更新日: 2024.03.21 年収

同居5年目の保育士の彼氏に「給与は低いけど、結婚したら子どもが欲しい」と言われました。現実的に考えたら厳しいですよね?

同居5年目の保育士の彼氏に「給与は低いけど、結婚したら子どもが欲しい」と言われました。現実的に考えたら厳しいですよね?
何年も同居していると、そろそろ結婚を意識し始めたりもするでしょう。しかし、結婚に踏み切るには、ある程度の収入も必要です。結婚後に子どもが欲しいのであれば、なおさら収入は無視できません。
 
今回は、同居している彼氏が保育士の場合、結婚して子どもを育てることの可能性についてみてみましょう。結婚後に子どもを育てるために検討したい行動なども考えます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

保育士の平均給与額

厚生労働省が実施している「令和4年 賃金構造基本統計調査」の結果によると、保育士の平均月収は約26万7000円となっています。ボーナスなどをあわせた平均年収は、390万円ほどです。国税庁が実施している「令和4年分 民間給与実態統計調査」の結果では、日本人の平均年収は458万円でした。
 
賃金構造基本統計調査の結果によると、男性保育士の平均月収は約27万8000円です。ボーナスなどをあわせた平均年収は、404万円ほどとなります。民間給与実態統計調査の結果では、男性の平均年収は563万円のため、男性に限ってみても保育士の収入は全体の平均と比べて低めになっています。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

子どものいる世帯の平均支出額

次に、子どものいる世帯が毎月どの程度の金額を支出しているのかを、総務省統計局が実施している「令和5年 家計調査」の結果からみてみましょう。同調査結果によると、夫婦共働き世帯において、未婚の子どもが1人いる世帯の平均消費支出額は、月あたり約35万7000円でした。夫のみが働いており、かつ未婚の子どもが1人いる世帯では、約31万2000円となっています。
 
同調査対象には、毎月の家賃の支払いがない持ち家世帯も含まれているため、平均住居費が2万円台となっている点には注意が必要です。結婚後、子どもができたあとも賃貸物件に住む場合には、毎月の支出額はさらに多くなるでしょう。結果、40万円近くになる世帯があってもおかしくはありません。
 
保育士の年収は、男性でも平均400万円ほどです。手取りは320万円ほどとなり、ボーナスを含めて推計される毎月の手取り額は26〜27万円程度となるでしょう。家計調査の平均消費支出額と照らし合わせると、毎月10万円以上の赤字となりかねません。こうした状態が当てはまるのであれば結婚し子どもを育てるのは、現実的に厳しいといえます。
 

結婚後に子どもを育てるには

同居も5年目を迎えているのであれば、結婚自体のハードルはそこまで高くはないでしょう。子どもが欲しい場合には、支出を抑えつつ、収入を上げる工夫や努力が必要となります。彼氏の収入のみでは厳しくても、彼女も働いて結婚後共働き世帯となることで、世帯収入の増加が可能です。
 
彼氏と同程度の給与を受け取ると、月の手取りは世帯全体で50万円を超えるため、子どもを育てるのは難しくなくなるでしょう。それぞれが毎月25万円程度の手取りでも、なんとか黒字にできる計算です。お互いに子どもが欲しい思いが一致している場合には、共働きにより家計をやりくりするのも選択肢の一つとなります。
 
あるいは、彼氏が思い切って転職し、収入の高い職種に就くことも検討してみましょう。給与のみで仕事は決められませんが、給与のために転職する人は少なくありません。彼氏自身に抵抗がなければ、彼女が転職について提案してみるのも一案です。
 

2人で協力できれば結婚も子育ても可能

保育士の平均給与は日本人の平均給与と比較して、低めとなっています。しかし、共働きであれば子どもも育てられます。彼氏が転職し収入を上げるといった方法も一つです。いずれにしても、2人の協力が欠かせません。
 

出典

厚生労働省 令和4年賃金構造基本統計調査 1 職種(小分類)別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)
総務省統計局 家計調査 2023年 1世帯当たり1か月間の収入と支出 3-11 妻の就業状態、世帯類型別
国税庁 令和4年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告-
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集