更新日: 2024.01.23 年収

【ザ・玉の輿】婚活で知り合った医者の男性が 「実際は薄給」と言っていましたが謙遜ですよね? 診療科によって給与は違うのでしょうか?

【ザ・玉の輿】婚活で知り合った医者の男性が 「実際は薄給」と言っていましたが謙遜ですよね? 診療科によって給与は違うのでしょうか?
高給の職業といえば医者を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、一言で医者といっても給与はそれぞれです。
 
例えば、外科の医師と内科の医師では給与額が違いますし、外科の中でも脳神経外科と整形外科では給与額が異なります。そこで今回は、どの診療科年収が高く、どの診療科はそうではないのか、詳しく解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

外科系の平均年収

独立行政法人労働政策研究・研修機構が2012年に発表した「勤務医の就労実態と意識に関する調査」によると、最も平均年収が高いのは脳神経外科で約1480万円です。外科の平均年収は約1374万円、整形外科の平均年収は約1289万円となっています。
 
外科系の年収が高い理由として挙げられるのは、緊急で呼び出されるオンコール勤務が多いこと、がん手術や移植手術のような長時間の手術があることなどによる、勤務時間の長さや労働時間の不規則さが年収に反映されていると考えられます。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店 収入証明書
最短当日 - ※2
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 ※2 ご希望のご利用限度額が50万円以下の場合は不要です。 ※2 学生は20歳以上で安定収入がある方に限る

内科系の平均年収

内科系の場合、呼吸器科・消化器科・循環器科の平均年収が約1267万円、内科の平均年収が約1247万円、小児科の平均年収が約1220万円です。外科系の平均年収や医師全体の平均年収よりも少ないことが分かります。その理由として挙げられるのは、内科は緊急手術などがないこと、労働時間が比較的短めであることなどが挙げられます。
 
ただし、内科医でもカテーテル治療などで24時間患者と向き合う必要がある循環器内科や、人工透析で長期間の診察が必要となる透析科などは比較的年収が高いといわれています。
 

他科系の平均年収

外科系でも内科系でもない他科系の平均年収はどうでしょうか。産科・婦人科の平均年収は約1466万円、麻酔科の平均年収は約1335万円です。これらは平均よりも高めになっています。
 
一方、精神科の平均年収は約1230万円、救急科の平均年収は約1215万円です。これらは平均よりも低めになっています。さらに、眼科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・皮膚科の平均年収は約1078万円、放射線科の平均年収は約1103万円です。このように、他科系の場合は診療科目によって大きな差が出ていることが分かります。
 

医師の中でも外科系は年収が高い!

医師の中でも診療科によって年収はさまざまだということが分かりました。勤務時間が長く、人の命に関わるような治療が多い外科医は、内科医や他科医よりも平均年収が高い傾向にあります。
 
とはいうものの、内科医や他科医も多くが年収1000万円を超えていますし、すべての診療科で平均年収は1000万円以上です。結局のところ、どの診療科であったとしても、やはり医者は高給な仕事だといえるのではないでしょうか。
 
とはいえ、医師は人の命や健康と向き合うため、常に大きな責任が伴います。その心労を思えば一見高そうに見える年収も、安すぎるくらいなのかもしれません。年収はもちろんのこと、大きな責任を伴う職業だということを理解した上で、将来を考えられるといいですね。
 

出典

独立行政法人労働政策研究・研修機構 勤務医の就労実態と意識に関する調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー