更新日: 2024.04.02 年収

20歳代で「住宅購入」は可能? どのくらいの世帯年収になったら買える?

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

20歳代で「住宅購入」は可能? どのくらいの世帯年収になったら買える?
家族や将来のことを考えて20代で持ち家を検討していても、「20代でも家は買える?」「どれくらいの年収が必要?」といった疑問を抱く方も多いでしょう。
 
本記事では、20代で住宅購入を考えている人の経済状況や、20代で家を購入する際のメリットやデメリットなどについて解説します。20代で住宅購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

20代で住宅を買いたいと思えるのは「年収900万円以上」が多い

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の「20代の金銭感覚についての意識調査2024」によると、20代の半数以上が住宅を購入しようと思える年収は900万円で、前回調査の800万円より100万円上昇しています。詳細は、図表1のとおりです。
 
【図表1】

年収 住宅を購入しようと思える人の割合
年収がどんなに多くても、したいと思えない 25.8%
年収1000万円以上あれば 21.5%
年収900万円あれば 4.6%
年収800万円あれば 9.0%
年収700万円あれば 5.9%
年収600万円あれば 8.7%
年収500万円あれば 9.3%
年収400万円あれば 4.3%
年収300万円あれば 2.8%
年収200万円あれば 1.0%
年収がどんなに少なくても、したいと思える 7.1%

※SMBCコンシューマーファイナンス株式会社「20代の金銭感覚についての意識調査2024」をもとに筆者が作成
 
年収が900万円あれば住宅を購入したいと答えた人が半数以上である一方、約4人に1人が「年収がどんなに多くても、したいと思えない」と回答しています。

 

20歳代の平均年収

国税庁の「令和4年分 民間給与実態統計調査」によると、20代の平均年収は図表2のとおりです。
 
【図表2】

年齢 平均年収
20〜24歳 273万円
25〜29歳 389万円

※国税庁の「令和4年分 民間給与実態統計調査」をもとに筆者が作成
※平均年収は男女計の金額
 
図表2のとおり、20代の平均年収は200〜300万円台であり、年収900万円には遠く及びません。また、全世代の平均年収は457万6000円です。
 
ただし、年収が900万円以下でも住宅ローンを組み、家を購入することは可能です。年収が低いからといって、必ずしも家を購入できないというわけではありません。必要な年収は、借入希望額や金融機関・住宅ローン商品によって異なります。

 

20歳代の金融資産保有額・貯金額

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[総世帯]令和5年調査結果」によると、20代の金融資産保有額の平均は151万円であり、中央値は10万円でした。詳細は、図表3のとおりです。
 
【図表3】

金融資産額 割合
100万円未満 22.6%
100万~200万円未満 10.7%
200万~300万円未満 6.0%
300万~400万円未満 4.9%
400万~500万円未満 3.1%
500万~700万円未満 4.0%
700万~1000万円未満 2.2%
1000万~1500万円未満 1.5%
1500万~2000万円未満 0%
2000万~3000万円未満 0.6%
3000万円以上 0.1%
金融資産なし 42.2%

※金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[総世帯]令和5年調査結果」をもとに筆者が作成
 
「金融資産なし」と回答した人は42.2%もおり、金融資産を持つ人の中で最も多い金額帯は100万円未満で、その割合は22.6%です。
 
一般的に、住宅購入時に必要な自己資金は物件価格の1〜3割程度と言われるため、貯金が100万円ほどの場合、自己資金を捻出するのは難しい可能性があります。
 
そのような場合、自己資金を貯める、親族から援助を受ける、自己資金なしでローンを組むなどの方法が考えられます。

 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店 収入証明書
最短当日 - ※2
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 ※2 ご希望のご利用限度額が50万円以下の場合は不要です。 ※2 学生は20歳以上で安定収入がある方に限る

20歳代で家を買うメリット・デメリット

20代で家を購入することには、住宅ローンの返済期間を長く設定できるというメリットがありますが、同時に借入可能額が制限されるというデメリットも存在します。これらのメリットとデメリットを理解することは、20代で家を購入するかどうかを判断する際に役立ちます。
 
本項では、20代で家を買うメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

メリット

20代で家を買うメリットは、次のとおりです。
 

・住宅ローンの返済期間を長く設定できる
・定年前までに完済することが可能である
・老後の資産形成がしやすくなる

 
以前は、最長35年の住宅ローンが一般的でしたが、現在では最長50年の住宅ローンも利用可能です。年齢が若いほど、より長い返済期間を設定できる可能性があります。
 
また、20代で住宅ローンを組むと、定年までに完済することも可能です。定年までにローンを完済すれば、老後の資金準備がしやすくなり、生活にも余裕を持つことができます。

 

デメリット

20代で家を買うデメリットは、次のとおりです。
 

・借入可能額が少ない
・貯金が少ない
・人生の不確定要素が多い

 
20代は収入や貯金が低い傾向にあるため、住宅ローンの借入可能額も制限されることがあります。そのため、希望の条件に合った家を購入することが難しい場合があります。
 
また、転職、転勤、結婚、出産、離婚、病気など、30代以上と比べて人生の変化や不確定要素が多いため、将来、選んだ選択に後悔する可能性も考えられるでしょう。

 

長期的な視点を持って慎重に検討することが大事

20代の場合、30代以降と比べて収入や貯金が少ないことが一般的であり、また、人生の不確定要素も多いです。しかし、収入や貯金が少ないからといって、必ずしも家を購入できないわけではありません。
 
20代で家を購入すれば、住宅ローンの返済期間を長く設定することができ、老後への準備もしやすくなります。
 
住宅ローンの借入可能額は金融機関によって異なるため、20代での住宅購入を検討している方は、一度、不動産会社や金融機関に相談してみることをおすすめします。

 

出典

国税庁 令和4年分 民間給与実態統計調査
金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査[総世帯]令和5年調査結果
SMBCコンシューマーファイナンス 20代の金銭感覚についての意識調査 2024
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集