更新日: 2024.03.13 年収

よく「給料が安い」と言われる介護業界。「ケアマネジャー」や「施設管理者」になっても年収は低いの?

よく「給料が安い」と言われる介護業界。「ケアマネジャー」や「施設管理者」になっても年収は低いの?
介護業界は「重労働の割に給料が安い」といわれています。
 
厚生労働省によると、低賃金などの理由から、2025年には約38万人の人材が不足すると試算されているほどです。社会的にニーズの高い介護業界で働こうと考えている方にとって、どの程度の年収が得られるのかは、重要なポイントでしょう。
 
また、長期的にキャリアを考えた場合に、ケアマネジャーや施設管理者などに昇進した場合の給料についても、気になる方は多いのではないでしょうか?この記事では、介護業界のケアマネジャーや施設管理者の年収を解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ケアマネジャーや施設管理者の平均年収はどれくらい?

早速、ケアマネジャーや施設管理者の平均年収を確認しておきましょう。比較のために、訪問介護員・ホームヘルパーの平均年収と併せてご紹介します。
 

訪問介護員・ホームヘルパーの平均年収

厚生労働省の職業情報提供サイト「jobtag」によると、訪問介護員・ホームへルパーの平均年収は、353万2000円です。仕事内容は、利用者の居宅を訪問して、身体の介護や家事の支援をするというものです。
 
国税局によると、令和4年度の全給与所得者の平均給与は約458万円となっているため、訪問介護員の年収は、全体的な平均よりも105万円ほど低くなります。
 

ケアマネジャー(介護支援専門員)の平均年収

厚生労働省の職業情報提供サイト「jobtag」によると、ケアマネジャー(介護支援相談員)の平均年収は405万8000円です。
 
訪問介護員・ホームヘルパーの年収よりは約52万円増加しますが、全体の平均である458万円よりは低くなっています。仕事内容は、介護を必要とする人に対して、介護のメニューを判断して、ケアプランを作成するというものです。
 

施設管理者の平均年収

介護施設の施設管理者の平均年収は、415万7000円です。
 
訪問介護員・ホームヘルパーよりも約62万円高くなっていますが、全体平均の458万円よりはまだ低い状態です。施設管理者の基本的な仕事内容は、介護施設を管理する役割を担う場合が一般的です。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

今後の介護業界は介護報酬改定により年収アップに期待ができる

現状の介護業界は、ケアマネジャーや施設管理者であっても、全体の職種の平均年収よりもやや低い状況ですが、政府は令和6年から、介護報酬改定を実施するとしています。
 
厚生労働省の「令和6年度介護報酬改定に関する主な事項について」では、「介護報酬の見直し」として、介護報酬を+1.59%になるように改定するとしています。介護報酬の改定は近年繰り返し実施されており、今後も働き方の改善とともに介護業界の処遇は改善されるでしょう。
 

ケアマネジャーや施設管理者の平均年収は全職種の平均よりも低いものの将来性あり

介護業界では、訪問介護員・ホームヘルパー、ケアマネジャー(介護支援専門員)、施設管理者とキャリアアップをするごとに、平均年収が上がります。
 
現段階では、ケアマネジャーや施設管理者であっても、全職種の平均年収よりもやや低い状態ですが、介護従事者の処遇はたびたび改善されています。介護職は社会的に必要性が高いこともあり、将来的にも継続して処遇は改善されるでしょう。
 

出典

厚生労働省
 職業情報提供サイト(日本語O-NET) jobtag 訪問介護員/ホームヘルパー
 職業情報提供サイト(日本語O-NET) jobtag 介護支援専門員/ケアマネジャー
 職業情報提供サイト(日本語O-NET) jobtag 施設管理者(介護施設)
 令和6年度介護報酬改定に関する主な事項について 介護報酬改定の改定率について(50ページ)
 平成29年度全国厚生労働関係部局長会議資料 1.資料(説明資料、詳細資料) (1)社会・援護局 説明資料5 3 福祉・介護人材確保対策等について (1)「介護離職ゼロ」に向けた介護人材の確保対策等について 第7期介護保険事業計画を踏まえた介護人材の需給推計について(18ページ目)
国税庁 令和4年分 民間給与実態調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集