更新日: 2024.04.19 年収

年収200万円の彼と結婚する娘。「夫婦で働けば生活できる」と言っていますが心配です…。

年収200万円の彼と結婚する娘。「夫婦で働けば生活できる」と言っていますが心配です…。
年収200万円の男性と結婚した場合、ひと月当たりおよそ16万6000円の収入になります。この収入で2人で生活するのはさすがに難しいと感じる人も多いでしょう。
 
では、女性はあといくら稼げば無理なく生活できるのでしょうか?
 
本記事では、年収200万円の男性と結婚した場合、女性はあとどのくらい稼ぐ必要があるのか、実際にひと月当たりいくら必要なのかなどについて詳しく解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

1世帯あたりの平均所得金額は?

厚生労働省の2022(令和4)年 国民生活基礎調査の概況によると、1世帯当たり(平均世帯人員2.25人)の平均所得金額は545万7000円です。
 
つまり夫婦で働く場合、男性が200万円の収入だとすると、女性はおよそ345万7000円を稼がなければ平均所得に届きません。
 
国税庁の「令和4年分 民間給与実態統計調査」によると、女性の平均給与は314万円とのことです。平均所得金額まで、30万円ほど足りません。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

平均所得金額以下では生活が大変?

1世帯当たりの平均所得金額545万7000円に満たないからといって、生活できないわけではありません。
 
国民生活基礎調査の概況によると、所得額分布で最も多い割合となっているのは、1世帯あたり200万円~300万円未満で14.6%、次が100万円~200万円未満の13.0%、300万円~400万円未満の12.7%と続きます。
 
このように多くの世帯は平均所得金額以下の収入となっており、その割合は全世帯の61.6%に上ります。つまり、半分以上の世帯は平均所得以下で生活しているのです。
 

1世帯当たりの消費支出額はひと月およそ29万円

では実際に生活するためにはいくらあればよいのか、1世帯当たりの消費支出額を確認してみましょう。
 
総務省統計局の家計調査報告計収支編2023年(令和5年)平均結果の概要によると、2人以上の世帯(平均世帯人数2.9人)の消費支出の月平均額は29万3997円です。1年に換算すると、およそ353万円となります。
 
つまり、平均的な生活をするためには年間353万円ほど必要であり、年収200万円の人と結婚する場合は、あと153万円を自身で稼ぐ必要があります。
 

平均的な生活をするためにはあと153万円必要!

国民生活基礎調査の概況によると、1世帯当たりの平均所得金額は545万7000円です。ただし、1世帯当たりの消費支出額は年間およそ353万円のため、夫婦で1人が200万円の収入だとするともう1人は153万円稼ぐことで生活できる計算になります。
 
実際に結婚後のお金の流れを考える際は、出産や親との同居など今後世帯人数に変化が生まれることや、定年後のことも考慮しなければなりません。想定外の出費があることも考えられます。
 
生活するために必要な額は人によって異なるため、ライフスタイルをふまえて考えましょう。
 

出典

厚生労働省 2022(令和4)年 国民生活基礎調査の概況
国税庁 令和4年分 民間給与実態統計調査
総務省統計局 家計調査報告【家計収支編】2023年(令和5年)平均結果の概要
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集