最終更新日: 2020.04.07 公開日: 2019.10.27
相続

もし親が亡くなったら?事前に確認しておけばよかった葬儀と死後の手続きの基本とは

執筆者 : 内宮慶之

親が亡くなったら何から手をつければいいか? これは事前にしっかり確認し、準備しておくべき事柄です。私も約5年前に母親を亡くしましたが、死期が近いのをわかっていながら、葬儀の準備やその後の処理などは全く手をつけておりませんでした。縁起でもないという気持ちも強かったのかと思います。
 
が、実際のところ突然亡くなります。ドラマを見ているようでした。亡くなると、あれよあれよという間に病院を追い出されます。
 
 
内宮慶之

執筆者:

執筆者:内宮慶之(うちみや よしゆき)

内宮慶之FP事務所代表
CFP認定者(日本FP協会所属)、ファイナンシャルプランニング

CFP認定者(日本FP協会所属)、ファイナンシャルプランニング技能士1級
会計事務所では、税務会計コンサルティングの他、資産税や相続事業承継の経験も豊富。

現在、相続及びライフプラン全般における相談業務、講演、執筆、非常勤講師などの業務を中心に活動している。高等学校での講演も多く金融経済教育にも尽力している。

平成30年度日本FP協会『くらしとお金の相談室』相談員、大阪市立住まい情報センター専門家相談員、修学支援アドバイザー(大阪府教育委員会)にも就任している。

詳細はこちら
内宮慶之

執筆者:

執筆者:内宮慶之(うちみや よしゆき)

内宮慶之FP事務所代表
CFP認定者(日本FP協会所属)、ファイナンシャルプランニング

CFP認定者(日本FP協会所属)、ファイナンシャルプランニング技能士1級
会計事務所では、税務会計コンサルティングの他、資産税や相続事業承継の経験も豊富。

現在、相続及びライフプラン全般における相談業務、講演、執筆、非常勤講師などの業務を中心に活動している。高等学校での講演も多く金融経済教育にも尽力している。

平成30年度日本FP協会『くらしとお金の相談室』相談員、大阪市立住まい情報センター専門家相談員、修学支援アドバイザー(大阪府教育委員会)にも就任している。

詳細はこちら

葬儀の手配

まずは葬儀会社を決めなければなりません。病院が提携している葬儀会社もあるようです。ただ、仲介料を病院に支払わなければならず、相場より高い値段をとられるといったケースも多いようです。
 
私の場合は叔父がお世話になった葬儀会社を利用しました。やはり、ある程度身近で良心的な業者に依頼すると安心です。母の葬儀は、身内とごく親しい友人のみの「家族葬」というカテゴリーでしたが、100万円は優に超えました。葬儀費用の全国平均は195万7000円(※)となっています。
 

死亡届の提出時期

「火葬許可証」を取得するには、死亡届を役所に提出しなければなりません。つまり死亡届は、葬儀の前に役所に提出する必要があります。
 
死亡届の提出期限は死後7日以内と定められています。この死亡届は、医師の死亡診断書と一枚つづりになっています。役所に提出する前に、死亡診断書はコピーをとっておいてください。年金の受給停止手続きなどで必要になってきます。
 

お寺へのお布施

「火葬許可証」を取得する際には、事前に火葬場を決めなければいけません。そのため、すぐに通夜、葬儀の日取りを調整する必要があります。
 
決まったお寺がなければ、葬儀会社がすべて対応してくれます。火葬場に隣接した葬儀場もありますが、先祖代々の菩提寺があれば、そこへ連絡してください。
 
ここで困ってしまうのが「お布施」です。これには定価がありませんので、いくら包めばいいのかわからないものです。読教料と戒名料の合計は全国平均で47万3000円(※)という報告もありますが、首都圏では3万円から10万円が相場となっているようです。
 
この他、お車代として1万円程度が必要です。このお通夜、葬儀のお布施は一括で渡すのがマナーとなっているようです。
 

四十九日の段取り

葬儀には基本的に親戚一同(縁遠くない)がそろっていることですから、四十九日法要の日取りや出席者の把握、会場手配の段取り等は、葬儀の時点である程度済ませておくべきです。
 
相続する財産がある場合には、四十九日をめどに遺産分割協議を行うことが理想的です。その際、相続する人全員の「戸籍謄本」と「印鑑証明書」を準備しておいてもらうようにしましょう。
 

死後の主な手続き

 
※青色申告承認申請書の提出等、事業承継がある場合については、必ず期限内に所轄税務署に相談するようにしてください。書類の期限内提出を失念した場合、大きな不利益を被る場合があります。
 

まとめ

親が亡くなった後の、葬儀~四十九日あたりのことを時系列に解説しました。親が亡くなるという経験は何度もあるものではありませんので、初めての時はほんとうに慌てます。何から手をつけて良いのかほんとうにわかりません。
 
まずは、翌日以降(落ち着くまで)の仕事の調整から始まり、葬儀~各種手続きはほぼ初めての経験となります。ある程度、予習しておけば良かったなー、という私の経験談です。
 
出典
※一般財団法人 日本消費者協会「第11回 葬儀についてのアンケート調査」(2017年)
 
執筆者:内宮慶之
内宮慶之FP事務所代表
CFP認定者(日本FP協会所属)、ファイナンシャルプランニング

関連記事

親が亡くなったら、 親の銀行口座は?家は?カードは?相続はどうなる?しなきゃいけないお金の整理、基本を知ろう。
親が亡くなったあと、お金や遺産の整理をしないといけない 知っておきたい相続の流れ
実はあまりよく知らない?「葬儀のお金」のこと
 



▲PAGETOP