更新日: 2024.04.25 年収

30歳で「年収600万円」になりました! 同年代の中ではかなり稼いでると思うのですが、実際どうなんでしょうか? 独身で生活にも余裕があります

30歳で「年収600万円」になりました! 同年代の中ではかなり稼いでると思うのですが、実際どうなんでしょうか? 独身で生活にも余裕があります
新卒から真面目に仕事に取り組んで実績を残し、社内でもどんどん評価されて給料が上がってきたという人もいるでしょう。しかし、社内では高い評価を受けていても、世間一般的に自分が稼げているかが気になることもあるのではないでしょうか。周りよりも稼げていれば、今後のモチベーションアップにもつながりそうですね。
 
本記事では、30歳で年収が600万円の場合、平均年収と比較して稼いでいるかを解説するので参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

各年代の平均年収はどれくらい? 30歳で年収600万円は多い?

自分の収入が多いか少ないかを判断するためには、各年代の平均年収を知る必要があります。国税庁が発表しているデータをもとに、同世代や全体の平均年収と比較してみましょう(図表1)。
 
図表1

年齢 平均年収
19歳以下 124万円
20~24歳/25~29歳 273万円/389万円
30~34歳/35~39歳 425万円/462万円
40~44歳/45~49歳 491万円/521万円
50~54歳/55~59歳 537万円/546万円
60~64歳/65~69歳 441万円/342万円
70代以上 298万円
全体平均 458万円

国税庁 令和4年分 民間給与実態統計調査を基に作成
 
30代の平均給与を確認してみると425万円~462万円になるため、「30歳で年収が600万円なら同世代と比較してもかなり稼げている」といえます。
 
全体平均も458万円なので、全体から考えても十分に上回っています。これからも給料が増えていく環境であると考えられ、仕事にもやりがいを感じているのなら、そのまま同じ会社で働き続けるモチベーションも維持できそうです。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

年収600万円は全体から考えると上位約20%に当たる

年収600万円は全体から考えると、上位約20%に当たるため、全世代から考えても高給取りの部類に該当すると考えてもいいでしょう。また、この上位20%は年齢別ではなく全年代の平均給与のため、平均給与が高い40代や50代も含まれています。それを考慮すれば、同世代の中ではさらに上位に位置する可能性が高いでしょう。
 
国税庁が公開している給与階級別分布の100万円以下から600万円以下の分布については図表2を参考にしてください。
 
図表2

平成30年分 令和元年分 令和2年分 令和3年分 令和4年分
100万円以下 8.3% 8.7% 8.7% 8.3% 7.8%
100万円超
200万円以下
13.7% 14.0% 13.6% 13.2% 12.7%
200万円超
300万円以下
14.9% 15.0% 15.3% 14.6% 14.1%
300万円超
400万円以下
17.2% 16.7% 17.1% 17.1% 16.5%
400万円超
500万円以下
14.8% 14.4% 14.4% 14.9% 15.3%
500万円超
600万円以下
10.3% 10.1% 10.2% 10.5% 10.9%
合計 79.2% 78.9% 79.3% 78.6% 77.3%

国税庁令和4年分 民間給与実態統計調査を基に作成
 
毎年少しずつ給与階級別分布は変動していますが、基本的なパーセンテージに大きな変化はありません。年収600万円で30歳なら同世代と比較してもかなり稼いでいるだけでなく、全世代の上位約20%の高収入といえるでしょう。
 

まとめ

30歳で年収600万円なら全体的な平均を見ても高収入の部類に該当します。まだ30歳なら、今後も年収が増えていくことも期待できるのではないでしょうか。高収入であることも一つのモチベーションに、前向きに働き続けましょう。
 

出典

国税庁令和4年分 民間給与実態統計調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集