更新日: 2023.12.12 年収

「公務員」vs「民間大手・中小企業」のボーナス額はどれだけ違う? 2022年・2023年冬の支給額を比較

「公務員」vs「民間大手・中小企業」のボーナス額はどれだけ違う? 2022年・2023年冬の支給額を比較
社会人にとって、給与のほかにボーナスがどれくらいもらえるのかは大きな関心事の1つといえます。公務員や民間の大手企業、中小企業とで支給されるボーナス額にはどれくらいの差があるのか、気になる人もいるでしょう。
 
そこで、本記事では公務員と民間企業における、2022年冬・2023年冬のボーナス額について解説します。金額をチェックしていきましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

【2022年冬・2023年冬】公務員のボーナス額

まずは公務員のボーナス額です。公務員の場合、正式にはボーナスではなくそれに相当するものとして「期末・勤勉手当」が支給されます。このうち、勤勉手当は職員の勤務成績に応じて支払われます。
 

2022年冬のボーナス額

内閣官房内閣人事局が発表した「令和4年12月期の期末・勤勉手当を国家公務員に支給」の資料によると、令和4年12月9日に「令和4年12月期の期末・勤勉手当」が支給されています。この年における一般職国家公務員の平均支給額は、約65万2100円でした。2021年冬のボーナス額と比較し、500円ほど支給額が増加しています。
 

2023年冬のボーナス額

内閣官房内閣人事局が発表した「令和5年12月期の期末・勤勉手当を国家公務員に支給」の資料によると、令和5年12月8日に「令和5年12月期の期末・勤勉手当」が支給されています。この年における一般職国家公務員の平均支給額は、約67万4300円でした。2023年冬のボーナス額と比較し、2万2200円ほど支給額が増加しています。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

【2022年冬・2023年冬】大手企業のボーナス額

前記では一般職国家公務員の冬のボーナスの平均支給額を紹介してきましたが、大手企業に勤務する人とはどれくらいの差があるのでしょうか。ここでは、大手企業のボーナス額について見ていきましょう。
 

2022年冬のボーナス額

経団連が発表した「2022年年末賞与・一時金の大手企業業種別妥結結果(加重平均)」の資料によると、集計可能な18業種162社におけるボーナスの支給平均額は、約89万4179円でした。2021年の平均額、約82万955円から支給額が約7万3224円増加する結果となりました。
 

2023年冬のボーナス額

経団連による「2023年年末賞与・一時金の大手企業業種別妥結結果(加重平均)」は、2023年12月2日現在、まだ発表されていません。
 
そこで、1つの目安として民間調査機関の「一般財団法人労務行政研究所」が東証プライム上場企業を対象に実施・発表した「2023年年末一時金の妥結水準の調査」の結果をもとに、ボーナス額を紹介します。
 
この調査における支給水準は187社、支給月数は196社について集計しています。東証プライム上場企業の全産業ベースでは、支給水準が約80万28円という結果でした。
 

【2022年冬・2023年冬】中小企業のボーナス額

次に、中小企業における冬のボーナス額を見ていきましょう。ここでは、株式会社フリーウェイジャパンが実施・発表した「冬のボーナス実態調査」の資料をもとに、中小・零細企業のボーナス額を紹介します。
 

2022年冬のボーナス額

同社は2022年10月、中小・零細企業の従業員198人、代表取締役152人を対象に「冬のボーナスに関する実態調査」を行いました。
 
ボーナスの支給予定がある従業員に聞いたところ「20~30万円未満」「40~50万円未満」との回答が同率で最多でした。2021年に実施した同様の調査では「10~20万円未満」との回答がボリュームゾーンであり、2022年は全体的に金額が増加傾向となっています(フリーウェイジャパン調べ)。
 

2023年冬のボーナス額

同社は2023年10月、中小・零細企業の従業員130人、代表取締役・個人事業主166人を対象に「冬のボーナスに関する実態調査」を実施しました。ボーナスがすでに支給されている、もしくは支給予定で金額を把握している従業員に聞いたところ「20~30万円未満」との回答が最多でした。なお、支給平均額は約47万9000円となっています(フリーウェイジャパン調べ)。
 

業種により冬のボーナス支給額はさまざま

本記事では、国家公務員・大手企業・中小企業における冬のボーナス支給額について解説しました。すべてが同機関や同企業による調査結果ではないため一概にはいえないものの、支給額が前年度と比較して増加しているケースが多い結果となりました。
 
業種によってもボーナス支給額はさまざまですが、新型コロナウイルス感染症が流行する以前の経済状態に戻りつつある動きがうかがえます。
 

出典

内閣官房内閣人事局 令和4年12月期の期末・勤勉手当を国家公務員に支給
内閣官房内閣人事局 令和5年12月期の期末・勤勉手当を国家公務員に支給
一般社団法人 日本経済団体連合会 2022年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果(加重平均)
一般財団法人労務行政研究所 東証プライム上場企業の2023年年末一時金(賞与・ボーナス)の妥結水準調査
株式会社フリーウェイジャパン 2022年度 冬のボーナス実態調査(PR TIMES)
株式会社フリーウェイジャパン 2023年度 冬のボーナス実態調査(PR TIMES)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集