更新日: 2023.05.12 その他相続

「終活」、よく聞くけど具体的にはどんなことをすればいいの?

「終活」、よく聞くけど具体的にはどんなことをすればいいの?
「老後」といわれる年齢にさしかかると、「終活」という言葉を耳にすることはないでしょうか? 終活といえば、遺言書やエンディングノートの作成などがよく知られていますが、具体的には何をしたらいいのかよく分からない人もいるかもしれません。
 
この記事では、そのような人に向けて終活でやっておきたいことや、費用などを解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

そもそも終活とは?

終活とは、人生の終わりに向けてやっておきたい活動のことをいいます。自分がこの世を去った後、遺族などが困らないようにしておくのも大切な終活ですし、自分のため、生前に済ませておきたいことも終活の1つといえます。遺言書やエンディングノートを作成する人が多いのは、そのためです。
 
エンディングノートとは、自分が亡くなるにあたって必要な手続きなどを記したノートのことを指します。葬儀や相続のように、自分ではできない部分のことで残された人が困らないよう、終活を行っておくのが理想的です。
 

終活にはどのようなものがある?

では、終活には具体的にどのようなものがあるのか紹介します。
 

生前整理

特に所有品が多い人は、早めに始めておくといいでしょう。使わない家財や衣類などの不用品は、廃棄や売却などをしておくと、遺品整理を最小限に抑えられます。
 
こだわりのあるものや必要なものは手元に置き、使わなくなったものは処分しておけばいいのです。自分の所有品を整理すれば、形見分けしたいものや、相続が必要な高価なものに気づくこともできます。
 
家財と一緒にデジタルデータの整理もしておくといいでしょう。
 

介護や治療の希望をまとめる

延命治療をするかどうか、どのような介護を希望するかといったことをまとめておくと、いざというときに家族が決めやすくなります。
 
ただし、介護は周囲の協力なしでは実現できません。施設利用を避けたいと思っても、家族の負担などを配慮して考えておくことは必要です。
 

葬儀の計画

どのような葬儀をしてほしいのか計画して、ノートにまとめておくといいでしょう。遺影を自分で準備しておくのもいいですし、葬儀参列者に向けたあいさつ動画を撮影する人もいます。
 

お墓の準備

入るべきお墓がない場合は、お墓を準備しておくことも大切な終活です。自分ですべて手配しておくのもいいですし、後々家族も入る予定なら、家族間で話し合って決めておくのもいいでしょう。
 

【PR】相続する土地・マンションがあなたの生活を助けるかも?

終活にかかる費用は?

終活の中で特にお金がかかるものといえば、お墓や葬儀などです。
 

お墓

お墓は、手頃なものから高価なものまで価格帯はさまざまですが、一般的には100万円前後から200万円程度かかります。今注目されている樹木葬の相場は、合祀や個別など埋葬方法などにもよりますが、3万円ほどから80万円程度のところが多いようです。
 

葬儀

葬儀の費用は、家族葬の場合で100万円前後が相場です。これは、飲食代や返礼品なども含めた総額になります。人数を最小限にして規模を小さくすれば、もっと費用を抑えることも可能でしょう。
 
寺院へのお布施を行う場合は、寺院や地域によって異なるため、菩提寺に問い合わせるとよいでしょう。火葬代やお寺の手配まで含めた葬儀プランなら費用を抑えられる可能性があります。
 

生前整理

生前整理については、荷物が多い人は業者に依頼するという手段があります。不用品回収業者などが対応しているケースも少なくありません。
 
ただ、住まいの間取りや家財の量、作業員数によって異なり、ワンルームが3万円程度~のようですが、間取りが大きくなるほど料金は高くなる傾向があります。家財整理を業者に依頼するときは、事前に必ず料金やサービスを比較し、見積もりを取ることがポイントです。
 

終活は人生最後の大切な仕事

終活は、自分の人生を終えるためにしておきたい大切な仕事と考えていいでしょう。周囲へ配慮しながら、家族など近しい人が困らないよう、さまざまなことを整理しておくことが大切です。
 
また、自由に動けなくなったときに悔いが残らないよう、お世話になった人に感謝したり、わだかまりのある相手と和解したりしておくことも、終活に添えておくといいかもしれません。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー
 

ライターさん募集