公開日: 2020.07.30 暮らし

6割以上がキャッシュレス決済を利用。現金に触れたくなくてさらに利用がすすむ?

6月末までのポイント付還元制度は終わりましたが、政府が利用を推奨しているキャッシュレス決済。新型コロナウイルス感染症拡大を受けて厚生労働省より発表された「新しい生活様式」の実践例としても「電子決済の利用」が挙げられており、今後ますます利用の増加が見込まれます。
 
株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区)は、「キャッシュレス」に関するアンケート調査を実施しました(※)。キャッシュレス決済の利用状況や、よく利用されている決済手段は何でしょうか。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

6割以上がキャッシュレス決済を利用

キャッシュレス決済の利用頻度を聞いたところ、「クレジットカード」については、「週に5回以上」(12.5%)、「週に3〜4回程度」(18.8%)、「週に1〜2回程度」(33.1%)と、週に1回以上利用する人が64.4%でした。
 
年代が高いほどクレジットカードを使う傾向が見られました。また、週5回以上と、ほとんど毎日利用している人が最も多いのは40代女性(18.7%)でした。
 
次に、「電子マネー/QRコード決済」について見ると、「週に5回以上」(14.9%)、「週に3〜4回程度」(19.7%)、「週に1〜2回程度」(25.5%)と、こちらも60.1%が週1回以上利用すると回答しました。
 
カードとは対称的に、若い人ほど利用頻度が高いようです。週5回以上利用する人は男性の方が女性より倍以上多く、30代、50代では25%以上がほぼ毎日利用していることがわかりました。一方、60代男性では週1回以上利用するのは43%と、他の性年代と比べて極端に低く、さらに30%が「利用しない」と回答しました。
 

ポイントが貯まるからキャッシュレス決済を使いたい

今後のキャッシュレス決済の利用意向を聞いたところ、「積極的に利用したい」(48.1%)、「今までと同じくらいの頻度で利用したい」(43.3%)と、91.4%が今後も利用したいと回答しました。
 
理由は、1位は「ポイントが貯まる、還元される」が82.1%でした。6月30日までは、キャッシュレス・ポイント還元事業が実施されていましたので、キャッシュレス決済を利用する人が増えたのではないでしょうか。これ以外にもスマホ決済のポイント付与で、知らないうちに残高が増えていたという声もよく聞きます。
 
以下、「支払いが簡単、スピーディ」(65.4%)、「小銭を出す必要がない、たまらない」(53.7%)、「現金を持ち歩きたくない」(39.7%)と、主に利便性が評価されているようです。
 
また、27.7% が「現金に触りたくない」と回答しており、衛生面も理由の一つであることがわかりました。特に、新型コロナウイルスの感染を恐れて、現金の受け渡しを避けるようになったのではないでしょうか。
 

コロナ前後で現金に触れることに抵抗感がある人が3割増

そこで、コロナ前後で現金に触れることに対して衛生上の抵抗感が実際に上がったのかを見てみましょう。コロナ前では「抵抗を感じる」と答えたのは34.1%でしたが、コロナ後では61.3%と、なんと27.2ポイントも増加しました。
 
特に、女性が抵抗を感じている傾向が見られ、コロナ前は38.1%だったのに対して、コロナ後は71.3%と33.2ポイント増加しました。店員さんとしても、キャッシュレスの客の方が安心感があるでしょうね。
 

キャッシュレス決済が利用できる飲食店を利用したい

飲食店で利用したい決済方法を聞いたところ、「クレジットカード」(73.4%)が最も多く、「電子マネー」(52.0%)、「QRコード決済」(41.1%)、「現金」(32.7%)の順となりました。
 
性年代別に見ると、「クレジットカード」を最も利用するのは40代女性でした。「電子マネー」は、全体的に男性の利用意向が強く、40代男性が62.7%と、全体より10ポイント以上高くなりました。
 
飲食店を選ぶ際、キャッシュレス決済が導入されていることが良いかどうか聞くと、66.2%が「導入されているお店の方が良い」と回答しました。 中でも50代男性は78.0%、20代女性は79.4%となり、全体より10ポイント以上高い結果となりました。
 
昨年10月からのポイント還元制度以来キャッシュレスに移行する人が増えてきましたが、新型コロナウイルス感染拡大で移行がさらに加速したようです。いちいちATMで現金を引き出すこともなく、利用するとポイントがつくので、キャッシュレスに慣れると元にはもどれないかもしれませんね。
 
[出典]
※株式会社ぐるなび「キャッシュレスに関する調査レポート」(株式会社 PR TIMES)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

関連記事

キャッシュレス初心者にはデビットカードがおすすめ。その理由とは?
アフターコロナは、キャッシュレス時代?
7月から始まる「マイナポイント」って?キャッシュレス決済で最大5000円分の還元も
 



▲PAGETOP