更新日: 2022.07.21 保険

生命保険の見直し。最適な年齢やタイミングはある?

生命保険の見直し。最適な年齢やタイミングはある?
生命保険の見直しについて「最適なタイミングはいつなの?」と悩んでいる人も多いでしょう。特に、結婚や家族の出産を控えている世帯主や、マイホームを建てるなど生活に変化がある人には気になるものです。
 
この記事では、保険の見直しとは何かということと必要な理由を解説します。また、保険の見直しのタイミングを具体的に紹介します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

生命保険の見直しとは? 必要とされる理由

生命保険の見直しとは、契約している内容を再検討することです。例えば、現在契約している保険を解約して新しい保険に加入したり、保障内容の再検討で保険料を調整したりします。
 
保険の見直しが必要な理由のひとつは、移りゆくライフステージによるリスクに合った備えをするためです。例えば、新社会人のときに加入した保険の保障内容では、結婚して家庭をもった際には合わない可能性が高いです。
 
このように、自分や家族のライフステージにより、どのような保障が必要なのかを再検討することが、保険の見直しが必要な理由です。
 

生命保険を見直すタイミング! ポイントはライフステージに合わせること

それでは、生命保険の見直しが最適とされるのは、どのような年齢やタイミングなのでしょうか。ここでは、一般的に保険の見直しが必要とされるタイミングを紹介します。
 

・新社会人として就職するとき(20代前半)

就職するときは、自分で保険の契約をするタイミングです。就職前は、親が保険料を払って加入しているケースも少なくありません。社会人になるタイミングで、自分に合った保険に見直すことを検討しましょう。
 

・結婚するとき(20〜30代)

結婚は、パートナーのことを考慮した保障内容にするタイミングです。受取人も結婚前は親にしているのが一般的なので、配偶者に変更する必要があります。また、配偶者の保険を見直すことも重要です。
 

・妊娠する前のタイミング(20代〜)

妊娠前は、医療保障の見直しを検討するタイミングです。見直し前の内容では、帝王切開など異常分べんで保障を受けられない可能性があります。妊娠後で見直せないケースもあるので、妊娠前に検討しましょう。
 

・妊娠中や子どもの誕生後(20代〜)

子どもが誕生するなら、教育費に備えて学資保険に加入したり、死亡保障を増やしたりするタイミングです。子どもの教育には大きな費用がかかります。早いうちから備えておけば、突然の出費にも対応できるでしょう。
 

・住宅ローンを組んだとき(30代〜)

住宅ローンを組んだときは、ほとんどのケースで「団体信用生命保険(団信)」に加入することが融資の要件になっています。ローンの契約者が死亡または所定の高度障害状態になった場合、ローンの残債分が融資した金融機関に支払われるので、家族が返済に困ることはありません。
 
ただし、団信は死亡と高度障害のみが保障対象となるため、病気やけがで働けなくなったときの備えとして、収入保障保険や就業不能保険に加入するとより安心でしょう。
 

・子どもが独立するとき(40〜50代)

子どもが独立したら、教育や養育に必要なお金の心配がなくなるので、保険見直しのタイミングです。死亡保障を減らすなどして、保険料を抑えることを検討しましょう。
 

生命保険はライフステージが変化するタイミングで見直そう!

生命保険の見直しは、就職や結婚、子どもの誕生や独立などライフステージの変わるタイミングが最適です。
 
ライフステージによって、必要な保障内容は同じではありません。自分だけでなく、家族のことを考えた保障プランが必要です。効率的な見直しは保険料を抑える効果も期待できるので、自分や家族に合った見直しを検討しましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

【PR】あなたの不安をFPに無料相談してみませんか?

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード