更新日: 2024.03.29 その他相続

お墓探しポータルサイト5社を徹底比較|各社墓地・霊園の特徴をわかりやすく解説

お墓探しポータルサイト5社を徹底比較|各社墓地・霊園の特徴をわかりやすく解説
今やお墓探しもネット中心の時代です。気になる墓地があれば、わざわざ現地へ足を運ばなくともネット上で写真やサービスおよび価格を確認して、複数の墓地の資料を一括で請求したり、墓地見学の申込もワンクリックで予約できます。
 
但し、お墓探しポータルサイトによって記載されている内容や情報量および検索などの使い勝手が異なるため、いくつかのサイトを試したうえで自分に合ったサイトを利用することが大切です。
 
この記事では、代表的な5つのお墓探しポータルサイトを取り上げ、それぞれを詳しくご紹介し、掲載墓地数やサービスの対応時間および運営会社について解説していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

お墓探しサイトで得られる情報と特徴とは?

お墓探しサイトに掲載されているお墓そのものの情報は、おおむね以下の図表1にあるような内容です。

図表1

施設概要 住所・交通アクセス(電車・車・その他の公共交通)・現地の様子・写真・GoogleMap・お墓の種類・運営形態(民営・公営・寺院・共同)・宗派・営業時間・駐車場・売店・会館や管理棟・礼拝堂・バリアフリー
価格 初期費用・年間管理費・プランで異なる費用・オプション費用
プラン 区画の面積・プランやコースとその内容(一般墓・永代供養・納骨堂・樹木葬・ペット対応など)
その他の情報 利用者の口コミ、評点、現地の感想
資料請求や見学 資料請求・見学予約・無料相談・空き区画の確認

筆者作成

お墓探し以外の情報も豊富に掲載

初めてのお墓選びでは分からないことだらけです。そのため、お墓探しだけでなく下記のように必要な関連情報がサクッと気軽に読めるコラム形式でたくさん掲載されています。

<お墓の周辺情報の例>

お墓の選び方・お墓の平均予算・プランごとの目安金額・永代供養とは・納骨堂とは・墓じまいとは・仏壇の選び方・相続手続き・相続税の申告と納税方法・終活エンディングノート・介護支援・葬儀マナーなど

したがって、別途書籍を買ったり別のサイトで調べたりしなくても、ひとつのサイトだけで周辺知識まで身につけることができます。

お墓情報の検索や絞り込みができる

各サイトでは、お墓の絞り込み検索があり、以下の図表2のような検索オプションを設定しておけば、希望に沿ったお墓がピンポイントで探せます。自分にが希望する条件のお墓がない場合、検索条件を変更することで、選択肢が増える可能性があります。

図表2

エリア 都道府県・市や区
テーマ 駅距離・公園墓地・樹木葬・室内墓地・永代供養墓・納骨堂・ペットと入れる
宗教 浄土宗・浄土真宗・真言宗・天台宗・日蓮宗・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗・その他・宗教不問
墓地形態 公園墓地・公営墓地・寺院墓地
価格 100万円未満・100~200万円・200~300万円・300万円以上

筆者作成

なお、お墓を取り巻く環境の変化として、下記のような傾向があります。

最新の統計資料によれば、日本全国の墓地は87万5030箇所以上、納骨堂は約1万3645箇所以上です。そして、2025年には団塊の世代と呼ばれる第一次ベビーブーム層が後期高齢者(75歳以上)になるため、墓地やその関連施設はまだ増やす必要があります。

但し、それ以降は一転して人口減少が続くため、墓数の大幅な減少(未継承墓の増大)が見込まれる難しい時代です。

お墓の資料請求や見学予約ができる

墓地をある程度の件数まで絞り込んだ後に、その画面から「見学予約・資料請求・空き確認・個別相談」の申込へと滞りなく手続きができるため、隙間時間でたくさんの情報の取り寄せができるユーザーに優しいサイトです。

サイトにアクセスするのはスマホ・タブレット・パソコンの制限はなく、どの機器からでも同一の閲覧やサービスが受けられます。

なお、お墓を最終決定する前には必ず見学をしましょう。その理由は、お墓施設の財政事情や管理状況が見学をすればなんとなく分かるからです。

お墓ごとの比較が簡単にできる

詳細表示と一覧表示の切り替えやマップ表示との行き来など欲しい情報の範囲や深度に合わせて表示が変えられ、閲覧履歴や検索条件の保存ができるなど、紙のパンフレットではできないデジタルならではの使い勝手が秀逸です。

そのため、お墓ごとの特徴把握がしやすく、同一サイト内で複数の墓地の条件を比較して、口コミや総合評価点などの第三者評価も参考にできるため、絞り込みで迷うことは少ないでしょう。

お墓探しポータルサイト厳選5選

お墓探しで特におすすめのポータルサイトを5つご紹介します。

(1)いいお墓

「日本最大級のお墓探しサイト」をうたう「いいお墓」は、掲載霊園数が1万件を超える日本最大級の検索サイトです。お墓探しに役立つ情報も提供してくれるので、まず使用するには、間違いないサイトです。

