更新日: 2022.03.18 保険

生命保険を見直す最適な時期とは? 見直すときのポイントや気を付けたいこととは?

生命保険を見直す最適な時期とは? 見直すときのポイントや気を付けたいこととは?
生命保険を保険の外交員に勧められて加入したまま放置している人は、意外に多いかもしれません。生命保険の契約内容を細かく覚えている人も少ないでしょう。しかし、生命保険で必要な保障内容は人生の節目や、年齢によって変化するものです。
 
この記事では、生命保険の見直し時期や見直すポイントを解説します。生命保険に加入してから一度も見直していない人は参考にしてみてください。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

生命保険の見直しが必要な理由

 
生命保険は長期間加入し、毎月支払いが続くため見直しが必要な保険です。例えば、独身のときに加入した保険は、家族ができると保障額が少なくなるかもしれません。子どもがまだ小さい頃と、独立して夫婦だけの生活になったときでは、保障内容が違うのは当然です。それでは、具体的に見直しが必要な3つの理由について解説しましょう。
 

人生の節目によって必要な保障が違ってくるため

 
人生にはいろいろな節目と呼ばれる時期があります。生命保険に関係するものとしては、以下の節目が考えられます。

●結婚
●出産
●子どもの独立
●定年(老後)

例えば、結婚してから子どもが生まれたときは、子どもが独立する前に親に万が一のことがあり生活が困難になった場合に備えて、死亡保障の部分を高額にする傾向があります。
 
しかし、子どもが独立してから夫婦のみでは、それほど大きな保障は必要ありません。このように、それぞれの節目で保障額を見直しましょう。
 

加入時に気付かなかったことや足りなかったことが補てんできるため

 
初めて保険に加入したときを思い出してみると、保険を見直す理由が分かります。何も分からずに外交員に勧められたまま契約した人は少なくないはずです。
 
自分で加入した人も、時間の経過とともに保険に関する知識は加入時よりも増えているでしょう。こうした理由から保険の内容を定期的に見直すことで、加入当時では気付かなかったことや不足している保障に気付くことができます。
 

現在の生命保険料では負担が大きいと感じている

生命保険は一般的に長期間加入して毎月保険料を支払います。そのため、生命保険料を負担に感じたら保険を見直しましょう。生命保険は万一のときに備えて必要なものですが、保険料の負担が大き過ぎては本末転倒です。保険料に負担を感じたら、不要な保障や保険金額を見直して保険料を減らす検討をしましょう。
 

生命保険の見直しのタイミング

 
生命保険の内容を見直すタイミングは、生命保険を見直す理由と連動しています。ライフスタイルの変化によって必要な保険が変わります。つまり、人生の節目が生命保険を見直す絶好のタイミングです。また、更新がある保険の場合は更新時期も見直すのによいタイミングです。
 

結婚や退職など大きな変化があったとき

結婚や退職などライフスタイルに大きな変化のあるときは生命保険を見直すタイミングです。
 
無事に定年退職を迎えたときに、子どもが独立している場合、死亡保障は不要です。高齢になることを考えると、死亡保障だけでなく自身の医療保険や退職金の運用を考えるタイミングになります。
 

生命保険の更新時期

 
生命保険には更新があるタイプとないタイプがあります。子どもが学校を卒業する年など更新のタイミングを人生の節目に合わせて加入することで、更新時期に保障内容や保険料の見直しがしやすくなります。
 
また更新型の保険に加入することで、一般的には更新がないタイプより保険料をおさえられる、健康状態にかかわらず更新できるといったメリットもあります。
 

保険料を負担と感じたとき

 
生活する上で生命保険料が負担に感じるのであれば、生命保険を見直すサインだと考えましょう。
 
生命保険料は収入のどれくらいが適切なのかは一概には判断できません。収入、家族構成、年代によって適切な保険料は違います。もっといえばひとりひとり違うので、適切な保険料は自分で判断するしかありません。支払いを負担と感じたら迷わず見直しをしましょう。
 

生命保険を見直すポイント

 
生命保険を見直す場合、漠然と契約内容全体を見直してもどうすれば分からない人が多いでしょう。そこで見直すポイントを以下に絞って考えてみましょう。

●加入している保険の必要性
●保障額

幅広く見直すよりもポイントを2つに絞ることで、保険料も適切なものに収まります。
 

そもそも必要な保険なのか

 
現在加入している保険が一般的に考えて、自分の年齢や家族構成から適切なのか考えてみましょう。特に加入時にあまり考えずに契約した自覚があれば、保険そのものの見直しが必要です。
 
年齢が若いときは生命保険料も安くなりますが、それは若いときは保険金が支払われるケースが少ないからです。
 
高額な保険金を残す必要がない独身者であれば、死亡保障は掛け捨てにして、医療保険を充実させるといった見直し方もあります。
 

保障額を見直す

生命保険料は保障額が大きくなるほど高くなる仕組みです。そのため保障額を見直すと必然的に保険料も見直すことになり、効率のよい見直しができます。
 
特に死亡した場合の保険金額は大きく保険料に反映するので、自分の年齢と家族構成をよく考えて必要保障額かどうか見直しましょう。
 

生命保険は見直しを適切なタイミングで行いましょう

 
生命保険は一般的に長期にわたって契約が続きます。適切なタイミングで見直しを行うことは、むしろ必須だと考えましょう。
 
住宅ローンも長期契約の代表ですが、金利変動に合わせて金利を見直して借り換えるのはいまや常識です。生命保険も同じようにライフスタイルの変化に合わせて適切に見直しをしましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

【PR】あなたの不安をFPに無料相談してみませんか?

auじぶん銀行