更新日: 2023.09.27 生命保険

生命保険の見直しはどのタイミングでしたらいいの? 最適のタイミングと注意点は?

生命保険の見直しはどのタイミングでしたらいいの? 最適のタイミングと注意点は?
保険は、一度加入したらそのままでいいというわけではありません。そのときの状況に合っていない保険に加入していると、必要な保障(補償)が得られないなど上手に活用できないこともあります。
 
保険は、生活スタイルの変化に応じて見直すことも大切です。特に生命保険はどういったタイミングで見直すのがいいのか、注意点と併せて解説していきます。
 
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

生命保険を見直すタイミング

生命保険の見直しを行ったほうがよいタイミングは、主に以下のとおりになります。
 

ライフステージが変化したとき

就職や転職、結婚や出産など、人生にはいくつかの大きな変化のタイミングがあります。生命保険は、病気やけがなど万一のときに保険金を受け取れるよう備えるものです。
 
そのため、ライフステージに変化があったときは見直しておく必要があります。特に結婚したときは、保険金額の見直しや受取人を配偶者にするなどしておくとよいでしょう。
 

保険料が高いと感じたとき

必要な保険であっても、月々に支払う保険料が高過ぎては続けることができません。転職や定年退職など収入に変化があったときは、これまでの保険料では支払いが負担に感じることもあります。そのような場合は、無理をせずに生命保険を見直しましょう。
 

更新時期を迎えたとき

生命保険を見直すタイミングとしては、更新時期を迎えたときも適しています。生面保険の多くは満期のタイミングで自動更新されます。ついつい、そのまま更新してしまいがちですが、更新時の年齢に合わせて保険料が上がることもあるので注意が必要です。
 

生命保険を見直す際の注意点

では、生命保険を見直すときに注意しておきたいのはどのような点か見ていきましょう。
 

自分の状況に合った内容になっているか

生命保険は、そのときの状況に合った内容であることが重要なポイントです。例えば、子どもが生まれたばかりなら、最低でも子どもが成人するまでの養育費などをカバーできるような保険金があると安心できます。
 
毎月定額の保険金が一定期間支払われる商品もあれば、一括受け取りが可能な商品もあります。例えば、毎月受け取りたいときは十分な額かどうかで判断しましょう。
 
子どもが成長して自分が老後を迎えるときは、子どもへの保障は基本的に必要なくなります。介護費用や葬儀費用などを中心に考え、受け取り方の変更や保険金額を減らすという考え方もあります。
 

自分の年齢でも加入できるかどうか

生命保険は、年齢を重ねていくにつれ加入自体が難しくなりがちです。老後に向けて見直しをしたいときは、自分の年齢でも加入できる生命保険がどれくらいあるかも考えなければなりません。安易に解約をせず、まず先に加入可能な生命保険を探してから切り替えを行いましょう。
 

無理のない保険料で続けやすいかどうか

自分が亡くなった後で大切な人が困らないよう、十分な保険金を残すのはよいことです。しかし、受け取れる保険金が高ければ高いほど、月々支払う保険料も上がります。無理をすることなく払い続けていける保険料のなかで選ぶことが大切です。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店 収入証明書
最短当日 - ※2
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 ※2 ご希望のご利用限度額が50万円以下の場合は不要です。 ※2 学生は20歳以上で安定収入がある方に限る

人生の変化に応じて自分に合った生命保険を選ぼう

年齢を重ねたりライフステージが変化したりと、人生のなかで生命保険を見直すタイミングは何度か訪れます。ライフステージが変わったら、そのときの自分の状況に合ったものにするために、生命保険の見直しをしてみましょう。
 
自分が亡くなったとき、家族にいくら残しておけばいいのか、月々の保険料はいくらまでなら無理なく支払えるのかを考え、バランスのよい生命保険への加入が理想的です。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

【PR】あなたの不安をFPに無料相談してみませんか?