更新日: 2022.04.15 保険

生命保険に加入しない理由は「必要ない」「支払う余裕がない」? 毎月の保険料の相場もチェック

生命保険に加入しない理由は「必要ない」「支払う余裕がない」? 毎月の保険料の相場もチェック
みなさんは生命保険に加入していますか?
 
いざというときや家族のことを考えると、生命保険は大切なものでしょう。でももちろん、なかにはあえて加入していないという人も。
 
今回は、生命保険に加入していない人の理由や、加入した場合の毎月の保険料などをみてみましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

生命保険に加入しない理由はやっぱりお金?

まずは、株式会社WDC(本社:千葉県船橋市)が発表した調査結果(※1)をチェックしてみます。
 
この調査は、関東在住の25歳以上49歳以下の生命保険に加入していない男女を対象に行われたもの。
 
生命保険に加入しない理由はどのようなものなのでしょうか。

【現在、生命保険に加入していない理由を教えてください(複数回答)】

1位:保険は必要ないと思っているため 21.6%
2位:保険料を支払う余裕がないため 19.9%
3位:自分に合う保険がわからないため 18.5%
4位:必要かどうかわからないため 16.6%
5位:考えたことがないため 8.6%
(「あてはまるものはない」は30.9%)

「保険は必要ない」が1位に。僅差で「保険料を支払う余裕がない」が2位になりました。経済的に厳しく、生命保険の必要性を感じないのであれば、たしかに未加入という選択になりますね。
 
また、入りたい意志は透けてみえるものの、「自分に合う保険が分からない」という人も。
 
今後どのようなタイミングで保険に加入しようと思うかについては、以下のような回答結果になりました。

【今後、どのようなタイミングで保険に加入しようと思いますか(複数回答)】

1位:健康に不安を感じたとき 24.1%
2位:経済的に余裕ができたとき 21.9%
3位:子どもができたとき、子どもが増えたとき 12.8%
4位:結婚したとき 11.9%
5位:人におすすめされたとき 2.0%

「健康に不安を感じたとき」「経済的に余裕ができたとき」の2つが20%台でした。現在加入していない理由の1位2位と照らし合わせても納得の順位ですね。
 

加入するなら「非対面」を望む人も多い

保険に加入する際、窓口に行ったり、営業に訪問してもらったりするほか、近年はインターネットで契約が完了するというものも。
 
将来生命保険に加入する際、どのような契約方法を希望する人が多いのでしょうか。

【今後、保険加入を検討するとしたら、対面と非対面どちらの方法で加入したいですか】

●非対面 38.6%
●対面 21.8%
●わからない 39.7%

「わからない」と回答した人を除くと、非対面を希望する人が最も多いという結果に。
 
その理由として、「自分で色々調べて判断したいため」(40.8%)、「自由な時間に自分のペースで検討したいため」(40.3%)といった意見があがりました。
 
一方で、対面を希望した人の理由は「対面で信頼できる人に相談したいため」(76.5%)がダントツで多く、次に「その場で色々と質問したいため」(35.3%)、「専門家のコンサルティングを受けたいため」(23.5%)と続きました。
 
自分のペースでじっくり調べて決めたいという人は非対面を、専門家のアドバイスを受けて選びたいという人は対面を希望する人が多いようです。
 

生命保険、毎月の保険料の相場は?

経済的に余裕がないために生命保険に加入していない人もいるなか、保険料の相場はどれくらいなのでしょうか? 保険マンモス株式会社(本社:東京都港区)が発表した調査結果(※2)をみてみましょう。
 
この調査は、主に民間の保険会社が取り扱っていて任意加入できる「生命保険」に加入している、500人(女性332人、男性168人)を対象に行われたもの。

【毎月の保険料支払額(平均)】

●20~30歳  8522円
●31~40歳 1万199円
●41~50歳 1万1974円
●51~60歳 1万797円
●61歳以上 1万4644円

平均金額は31歳~60歳ではおよそ1万円、61歳以上になると1万5000円近くまで上がっていることが分かります。
 
しかし、最低額と最高額はかなり差が開いており、例えば41~50歳の最低額は500円ですが、最高額はなんと11万円。
 
人によって選ぶ保険はさまざまですので、平均金額はあくまで目安として考えておいたほうがよさそうですね。
 
今保険に加入していて、少しでも支払金額が気になるという人は、一度保険の見直しをしてみるのもいいかもしれません。
 
出典
※1 株式会社WDC 「2022年2月最新版」スマホで保険契約ができる、 正直な保険ガイド「リアほ」が 生命保険の選択に関する意識調査結果を発表
※2 保険マンモス株式会社「【年代別】毎月の保険料はいくら?生命保険加入者の男女500人アンケート調査結果」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

【PR】あなたの不安をFPに無料相談してみませんか?

auじぶん銀行