差はなく、むしろIT企業の平均年収のほうが少なくなる可能性があることが分かりました。
 
しかし経験を重ねていくうちに、IT企業では年収アップが期待でき、平均年収が最も高い55~59歳では589万3200円で、高卒の377万1600円と比較すると212万1600円もの差が出ています。
 
高卒でIT企業に就職することで、高卒の一般の労働者よりも高年収が得られる可能性はあるといえるのかもしれません。
 

IT業界で働くために必要なこととは?

IT業界で働くためには、特別な資格は必要なく、実際の業務に携わりながら学んでいくことがほとんどです。
 
ただし、プログラミングの素養はあったほうがよいとされています。プログラミングスキルのある人は、論理的思考力が身に付きやすく、幅広い職種で生かせる可能性が高いといわれています。
 
キャリアアップにともない、コミュニケーション能力や、プロジェクトの予算や進捗管理などのマネジメント能力など、幅広い分野でのスキルが求められます。業務内容によっては、国家試験の資格取得を求められることもあるようです。
 
IT業界の職種は幅広く、エンジニアやコンサルタントとして社内外でキャリアップしていくだけでなく、自分の適性に応じて大きくキャリアチェンジをしたり、フリーランスになったりする選択肢もあります。
 
変化の速度が激しい業界でもあるため、日々の業務をこなすだけでなく、自己研さんする努力も必要だといわれています。
 

スキル次第で稼げる! 高卒でIT業界に飛び込むのもあり!?

少子高齢化やインターネットの普及により、IT業界の需要はまだまだ大きいといえるでしょう。学歴よりもスキルが重視される傾向にあるため、プログラミングなどのスキルや必要な資格を取得しながら、着実にキャリアアップが狙えるかもしれません。高卒ですぐに働きたい方は、スキル次第で稼げるIT業界に飛び込むことを検討してはいかがでしょうか。
 

出典

厚生労働省
職業情報提供サイト jobtag ITの仕事 IT業界で働くためには

令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況
一般労働者 学歴別 第3表 学歴、性、年齢階級別賃金及び対前年増減率

一般労働者 産業別 第5表 産業、性、年齢階級別賃金及び対前年増減率

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集