更新日: 2024.07.09 贈与

結婚祝いとして、祖父母が「200万円」渡してくれるそうです。それぞれから「100万円」であれば非課税になりますか? 税金を払う必要はあるのでしょうか?

結婚祝いとして、祖父母が「200万円」渡してくれるそうです。それぞれから「100万円」であれば非課税になりますか? 税金を払う必要はあるのでしょうか?
結婚は人生の節目といえるものですが、さまざまな費用がかかることも多いです。物価高で家計が苦しい昨今では、費用のことを考えて結婚に対してネガティブなイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?
 
そのような時に助けになるのがお祝い金ではないでしょうか。特に祖父母から結婚のお祝い金を受け取ることも多いと思います。ありがたく受け取りたいところですが、気になるのは税金がかかるか否かです。
 
そこで本記事では、結婚のお祝い金として祖父母からそれぞれ100万円ずつ受け取った場合に税金がかかるのかについて解説していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

親族からの贈与も課税対象になる

お祝い金として結婚資金を受け取る場合に気になるのが贈与税です。贈与税は個人から財産を受け取った場合にかかる税金で、他の税金と比べても税率が高くなっています。
 
贈与税には、例外的に贈与税がかからない財産がいくつかありますが、その中に「個人から受ける香典、花輪代、年末年始の贈答、祝物または見舞いなどのための金品で、社会通念上相当と認められるもの」があります。お祝い金はこの「祝物」にあたります。
 
ただし、今回の100万円ずつの計200万円が「社会通念上相当と認められる」金額か否かは判断が難しいところで、認められない場合は贈与税の対象となります。
 

祖父母からそれぞれ100万円ずつ受け取った場合

贈与税には基礎控除があるため、基礎控除以内の贈与については基本的に税金がかかりません。贈与税の基礎控除は1年間で110万円です。
 
1年間は対象の年の1月1日から12月31日までを指し、その間に受け取った財産が110万円を超えていなければ税金がかからないことになります。そのため、例えば祖父母で合わせて100万円を受け取った場合は贈与税の対象とならないことになります。
 
しかし、事例のように祖父から100万円、祖母から100万円とそれぞれ受け取る場合は「1年間で受け取った財産は200万円」です。そのため、基礎控除の110万円を超えてしまいます。
 
この場合は200万円から基礎控除の110万円を差し引いた90万円が贈与税の対象です。
 

【PR】相続する土地・マンションがあなたの生活を助けるかも?

非課税の制度

前記のように親族からの贈与でも贈与税がかかってしまう可能性がありますが、そうした場合に活用したいのが、両親や祖父母などから結婚資金として贈与を受けた場合に非課税となる「結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」です。
 
この制度は、贈与者(贈与する側)が、金融機関に結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置をする申出をして専用の口座を開設し、受贈者(贈与を受ける側)に一括で財産を贈与する場合は非課税となるものです。
 
結婚資金の場合は受贈者ごとに300万円が限度となっており、事例のような場合でも手続きをすることで非課税にすることができます。しかし、必要な資金を引き出す際には資金使途がわかる領収書といった証明が必要です。資金使途によっては非課税とならない場合もあります。
 
主な結婚関連の資金使途としては、挙式や披露宴で必要な費用、結婚を機に必要な賃料や敷金などです。両家の顔合わせや結納などの費用は非課税の対象とならないので、非課税となる対象を確認するようにしてください。
 

受け取り方にも注意しましょう

結婚には多くの費用がかかるので親族からのお祝い金はありがたいものです。しかし、受け取る財産の金額や受け取り方によっては税金を支払わなければいけない場合もあるので注意しましょう。
 
また、結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置を利用することで結婚資金についても300万円までであれば非課税にできますが、資金使途によっては対象とならない場合もあります。制度を利用する場合は対象となるかを確認するようにしてください。
 

出典

国税庁 No.4402 贈与税がかかる場合
国税庁 No.4405 贈与税がかからない場合
子ども家庭庁 結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置の概要
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集