更新日: 2024.03.26 年収

【ふるさと納税】年収400万で生活がかつかつです。「今年こそは!」と考えているのですが、どのような点がお得なのでしょうか?

【ふるさと納税】年収400万で生活がかつかつです。「今年こそは!」と考えているのですが、どのような点がお得なのでしょうか?
ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附をすると肉や魚、果物などの特産物がもらえるうえに、寄附金額が所得税や住民税の控除の対象となるというものです。では、どのような点でお得になるのでしょうか。本記事では、年収400万の人を例に挙げて解説していきます。あわせて、ふるさと納税を行う際の注意点も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ふるさと納税の仕組みとは?

まず、ふるさと納税を行うことで、その自治体から肉や魚、果物などの特産物を受け取ることができるという点でお得です。寄附する自治体は、現在、住んでいるところや出身地でなくてもかまいません。ふるさと納税を行う人が、寄附先を自由に選ぶことができるのです。そのため、どのような特産物をもらえることができるのかというポイントで、寄附する自治体を選ぶという方法もあります。
 
次に、所得税や住民税から控除されるという点でお得です。所得税の場合はふるさと納税を行った年、住民税は翌年度分から控除されます。ただし、寄附した額の全てが所得税と住民税の控除の対象になるわけではありません。控除の対象となるのは、寄附額のうち2000円を越える部分についてのみです。例えば、1万2000円のふるさと納税を行うと、「1万2000円-2000円=1万円」が所得税と住民税に分けて控除されます。
 
ふるさと納税を行う際に注意したいのが、控除されるふるさと納税額には上限があるということです。上限を超えた金額については、控除の対象外です。上限については、ふるさと納税を行う本人の給与収入や家族構成によって異なります。総務省の「ふるさと納税ポータルサイト」によると、年収400万円の人の場合、年間上限の目安は以下になります。

・独身または共働きの人の場合:4万2000円
 
・夫婦:3万3000円
 
・共働き+子1人(高校生)の場合:3万3000円
 
・共働き+子1人(大学生)の場合:2万9000円
 
・夫婦+子1人(高校生)の場合:2万5000円
 
・共働き+子2人(大学生と高校生)の場合:2万1000円
 
・夫婦+子2人(大学生と高校生)の場合:1万2000円

所得税・住民税の控除を受けるためには、原則としてふるさと納税を行った翌年に確定申告を行わなくてはなりません。例えば、2024年にふるさと納税を行ったとしたら、2025年2月16日から3月15日までの間に確定申告を行います。なお、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用すると、確定申告は不要です。
 
この制度は、ふるさと納税を行った際、各自治体に申請を行うだけで利用できます。ただし、この制度を利用できるのは、寄附を行った自治体数が5団体以内で、そもそも確定申告が不要な給与所得者などに限ります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

ふるさと納税を行うと特産品がもらえるうえに寄附金額が所得税・住民税控除の対象に!

ふるさと納税を行うことで、その自治体から肉や魚、果物などの特産物を受け取ることが可能です。さらに、寄附した金額は所得税や住民税から控除されます。ただし、控除の対象となるのは、寄附額のうち2000円を越える部分についてのみです。また、寄附できる額には上限があります。独身で年収400万円の人の場合、上限は4万2000円となっているので、気をつけましょう。
 

出典

総務省 ふるさと納税ポータルサイト ふるさと納税のしくみ ふるさと納税の概要
総務省 ふるさと納税ポータルサイト ふるさと納税のしくみ 税金の控除について
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集