更新日: 2024.02.01 年収

彼女の両親から「経済力がない」と結婚を反対されています…年収いくらなら経済力があるといえるのでしょうか?

彼女の両親から「経済力がない」と結婚を反対されています…年収いくらなら経済力があるといえるのでしょうか?
結婚後の生活費やライフスタイルにおける出費を考えると、結婚相手には「経済力のある」方がいいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
 
しかし、相手の経済力によっては、ご自身がご結婚を悩まれるだけでなく、ご両親に反対を受けてしまう方もいるでしょう。
 
また、「経済力がある」とひと口にいっても、どのくらい年収や貯蓄があれば「経済力がある」といえるのか分からないという方も多いかもしれません。
 
本記事では「経済力がある」と考えられる最低年収や貯蓄について、また、その年収や貯蓄を下回った場合の対処法について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

「経済力がある」といえる平均年収は?

明治安田総合研究所が行った「恋愛・結婚に関するアンケート調査」によれば、結婚相手に求める条件の1位~3位は以下の通りです。

1位 「話・価値観が合う」(42.0%)
 
2位 「一緒にいて楽しい」(38.9%)
 
3位 「収入等の経済力」(29.5%)

相手の人間性や、相性を重視している方が多い一方、結婚や子どもの誕生など将来の生活を見据え、経済力を求める方が多いことも分かります。
 
また、同調査によれば、結婚相手に求める最低年収額と貯蓄額の平均額は表1の通りです。
 
表1

男性 女性 男女計
最低年収額 約373万円 約550万円 約462万円
貯蓄額 約502万円 約764万円 約633万円

※明治安田総合研究所「恋愛・結婚に関するアンケート調査」を基に筆者作成
 
表1より、年収が最低約462万円、貯蓄額が約633万円あれば、結婚相手のご両親に認められる可能性が高いといえるでしょう。
 
さらに、表1より、最低年収額、貯蓄額のいずれも女性の方が高く求める傾向にあることも分かります。
 
女性は、ライフスタイルのなかで妊娠・出産をしたいとお考えの方も多くいらっしゃるでしょう。
 
妊娠中や出産前後は就労ができない期間があり、その間収入が低くなる傾向にあります。
 
収入が低くなると、生活水準を見直す必要があったり、貯金を切り崩して生活したりする必要があるかもしれません。
 
それを考慮し、パートナーに経済力を求める方が多い可能性が考えられます。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

「経済力がない」とされる場合の対処法

次に、最低年収額や貯蓄額を下回っていた場合の対処法について解説します。
 

昇給など、収入を上げるための努力をする

収入を上げるために、会社の昇給システムを確認し、昇給できるよう行動しましょう。
 
昇給するには、仕事で成果を出したり、資格を取得したりして、会社へ貢献していくことが重要です。
 
日頃の仕事の仕方を振り返り、より成果を出すための方法を考えてみましょう。
 
また、昇級に役立つ資格があれば、勉強を始めることをおすすめします。
 
すでに成果を出している方は、会社へ給与交渉をする方法も一つです。
 
もし昇級が難しい場合には、より好待遇の会社へ転職する方法もあります。
 
ご自身の状況に合わせて、適切な方法を選択しましょう。
 

計画的に貯金をする

貯蓄が少ない方は「月の収入のうち、いくら貯金をする」など、ご自身でルールを決めて貯金を殖やすことをおすすめします。
 
また、目標額を設定することも、モチベーションを保つうえで大切です。
 
現在どれくらいの貯蓄があるかにもよりますが、表1の「相手に求める貯蓄」の平均額を目指すのもいいでしょう。
 
両方行うことで、より早く貯蓄を殖やしていけますが、まずはご自身が取り組めそうな方法から実践してみましょう。
 

年収を上げたり、貯蓄を殖やしたりして「経済力」を高めましょう

調査より、結婚相手に求める最低年収額は約462万円、貯蓄額は約633万円であることが分かりました。
 
「経済力がない」からと結婚を反対された場合に、納得してもらうためには、収入を上げたり貯蓄を殖やしたりする必要があるでしょう。
 
ご自身の収入や貯蓄の状況を振り返り、ご自身の可能な方法から取り組んでいくことをおすすめします。
 

出典

明治安田総合研究所 恋愛・結婚に関するアンケート調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集