公開日: 2021.02.18 相続

お葬式の喪主になって困ったこと1位は「葬儀費用の準備」お葬式費用の相場はいくらなの?

いざというときのために考えておきたいことのひとつが、お葬式に関すること。一般的に、お葬式を経験するとどのような困りごとがあるのか、費用の相場や自身の葬儀費用の想定など、SBIいきいき少額短期保険株式会社が発表したアンケート調査の結果(※)を見ていきましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

お葬式を経験して困ったこととは?

実際に自身または配偶者が喪主としてお葬式を執り行った経験がある人は、どのような困りごとに直面したのでしょうか。
 
【お葬式を経験して困ったことは何ですか?(複数回答)】
1位:葬儀費用の準備 39.1%
2位:心付けやお布施の額 36.6%
3位:葬儀の手順・しきたり 28.1%
4位:会葬者の把握・手配 22.1%
5位:会葬者の人数が想定以上だった 15.6%
 
1位と2位は、どちらもお金に関する困りごとでした。お葬式は執り行うことも出席することもそこまで頻繁にはないため、いざというときに相場を把握しにくいもの。前もって調べておくと安心といえそうです。
 
具体的なコメントとしては、「思った以上にお金がかかり負担が大きいと感じた」「葬儀費用が言い値で、高いのか安いのか判断できなかった」「お寺への『お布施』についてどの程度の金額が適当なのかまったくわからないので困りました」「葬儀費用以外にも戒名代、身内の食事代、宿泊準備、その後の雑費がいろいろとかかりました」などが挙がりました。
 
このことから、初めてお葬式を執り行う場合、お金のことで悩まないことはまずないといえるかもしれません。
 

お葬式の費用の相場とは

では、実際にどのくらい費用がかかっているのでしょうか。
 
【お葬式の費用は総額でどのくらいかかりましたか?】
1位:~100万円 30.8%
2位:151~200万円 24.2%
3位:101~150万円 19.2%
4位:251~300万円 11.0%
5位:301万円~ 8.4%
 
7割以上の人が、200万円以下と回答しています。もっとも多いのは100万円以内。しかし、規模が大きくなればなるほどお金がかかるということも想像できます。小規模なお葬式であれば、100万円以内を相場として捉えておくといいかもしれません。
 

自身のお葬式は小規模を望む人が多数

自身または配偶者が喪主の場合は上記のとおりですが、自分自身のお葬式についてはみなさんどのように考えているのでしょうか。
 
【ご自身のお葬式について、ご希望や関心があるものをお選びください。 (複数回答)】
1位:家族葬のような親しい人のみの小規模な葬儀 65.1%
2位:家族に任せたい 22.8%
3位:海洋葬、樹木葬などの自然葬 12.3%
4位:一般的な葬儀 8.8%
5位:直葬 8.4%
 
7割近くの人が、自身のお葬式については小規模なものを希望しているということがわかりました。
 
その次に多かったのが、送る側に任せたいというもの。自然に還るという視点からの自然葬やごく一般的な葬儀を望む人のほか、直葬でいいという人もいました。全体的に、そこまで大々的に行わずに送ってほしいと考えている人が多いということになりそうです。
 
いっぽうで、「人生最後のセレモニーにふさわしい盛大な葬儀」と回答した人は、0.3%と少数派。コロナ禍を反映しているのか、「オンライン葬儀」と回答した人も0.5%いました。
 
さて、ではこのような自身のお葬式について、費用はどれくらいかかると考えられているのでしょうか。
 
【お葬式の費用は総額でどのくらいかかると思いますか?】
1位:51~100万円 40.0%
2位:101~200万円 28.6%
3位:~50万円 23.3%
4位:201~300万円 7.0%
5位:301万円~ 1.1%
 
6割強の人が、100万円以下と回答しています。合わせると、200万円以下と回答した人がおよそ9割という結果に。先ほどの実際にかかった費用の回答と比較すると、自身のお葬式にはそこまでお金をかけないでほしいと考えている人が多数ということがわかります。
 
具体的なコメントとしては、「自分の葬儀には費用は最高で50万円以下でよいと子どもたちにいっています。生きている人間を大切にしたい」「葬儀代(寺院への費用含めて)高過ぎる。30万以内で完了できる方法を考えたい」「自分のときは小さくやりたいと考え、息子たちに話をしています」といったものが。
 
もちろん考え方はさまざまですが、お葬式にはなるべくお金をかけないようにしたいという傾向が強いということになりそうです。
 
執り行う側としても、いつか見送られる側としても、いざというときのための話し合いなどは早めに行っておきたいですね。
 
[出典]
※SBIいきいき少額短期保険株式会社「“お葬式”に関するアンケート調査を実施 ~自身の想定葬儀費用は『100万円以下』が6割超~」(@Press ソーシャルワイヤー株式会社)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

関連記事

葬儀の簡素化が止まらない。日本人の葬儀観に変化が
おひとりさまの「終活」葬儀・相続はどうする?40代になったら準備すること
ひとり暮らしで万一の際の自分の葬儀や家財の処分などが心配。どう備える?



▲PAGETOP