更新日: 2024.04.12 年収

付き合っている恋人から「30歳で年収500万円は少ない」といわれました。同世代では稼いでいると思っていたのですが、高年収ではないのでしょうか…?

付き合っている恋人から「30歳で年収500万円は少ない」といわれました。同世代では稼いでいると思っていたのですが、高年収ではないのでしょうか…?
結婚には収入は大きな役割を持っているといえます。そのため、恋人から「年収が少ないから結婚」できないといわれるケースもあるかもしれません。
 
30歳で年収500万円は、同年代と比較して年収は少ないのでしょうか? 本当に少ないと思うなら納得できるかもしれませんが、十分な年収があると思うなら納得できないと感じるかもしれません。
 
本記事では、30歳で年収500万円が少ないかについて解説するので、自分の年収が多いか少ないか気になる人は参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

30歳で年収500万円は十分に稼げている

30歳で年収500万円は平均年収から考えると十分に稼げている部類に入ります。国税庁の令和4年分民間給与実態統計調査によると、1年を通じて勤務した給与所得者のうち、30歳から34歳までの平均年収は男性485万円・女性338万円・全体平均425万円です。
 
この点から考えると、年収500万円なら同世代よりも稼げているため、年収が少ないといわれるのは恋人の年収が高いためかもしれません。なお、男性の全体的な平均年収は563万円と500万円よりも高いですが、これは給料が高くなる40代から50代までが含まれている影響があるからです。
 
現在の平均年収は全体で458万円なので年収500万円は平均を超えており、給料が少ないといわれても気にする必要はないです。年齢別に見ると50代後半が最も給料が高くなりますが、日本では終身雇用・年功序列が基本になっている影響があると考えられます。
 
実際に勤続年数別の給料を確認してみると、勤続年数 30~34 年をピークに勤続年数が長くなればなるほど給料が高くなるのが特徴です。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

将来的に給料が伸びていくかも重要なポイント

「将来的に給料が伸びていくかどうか」も重要なポイントとして挙げられます。もちろん現在の年収は大切ですが、前記のように勤続年数などに応じて給料が伸びていくなら、心配することはないでしょう。
 
会社によっては入社時にある程度給料が高く設定されていて、入社後は給料の伸び率がそこまでよくないこともあります。現在もらえている給料だけを見て判断するのではなく、全体的なバランスなどについても視野に入れて考えましょう。
 
具体的に給料がどのように伸びていくかは調べればわかるため、十分な伸び率があるなら、継続的に働いていると給料も徐々に増えていくと予想できます。給料が増えていったあとで同世代の中では稼げるのか、それとも下回るかの把握も大切です。
 

インセンティブなどが含まれて給料が増えている場合は注意する

30歳で年収500万円なら同世代と比較しても稼げている部類に入りますが、インセンティブや固定残業代が含まれているなら注意しなければなりません。
 
インセンティブは自分の成績次第で大きく増減するため、今年は500万円稼げていても来年は大きく下回る可能性も考えられます。単年度だけをみると同世代よりも稼いでいる部類になるものの、来年度の成績が悪いと一気に平均を下回る可能性もある点には注意しましょう。
 
ほかにも、最近では「固定残業代」が給料の中に含まれているケースも多くありますが、固定残業代は基本給に含まれないのでさまざまな場面でマイナスに働くことも考えられます。表面上の給料だけでの判断ではなく、給料の内訳などを見たうえであれば、年収500万円であっても不安を感じるといわれる可能性はゼロではありません。
 

まとめ

付き合っている恋人から30歳で年収500万円は少ないといわれても、統計などから見れば平均以上は稼げています。ただ、基本給+賞与などで平均年収を超えているならこの先も安定して稼ぎ続けられると予想できますが、インセンティブや固定残業代が含まれているなら多少なりとも不安があるのも事実です。
 
年収500万円が少ないといわれた際には、自分の給与の内訳などについてもきちんと伝えてはどうでしょうか。
 

出典

国税庁 令和4年分民間給与実態統計調査-調査結果報告-
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集