図表3

検索条件 エリア・お墓の種類・運営形態・宗派・こだわり条件・収容人数・初回予算・設備・年間管理費・特典など
※検索結果からさらにランキング順・おすすめ順・近い順・口コミ評価順・価格順で並べ替えできる
墓地の写真 あり
墓地の地図 あり、地図からも探せる(GoogleMap)
交通ルート あり(電車、車)
墓地の概要 あり
予算の目安 あり
口コミ あり
サイト申込 見学予約:可
資料請求:可
個別相談:可
その他 墓地選び以外の周辺情報が豊富、サイト内検索あり

いいお墓 公式サイトを基に筆者作成

(2)ライフドット(life.)

通話料無料で専任アドバイザーへつながるフリーダイヤルが便利です。

また、全国の墓地をレポートし、サービス内容などが詳しく書かれた「リアルレポート」は、ボリュームがあり読み応えがあります。

図表4

検索条件 エリア・お墓の種類・運営形態・宗派・こだわり条件・初回予算・設備など
※検索結果からさらにランキング順・おすすめ順・価格順で並べ替えできる
墓地の写真 あり
墓地の地図 あり、地図からも探せる(GoogleMap)
交通ルート あり(電車、車)
墓地の概要 あり(お墓の種類ごとの価格・区画面積などの詳細あり)
予算の目安 あり
口コミ あり、項目別評点など詳細なレビュー
サイト申込 見学予約:可
資料請求:可
その他 墓地選び以外の周辺情報が豊富

ライフドット(life.) 公式サイトを基に筆者作成

(3)お墓さがし

検索ページが充実しており、わかりやすいのが特徴です。また、検索以外にもチャットボットがあり、別の方向から情報を絞り込んでくれます。

さらに、24時間利用可能なフリーダイヤルで、当日の見学予約も取れる点が優秀ですが、掲載霊園数は他サイトよりもやや少なめです。

図表5

検索条件 エリア・電車の路線・お墓の種類・運営形態・宗派・こだわり条件・設備・フリーキーワード入力など
※検索結果からさらにおすすめ順・価格順で並べ替えできる
墓地の写真 あり
墓地の地図 あり、地図からも探せる(GoogleMap)
交通ルート あり(電車、車、公共交通)
墓地の概要 あり(お墓の種類ごとの価格・区画面積などの詳細あり)
予算の目安 あり
口コミ なし
サイト申込 見学予約:可
資料請求:可
個別相談:可
その他 墓地選び以外の周辺情報が豊富、こだわり検索の条件が豊富で墓地選びの7つのポイントが分かりやすい

お墓さがし 公式サイトを基に筆者作成

(4)〇〇の霊園.com

都道府県ごとにある墓地探しサイトで、東京都であれば「東京の霊園.com」、大阪府なら「大阪の霊園.com」というサイト名です。

47都道府県に対応しており、市や区で掲載されている件数もわかりやすく確認できます。

「いいお墓.com」を姉妹サイトに持つため、サイト情報などに安心感があります。また、見学予約が取れる年中無休のフリーダイヤルが便利です。

図表6

検索条件 エリア・お墓の種類・運営形態など
墓地の写真 あり
墓地の地図 あり(GoogleMap)
交通ルート あり(電車、車、公共交通)
墓地の概要 あり(お墓の種類ごとの価格、ペット共葬やオプションなどの詳細あり)
予算の目安 あり
口コミ なし
サイト申込 見学予約:可
資料請求:可
その他 墓地選び以外の周辺情報が豊富、情報の配置が整然として閲覧しやすい

東京の霊園.com 公式サイトを基に筆者作成

(5)ハカシル

フリーダイヤルがあるため通話料を気にしないで相談ができ、質問や相談自体も原則無料で行えます。また、予算と希望エリアを伝えるだけで複数施設の提案があり、不明な手続きや親族間トラブルについて丁寧な解説があり、寺院への交渉も任せられます。

また、運営会社の親会社が有名企業であるDMM.comという点も安心材料になるでしょう。

図表7

検索条件 お墓は「永代供養、樹木葬、納骨堂、お墓、墓じまい、墓地霊園など」の区分があり、葬儀社や火葬場や斎場の検索もできる
墓地の写真 なし
墓地の地図 あり(GoogleMap)
交通ルート あり(電車、車、公共交通)
墓地の概要 あり
予算の目安 あり
口コミ あり
サイト申込 見学予約:可
資料請求:可
その他 無料電話相談が便利。お墓施設ごとの情報が詳しく、自治体ごとの料金相場やランキングなど判断しやすい関連情報も多い

「ハカシル」サイトに掲載されたデータ 公式サイトHPを基に筆者作成

【PR】相続する土地・マンションがあなたの生活を助けるかも?

