更新日: 2024.05.10 年収

親から「年収400万円以上の男性を夫にしなさい」と言われました。該当する男性は日本にどれだけ存在しているのでしょうか?

親から「年収400万円以上の男性を夫にしなさい」と言われました。該当する男性は日本にどれだけ存在しているのでしょうか?
結婚相手にある程度の経済力を求めるのは、子に苦労をかけたくないという親心なのでしょう。タイトルのケースでは、「年収400万円以上」と具体的な金額を提示されていますが、実際にこの条件をクリアできる男性は日本にどれくらいいるのでしょうか。また年収400万円あれば、どのような暮らしができるのでしょうか。
 
本記事では、年収400万円以上の人口割合や生活レベル、日本の夫婦の経済事情について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

日本の平均年収や職業別の年収事情

国税庁長官官房企画課の「民間給与実態統計調査」によると、令和4年の日本の年間平均給与は、458万円となっています。男女別では、男性563万円、女性314万円という結果でした。なおこれは全体の結果であり、調査の対象となっている人の平均年齢は47.0歳(男性 47.1 歳、女性 46.9 歳)です。
 
仮に、結婚相手の男性を20〜30代だとします。その年代での平均年収は、20〜24歳では291万円、25〜29歳では420万円、30〜34歳では485万円、35〜39歳では549万円という結果になりました。そのため平均年収で考えれば、親御さんのいう「年収400万円以上」の男性は、25歳以上であればクリアしていることになります。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

日本における年収400万円以上の割合

25歳以上の男性であれば、平均年収が400万円を超えていることが分かりましたが、実際にこの壁をクリアしている人の割合はどれくらいなのでしょうか。
 
「民間給与実態統計調査」に記載されている給与階級別給与所得者数・構成割合によると、男性の年収400万円以上の割合は65.3%と結果が出ています。つまり、2人に1人以上は「年収400万円以上」の壁をクリアしていることになります。
 
ちなみに分布でみると、年収400万〜500万円の人が17.7%と最も多く、次に500万〜600万円の人が14.2%でした。なお、より経済的に豊かな生活を求めるために年収1000万円以上の男性を探すとなると、その割合は全体の8.4%となり、条件を満たす男性を探すのは、大変困難といえるでしょう。
 

年収400万円の生活レベルとは

次に、「年収400万円」ではどのような生活を送れるのか見ていきましょう。年収400万円の人の一般的な手取り額は、年収から社会保険料や税金を引くと300~320万円程度になると考えられます。またこれを12ヶ月で割り、月収にすると約25~約26万円になります。
 
共働きではなく、夫の手取りである約26万円だけで、夫婦と子ども一人の生活を送るシミュレーションをしてみましょう。家賃は一般的に手取りの20〜25%のため、6万円と仮定します。残り20万円で、食費・光熱費・教育費・娯楽費・雑費などを支払います。
 
さらに将来のために貯蓄や投資にもお金を回そうとすると、子どもが成長するにつれて食費や教育費も上がっていくため、やりくりが大変になるかもしれません。
 

必要なお金に合わせて共働きも検討しましょう

年収400万円では少し足りないかもしれないと考えた場合、共働きを検討する必要があります。男女共同参画局によると、男女共働きの世帯は、昭和の終わり頃から徐々に増加傾向にあり、昭和55年に614万世帯だったのが、平成29年には1188万世帯まで増加しています。
 
このような傾向にある原因は、世帯年収の減少による経済的安定を求める世帯が増えたこともあるでしょう。しかし、それだけではなく、女性の社会進出や女性の労働に関わる制度ができたり、見直されたりしていることも理由といえます。
 
また、「家事や育児は女の人がやるもの」という意識も少しずつ見直されてきているため、「家庭のことは男女関係なく、みんなで支え合うもの」といった価値観が、これらの結果に影響しているでしょう。
 

家族みんなで協力しながら生活をしていきましょう

現在の日本の平均年収は458万円、男女別にみると年収400万円以上の男性は65.3%いることが分かりました。年代別にみても25歳以降の平均年収は400万円を超えるため、この条件を満たした男性を探すこと現実味のない話ではなさそうです。
 
しかし、求める生活やライフステージによって、必要なお金は変わってくるため、年収400万円でのやりくりが難しくなる場合もあります。そのため、男女関係なく労働・家事・育児を協力しながら行っていくことも、将来のために検討するとよいでしょう。
 

出典

国税庁長官官房企画課 令和4年分民間給与実態統計調査―調査結果報告―
男女共同参画局 男女共同参画白書
男女共同参画局 男女共同参画白書
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集