更新日: 2023.12.13 年収

国家公務員の「年収」と「退職金」ってどれくらい?仕組みはどうなっているの?

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

国家公務員の「年収」と「退職金」ってどれくらい?仕組みはどうなっているの?
国家公務員は、国のあらゆる機関で国民にとって頼りにされることが多く、社会的な信用も高い、やりがいのある職業です。加えて、給与面で安定しているというメリットもあります。さらに国家公務員の給与や退職金は、経験年数に応じてアップしていく場合がほとんどです。
 
そこで今回は、国家公務員の給与の仕組みや、支給実績をご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

国家公務員の給与の仕組みとは

国家公務員の給与は、法律によって定められた俸給と諸手当で構成されています。俸給とは、民間企業でいう基本給のようなものであり、職種ごとに職務の難易度や責任の重さに応じて決まっており、経験年数が増えるほど上がっていく仕組みです。
 
また俸給に加えて、以下のような諸手当も支給されます。
 
・生活補助給的手当
扶養手当・住居手当・通勤手当・単身赴任手当
 
・地域給的手当
地域手当・広域異動手当・特地勤務手当・寒冷地手当
 
・職務の特殊性に基づく手当
俸給の特別調整額・管理職員特別勤務手当・特殊勤務手当
 
・時間外勤務等に対して支給する手当
超過勤務手当・休日給・夜勤手当・宿日直手当
 
・賞与等に相当する手当
期末手当・勤勉手当
 
・その他
本府省業務調整手当・初任給調整手当・専門スタッフ職調整手当・研究員調整手当
 
国家公務員は、公共の利益のために働いているため、労働基本権が制約されています。労働基本権とは、団結権・団体交渉権・争議権の「労働三権」のことです。その代わり、人事院が国家公務員と民間の賃金を調査して、両者の給与水準が大きくかけ離れすぎないように調整しています。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店 収入証明書
最短当日 - ※2
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 ※2 ご希望のご利用限度額が50万円以下の場合は不要です。 ※2 学生は20歳以上で安定収入がある方に限る

国家公務員の給与の支給実績をご紹介

国家公務員の給与については、人事院の公式サイトなどから確認できます。2023年1月現在の平均俸給額を経験年数別にまとめると、表1の通りです。
 
表1

経験年数 平均俸給額
1年未満 19万2416円
1年以上2年未満 20万1130円
2年以上3年未満 20万5325円
3年以上5年未満 21万8624円
5年以上7年未満 23万4892円
7年以上10年未満 25万5350円
10年以上15年未満 29万3883円
15年以上20年未満 33万5783円
20年以上25年未満 36万8008円
25年以上30年未満 39万2233円
30年以上35年未満 41万1155円
35年以上 41万3068円

※人事院「令和5年 国家公務員給与等実態調査 報告書」を基に筆者作成
 
俸給に諸手当とボーナスを加えて、年収が決まります。表1から、国家公務員の給与は、経験年数に応じて上がっていることが分かります。
 

国家公務員の退職金はどのくらい?

国家公務員の退職金も、経験年数に応じて上がる仕組みです。2021年度中に退職した常勤職員のデータを基に、経験年数別の平均支給額をまとめると、表2の通りです。
 
表2

経験年数 退職金平均支給額
5年未満 70万6000円
5~9年 131万2000円
10~14年 319万8000円
15~19年 612万2000円
20~24年 1084万1000円
25~29年 1611万2000円
30~34年 2050万4000円
35~39年 2368万7000円
40年以上 2258万円

※内閣官房「退職手当の支給状況」を基に筆者作成

定年・応募認定・自己都合などの退職理由によって支給額は異なりますが、基本的には、経験年数に応じて支給金額が大きくなることが分かります。
 

やりがいと安定を望むなら国家公務員を目指すのもあり

国家公務員は、国の政策にかかわることのできる、やりがいのある職業です。コツコツと経験を積んでいくことで、年収アップを狙えることも魅力です。やりがいと安定を望む方は、職業として国家公務員を検討するのもよいでしょう。
 

出典

内閣官房
 給与・退職手当 国家公務員の給与

 令和3年度 退職手当の支給状況 表2 勤続年数別退職手当受給者数及び退職手当平均支給額
人事院
 国家公務員の給与制度 国家公務員の諸手当の概要

 令和5年 国家公務員給与等実態調査 報告書 Ⅱ統計表 第7表 適用俸給表別、経験年数階層別、給与決定上の学歴別人員及び平均俸給額
 国家公務員の労働基本権の付与状況
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集