条件ごとにお墓探しポータルサイト5社を比較

サイトごとに独自の条件で集めたお墓の特集を組んでいる場合があります。

下記のような特集によって、ある特定の条件下でお墓探しをする方の検索効率が上がったり、固執していた条件を緩和して他の条件へも目を向けるきっかけになります。

●おすすめの永代供養墓

●ペットと入れる霊園

●樹木を墓標にする樹木葬

●旅先にある霊園リゾート葬

●マンション型の納骨堂

●船やヘリからの海洋葬

●その他にも駅近の霊園、室内墓苑など

 

掲載数が多いもの

同じ自治体を異なるサイトで調べてみると、サイトによってお墓の掲載数が異なります。最終的にお墓は1カ所に絞りますが、検索サイトでお墓を探す場合には、掲載数が多いサイトで探したほうが自分に合ったお墓を見つけられる可能性が高くなります。まずは掲載数が多いサイトから調べてみるのもいいかもしれません。

前述の5つのサイトの掲載数は以下の図表8をご参照ください。

図表8

サイト名 掲載数
(1)いいお墓 1万92件
(2)ライフドット(life.) 約8700件
(3)お墓さがし 7443件
(4)〇〇の霊園.com 8017件
(5)ハカシル 多数だが件数は不明

「いいお墓」 、「ライフドット(life.)」、「お墓さがし」、「東京の霊園.com」 、「ハカシル」公式サイトを基に筆者作成(データは2024年3月4日現在のもの)

先にご紹介したサイトは約8000件を超える掲載数であり、お墓探し検索サイトのなかでも多い部類に該当します。

対応時間が幅広い

平日の大部分は仕事や家庭の用事で時間を割くため、忙しい合間をぬって探すことになりますが、各サイトの検索システムは24時間年中無休で利用できる場合がほとんどです。ですが、電話対応ができるサイトでも対応できる曜日や時間は各サイトで微妙に異なります。

平日のコアタイムに時間の確保が難しい方は、平日の遅い時間や土日祝日に電話対応可能なサイトを活用してもよいかもしれません。

図表9

サイト名 対応時間
(1)いいお墓 9~16時、年中無休
(当日予約のみ)
(2)ライフドット(life.) 10~19時
(3)お墓さがし 24時間対応、年中無休
(4)〇〇の霊園.com 9~16時、年中無休
(当日予約のみ)
(5)ハカシル 10~19時、平日のみ
フリーダイヤルあり

「いいお墓」 、「ライフドット(life.)」、「お墓さがし」、「東京の霊園.com」 、「ハカシル」公式サイトを基に筆者作成(データは2023年12月19日現在のもの)

電話での問い合わせが難しい場合、サイトによってはAIチャットなどでのお問い合わせも可能ですので、活用してみてもよいかもしれません。

大手サイトが安心

各サイトの運営会社は図表10の通りです。

運営会社によって、お墓の掲載数や、情報の更新およびコラムやお役立ちページの充実度が変わってくるので、比較して自分に合うサイトを見つけてみてください。

図表10

サイト名 運営会社
(1)いいお墓 株式会社 鎌倉新書
資本金10億5784万円
従業員数257名
(2)ライフドット(life.) 株式会社 エイチーム
(サイト運営会社の親会社)
資本金8億3800万円
従業員数872名(連結)
(3)お墓さがし 株式会社 よりそう
資本金59億2152万円
従業員数約100名以上
(4)〇〇の霊園.com 株式会社 鎌倉新書
資本金10億5784万円
従業員数257名
(5)ハカシル 合同会社DMM.com
(サイト運営会社の親会社)
資本金約1億1円
従業員数2305名

「株式会社 鎌倉新書」 、「株式会社 エイチーム」、「お墓さがし」、「ハカシル」公式サイトを基に筆者作成(データは2023年12月19日現在のもの)

いくつかの大手お墓検索サイトを情報源にしておけば、情報スピードや精度のレベルが安定して高いため安心です。

お墓探しポータルサイトで効率よく情報を集めて比較し現地を見学してから決めよう

お墓探しポータルサイトは、お墓探しが細やかな条件検索や場所から探せる便利なサービスです。しかも、葬儀や老後についてなど、周辺情報の特集やコラムなどが多数掲載されているため、お墓探しの準備期間に気軽に読んで知識が付けられることもメリットとしてあげられます。

今回ご紹介した5つのサイトはいずれもお墓の掲載数が多く情報量も申し分ありませんので、どれを使っても満足感は高いでしょう。

見学の予約や資料請求などはボタンひとつの簡単操作ですので、ぜひ早めの準備にとりかかり、サイトのサービスを活用してみてください。

出典

いいお墓
ライフドット(life.)
お墓さがし
東京の霊園.com
ハカシル
株式会社 鎌倉新書 会社概要
株式会社エイチーム 会社概要
政府統計の総合窓口(e-Stat)
厚生労働省 今後の高齢化の進展 ~2025年の超高齢社会像~

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

ライターさん募集