更新日: 2024.03.06 年収

出世した友人が「高級車」を買っていてうらやましい! 「1000万円」を超える車を買うには、どれほどの年収が必要でしょうか?

出世した友人が「高級車」を買っていてうらやましい! 「1000万円」を超える車を買うには、どれほどの年収が必要でしょうか?
友人が高級車を購入したと聞いて、うらやましく思った経験がある人は多いのではないでしょうか。高級車に乗ることは、「高級車を買える余裕がある」というステータスの高さをアピールすることにもつながります。
 
本記事では、どのような車が高級車と呼ばれるのかということや、1000万円を超える車を買うにはどのくらいの収入が必要なのかを解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

高級車とは

車といっても、さまざまなメーカーから多くの車種が販売されていますが、その中でも「高級車」と呼ばれる車は、いくつかの特徴があります。
 
高級車の明確な定義は存在しませんが、価格やブランドの知名度、性能、外装や内装など、さまざまな要素を含めて、価値が高いと評価される車が「高級車」として認知されるでしょう。また、国産車に限定すれば、日本自動車査定協会によって、高い等級から「特C、特B、特A、I、II、III、IV、軽」と分類されているため、それを基準に比較することも可能です。
 
価格の観点からみると、一般的には新車の車両価格が500万円以上の車が「高級車」と呼ばれることが多く、1000万円以上の車は超高級車と呼ばれることもあります。高級車の魅力の1つとして、性能の高さが挙げられるでしょう。
 
高級車は、アクセルやブレーキの反応がよい車が多い点が特徴です。また、静粛性の高さや乗り心地のよさ、外装や内装もこだわって造られていることが多いでしょう。このように、高級車は高級車ならではの性能やデザインが施されていることから、価格が高くなる傾向があるのです。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

高級車を購入できる人の年収は

一般的に、車の購入額は年収の半分以下が目安とされています。そのため、1000万円を超える車の購入を希望する場合は、2000万円ほどの年収を得ているかどうかがポイントになるでしょう。
 
もちろん、あくまでも1つの目安ではありますが、無理をして購入すると、場合によってはローンの返済が滞ったり、維持費の支払いが厳しくなったりするなど、生活が苦しくなるほか、車を手放さなくてはいけなくなる可能性もあります。
 
特に、車を購入する際は車両の価格のみを考えがちですが、実際には税金をはじめ、毎月の保険料やガソリン代、駐車場代なども多くかかる点に注意が必要です。
 
また、高級車は修理代も高くなる傾向があるため、万が一、事故などが起きて修理が必要になった場合は、高いお金を払わなくてはいけない可能性もあります。そのため、高級車を購入する際は、車両価格だけでなく、維持費や保険料の支払いも視野に入れたうえで、自分の年収を考慮することが大切です。
 

高級車を購入する際は金銭的余裕を持とう

車の購入額は年収の半分以下が目安となるため、1000万円を超える高級車を購入したいと考えている場合は、年収が2000万円程度あることが望ましいでしょう。無理をして購入しても、維持費も高額になるため、生活が苦しくなる可能性がある点に注意が必要です。
 
高級車を購入する際は、車両価格だけでなく、維持費を継続的に支払える余裕があるかどうかも考えたうえで購入を検討しましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集