更新日: 2024.04.05 年収

今年40歳になる薬剤師です。年収は「600万円」でここ5年間変わっていません。普通でしょうか?

今年40歳になる薬剤師です。年収は「600万円」でここ5年間変わっていません。普通でしょうか?
賃金上昇が叫ばれている昨今、薬剤師の年収がどのように変化しているのか気になる方もいらっしゃるでしょう。
 
医療業界は国家資格を必要とする仕事が多く、医療行為そのものはなくならないため、比較的安定している業界といわれています。
 
そこで今回は、医療業界のなかから「薬剤師」を例に年収の変化について解説します。ほかの医療職における年収とも比較していますので、医療業界の動向が気になる方はぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

【年代別】薬剤師の年収

まずは薬剤師の年収を見てみましょう。厚生労働省が運営する「職業情報提供サイト jobtag」によると、薬剤師の平均年収は583万4000円とのことです。年代別の平均年収を表1にまとめました。
 
表1

年代 平均年収 前の年代との差額
30~34歳 564万1300円
35~39歳 608万700円 +43万9400円
40~44歳 630万4100円 +22万3400円
45~49歳 641万2200円 +10万8100円
50~54歳 665万6000円 +24万3800円
55~59歳 717万3900円 +51万7900円

※厚生労働省 職業情報提供サイトjobtag「薬剤師」を基に筆者作成
 
50~54歳と30~34歳を比較すると、その差は101万4700円です。つまり、薬剤師の年収は20年間で100万円以上増加するのが平均であり、1年あたりだと約5万円ずつ増えていくと考えられます。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

ほかの職種との年収比較

薬剤師の年収が分かったところで、年代別による年収の変動は、ほかの職種と違いがあるのかを見てみましょう。
 
今回は、保育士・システムエンジニア(業務用システム)を例に比較しました。それぞれの職種における「30~34歳」「40~44歳」「50~54歳」の年収を、表2にまとめました。
 
表2

年代 保育士 システムエンジニア 薬剤師
30~34歳 377万2000円 518万2700円 564万1300円
40~44歳 443万5700円 625万5600円 630万4100円
50~54歳 425万5500円 701万7500円 665万6000円

※厚生労働省 職業情報提供サイトjobtag「保育士」「システムエンジニア(業務用システム)」「薬剤師」を基に筆者作成
 
30代前半と50代前半における平均年収の差を比較すると、以下の通りです。


・保育士:48万3500円
・システムエンジニア(業務用システム):183万4800円
・薬剤師:101万4700円

上記から、職種によって年収の伸びに差があることが分かります。システムエンジニアは30代前半と50代前半で180万円以上も上昇していることに対し、保育士は50万円程度、薬剤師は100万円程度です。
 
ただし、職種だけでなく、勤め先や勤務状況、業務内容によっても年収は大きく異なるので注意が必要です。年収が上がりにくいと感じるのであれば、資格を取得したり転職したりするのも選択肢の一つといえるでしょう。
 

薬剤師は年齢が上がるほど年収は高くなる傾向にある

今回の結果より、薬剤師は30代前半から50代前半にかけて、約100万円年収が上がることが分かりました。ただし、先述の通り、勤務先や業務内容などによっても年収は大きく変動します。
 
今の年収に不満がある方や、年収が上がりにくいと感じている方は、資格の取得や転職などを検討してみましょう。
 

出典

厚生労働省 職業情報提供サイトjobtag
薬剤師
保育士
システムエンジニア(業務用システム)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集