更新日: 2024.04.25 年収

警察官との結婚が決まった娘。「警察庁」勤めらしいのですが、警視庁と収入は異なるのでしょうか?

警察官との結婚が決まった娘。「警察庁」勤めらしいのですが、警視庁と収入は異なるのでしょうか?
一般的に、公務員である警察官は収入の面で安定しているといわれます。しかし、一言に警察官といっても、勤め先・所属部署・階級によって収入が異なります。
 
そのなかでも警察庁は採用枠が非常に少なく、高収入といわれます。そこで今回は、警察庁勤めの年収や警視庁勤めと異なる点について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

警察庁勤めは年収が高い

警察庁とは、日本の行政機関のひとつで、全国の警察の指揮監督を担っています。組織は主に国家公務員で構成され、警察の中枢ともいわれています。
 
採用には厳しい条件をクリアしなければなりませんが、いわゆる都道府県にある警察組織で勤務する場合と比べて高収入です。
 

警察官は国家公務員と地方公務員の2種類がある

警察官は、国家公務員採用一般試験に合格した国家公務員と、各自治体が実施する警察官採用試験に合格した地方公務員に大別されます。
 
警察庁勤めは国家公務員にあたり、国家公務員採用一般試験の合格者のうち、警察庁への官庁訪問と呼ばれる面接に合格した者のみが採用されます。採用者は毎年数十人前後といわれ、公務員採用試験のなかでも難易度はトップクラスです。
 
一方、警視庁勤めは地方公務員にあたり、東京都が実施する警視庁警察官採用試験に合格した者が採用されます。こちらもほか採用難易度は高いですが、警察庁採用試験と比べると、多少難易度は低くなると考えられます。
 

国家公務員と地方公務員の月収

警察官の年収は、毎月の基本給とは別に、各種手当てやボーナスが支給されます。支給額は自治体によって異なるため、一律ではありません。
 
令和4年度に実施された国家公務員と地方公務員の平均月給の調査結果は、以下の通りです。
 

平均月収
国家公務員 40万5049円(行政職)
37万9615円(公安職)
地方公務員 31万5093円(行政職)
32万5987円(警察職)

※総務省「令和4年地方公務員給与の実態」
人事院給与局「令和4年国家公務員給与等実態調査報告書」を基に筆者作成
 
国家公務員と地方公務員では、およそ5〜10万円と月収に開きがあります。実際には、残業や特別業務など各種手当てやボーナスが加算されるため、年収ではさらに大きな開きが生まれるでしょう。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

警察官の収入が決まる基準

警察庁勤めを含め、警察官の給与や昇給額は、所属部署・役職・勤続年数によって変動します。そこで、警察官の収入がどのようにして決まるのかについて解説します。
 

警察官の階級

警察官の階級は試験・勤続年数・実績による昇任が行われ、「巡査・巡査部長・警部補・警部・警視・警視正・警視長」の順で役職が存在します。上の役職につくほど手当が充実し、収入も上がります。地方公務員として採用された場合、基本は巡査からのスタートです。
 
一方、警察庁勤めである「キャリア警察官」と呼ばれる人は、採用時点で警部補の役職が与えられ、9ヶ月の見習い勤務と1年2ヶ月の勤務後に警部に昇進します。
 

警察庁は公務員! 昇給制度を知ろう

警察官は公務員である以上、昇任試験や勤続年数次第で収入が変動します。キャリアを目指して就職するのもよいでしょう。
 

出典

総務省 令和4年地方公務員給与の実態
人事院給与局 令和4年国家公務員給与等実態調査報告書
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集