更新日: 2024.02.09 その他相続

高齢になった親の車を時々使わせてもらっています。相続が発生したら私が引き取れるでしょうか?

高齢になった親の車を時々使わせてもらっています。相続が発生したら私が引き取れるでしょうか?
親の車を利用していて、将来のために相続について詳しく知りたいと考える方も多いことでしょう。車を相続する場合は、名義変更の手続きが必要であり、手続きを行わないと売却などもできません。
 
本記事では、車の所有者が亡くなった場合の名義変更手続きに関する方法や必要書類、注意点などを解説します。親が高齢で車の相続に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

車の所有者が亡くなった場合、相続人全員の共有財産となる

車の所有者が亡くなると、通常、その車は相続人全員の共有財産となります。この場合、新しい所有者に車の名義を変更する必要があります。車を売却、譲渡、または廃車にする場合でも相続手続きが必要です。
 
名義変更を行わない場合、車を譲渡や売却することはできません。車の所有者が亡くなった場合は、速やかに相続人と協議し、手続きを進めましょう。
 

車の相続を受けた場合は名義変更(移転登録)が必要

車を相続する際には、名義変更(移転登録)が必要です。名義変更の手続き方法や期間、必要書類について事前に理解しておくことで、相続手続きを計画的に準備し、スムーズに進められます。
 
手続きは一定期間内に完了させる必要がありますので、早めに行いましょう。本項では、車の名義変更を行う際の手続き方法や期間、必要書類について詳しく見ていきましょう。
 

名義変更(移転登録)の手続き方法と期間

相続に際し、車の名義変更(移転登録)をする流れは、以下のとおりです。
 

1. 車の名義を確認する
2.遺産分割協議書を作成する
3.必要書類を準備する
4.陸運局で手続きを行う

 
最初に、被相続人(故人)が車の名義人であることを確認しましょう。その後、相続人全員が協議し、新しい所有者として車を引き継ぐ人を決定します。
 
遺言書が存在する場合はそれに従いますが、遺言書がない場合は遺産分割協議で所有者を決め、その結果を遺産分割協議書にまとめます。
 
名義変更の手続きは、陸運局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)で行います。陸運局では、移転登録申請書と手数料納付書、自動車税申告書を必要書類と一緒に提出してください。なお、車の名義変更手続きは、道路運送車両法により15日以内に行わなければなりません。
 

名義変更(移転登録)の必要書類

車の名義変更(移転登録)する際、必要となる主な書類は以下のとおりです。
 

●自動車検査証(車検証)
●自動車保管場所証明書(車庫証明)
●戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書
●遺産分割協議書
●印鑑証明書
●実印または委任状
●相続人全員分の譲渡証明書(国土交通省「自動車検査登録総合ポータルサイト」で入手可能)

 
戸籍謄本や印鑑証明書は、発行から3ヶ月以内のものが必要です。また、譲渡証明書は陸運局か国土交通省の「自動車検査登録総合ポータルサイト」から入手できます。必要書類は相続の状況によって異なるため、事前に確認しておきましょう。
 

車を相続して名義変更(移転登録)する際の注意点

車を相続して名義変更(移転登録)する際の主な注意点は、以下のとおりです。
 

●名義変更は15日以内に行う
●代行依頼をする場合は費用がかかる
●自動車保険の名義変更も必要
●車は相続税の課税対象になる

 
上述のとおり、道路運送車両法により、車の名義変更は15日以内に完了させる必要があります。また、名義変更は司法書士や行政書士といった専門家やディーラーに代行してもらうことも可能ですが、その際は費用が発生します。また、新たな所有者に合わせて、自動車保険の名義変更や新規契約も行う必要があります。最後に、相続した車は相続税の課税対象となるため、この点も注意が必要です。
 

親の車を相続する際は名義変更(移転登録)を忘れないようにしよう!

車の所有者が亡くなった場合、その車を相続する際は名義変更が必要です。必要書類を用意し、手続きは陸運局などで15日以内に行う必要があります。名義変更を怠ると、車を売却することもできません。
 
さらに、車の名義変更だけでなく、自動車保険の名義変更や相続税の納付も必要となります。万一、車の所有者が亡くなった場合は、速やかに手続きを行いましょう。
 

出典

国土交通省 東北運輸局 自動車登録関係

国土交通省 北海道運輸局 相続による移転登録

e-GOV 法令検索 道路運送車両法

国土交通省 自動車検査登録総合ポータルサイト 必要書類

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー