更新日: 2024.06.11 年収

日本の「社長」はいくら給料をもらってる?給与額は誰が決めているの?

日本の「社長」はいくら給料をもらってる?給与額は誰が決めているの?
金持ちで経済的に余裕があるように見える会社の「社長」。実際にどれくらいの給料をもらっているのか、疑問に思う方もいるでしょう。
 
そこで今回は、世間の社長たちの給料はいくらなのか調べてみました。社長の給料を誰がどのように決めるのかについてもご紹介しますので、参考にしてみてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

社長の給料はいくら?

「社長」といっても、大企業や中小企業などさまざまな規模の会社があるため、もらえる給料にも差があります。
 
人事院の「民間企業における役員報酬(給与)調査 令和5年度」では、全国の主要企業を対象に、役員の年間報酬を調査しています。日本のすべての会社の平均ではありませんが、目安にはできるでしょう。
 
同調査によると、令和4年の民間企業の社長の平均年間報酬は5196万8000円です。企業規模別に平均年間報酬をまとめると、以下の通りです。

●3000人以上:8602万6000円
●1000人以上3000人未満:5275万6000円
●500人以上1000人未満:4225万5000円

同調査から、社長の平均年間報酬を大企業と小規模企業で比較すると、4377万1000円もの差があることが分かります。
 
会社の所在地によっても給料額は変わる場合があります。所在地別に社長の平均年間報酬をまとめると、以下の通りです。

●東京23区内:6233万9000円
●上記以外:4438万2000円

東京都心部の会社とそれ以外の会社で社長の平均年間報酬を比較すると、その差は1795万7000円です。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

社長の給与額は誰がどうやって決める?

社長の給料は「役員報酬」と呼ばれ、従業員の給料とは決め方や税法上の扱いが異なります。ここでは、社長の給料を誰がどうやって決めるかについて解説します。
 

定款または株主総会の決議で決める

会社法第361条によると、「取締役の報酬、賞与その他の職務執行の対価として株式会社から受ける財産上の利益についての次に掲げる事項は、定款に当該事項を定めていないときは、株式会社の決議によって定める」とされています。
 
役員報酬は原則として経費になりますが、そのためには給与額を決める時期に関するルールに従う必要があるようです。
 

社長の給料は毎月変動できないため慎重に決める必要がある

役員報酬は、売り上げに応じて毎月自由に決められるわけではありません。役員報酬は会社の経費になるため、利益が多い月とそうでない月で役員報酬を変動させることができた場合、利益調整をして過度の節税ができるようになってしまいます。
 
そこで税法上のルールとして、役員報酬は以下のような条件で決める必要があります。

●定期同額給与:毎月同じ額を給料として支払う
●事前確定届出給与:税務署に届け出て指定した日にまとめて支払う(ボーナスに当たるもの)
●利益連動給与:利益に応じて支払われる(非上場企業は適用できない)

一般的に役員報酬は定期同額給与で、一度決めてしまうと次の株主総会まで変更はできません。会社の利益に応じて毎月自由に増減できるわけではないため、利益予想をしたうえで慎重に決める必要があります。
 

社長の平均給料は年間5196万8000円! 社長を目指して仕事を頑張るのもあり

社長の平均給料は年間5196万8000円で、企業規模や所在地によって差が出ることが分かりました。一般的には株主総会で決議された金額が毎月支払われることになり、事業年度ごとに1回だけ金額を変更できます。社長になることは決して簡単ではありませんが、高収入を得たい方は社長を目指して野心的に仕事を頑張るのもいいでしょう。
 

出典

人事院 民間企業における役員報酬(給与)調査 第3表、第4表
デジタル庁e-Gov法令検索 会社法(平成十七年法律第八十六号)第三百六十一条
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集