更新日: 2022.01.07 暮らし

私立高校は授業料以外でも公立高校よりお金がかかる? 授業料以外の費用について

執筆者 : 杉浦詔子

私立高校は授業料以外でも公立高校よりお金がかかる? 授業料以外の費用について
子どもが私立高校に進学すると公立高校よりも学費がかかります。私立高校に行きたいと子どもが志望する場合、なるべく希望は優先したいと思いつつも、学費の支出を考えると、できれば公立高校に進学してほしいと思う保護者の方もいるでしょう。
 
私立高校に進学した場合、授業料以外にどのような費用がかかるのか、平成30年度の学習費調査から調べてみました。
 
杉浦詔子

執筆者:

執筆者:杉浦詔子(すぎうらのりこ)

ファイナンシャルプランナー/産業カウンセラー/キャリアコンサルタント

「働く人たちを応援するファイナンシャルプランナー/カウンセラー」として、働くことを考えている方からリタイアされた方を含めた働く人たちとその家族のためのファイナンシャルプランニングやカウンセリングを行っております。
 
2005年にCFP(R)資格を取得し、家計相談やセミナーなどのFP活動を開始しました。2012年に「みはまライフプランニング」を設立、2013年よりファイナンシャルカウンセラーとして活動しています。
 

杉浦詔子

執筆者:

執筆者:杉浦詔子(すぎうらのりこ)

ファイナンシャルプランナー/産業カウンセラー/キャリアコンサルタント

「働く人たちを応援するファイナンシャルプランナー/カウンセラー」として、働くことを考えている方からリタイアされた方を含めた働く人たちとその家族のためのファイナンシャルプランニングやカウンセリングを行っております。
 
2005年にCFP(R)資格を取得し、家計相談やセミナーなどのFP活動を開始しました。2012年に「みはまライフプランニング」を設立、2013年よりファイナンシャルカウンセラーとして活動しています。
 

ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大20,000ポイント獲得可能

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

おすすめポイント

入会後3ヶ月以内のカード利用で、合計18,000ポイント獲得可能!
充実の付帯保険や各種サービスは、年会費以上の価値あり!
付帯サービスのラウンジサービスやプロテクションサービス、旅行傷害保険など
年会費(税込) 発行期間 ポイント還元率
13,200円 2週間程度 0.166%~1.0%
ETC(税込) 移行可能マイル 電子マネー
年会費無料※1 ANAマイル、JALマイル、スカイマイル ApplePay、楽天Edy、Suica
※1 手数料935円(税込)

\ステータスで選ぶならアメックス/


詳細はこちら

高等学校の学習費総額

文部科学省が公表している「子供の学習費調査」(平成30年度)の結果から、公立高校と私立高校の1年間の学習費総額を比べてみると、私立高校は公立高校の2.1倍の学費がかかることが分かります。
 
●学習費総額の比較

学習費総額 公立高校
45万7380円
私立高校
96万9911円
学校教育費 28万487円 71万9051円
学校外活動費 17万6893円 25万860円

※文部科学省 「結果の概要-平成30年度子供の学習費調査」より筆者作成
 
何にいくらかかるか、学校教育費と学校外活動費の内訳も確認しておきましょう。
 

学校教育費の内訳

学校教育費は、公立高校が約28万円、私立高校が約72万円です。内訳を比較すると、その全ての項目で公立高校より私立高校が高くなっています。
 
特に差が大きい授業料(※)以外では、私立高校の「学校納付金等」が公立高校と比較して4倍近い差があります。私立高校では、入学検定料や入学金が高くなることや、冷暖房費、保健衛生費などの学校の施設設備を維持するための費用を納めることなどから、こうした結果となっているようです。
 
(※)令和2年4月から私立高校の授業料の実質無償化制度が導入されていますが、以下の表は制度導入前の平成30年度の調査結果となります。
 
●学校教育費の内訳の比較

学校教育費 公立高校
28万487円
私立高校
71万9051円
・授業料 2万5378円 23万26円
・修学旅行・遠足・見学費 3万5579円 5万3999円
・学校納付金等 5万5360円 21万5999円
・図書・学用品・実習材料等 4万1258円 4万2675円
・教科外活動費 4万427円 5万6224円
・進学関係費 7万9432円 11万4043円
・その他 3053円 6085円

※文部科学省 「結果の概要-平成30年度子供の学習費調査」より筆者作成
 

学校外活動費の内訳

学校外活動費は、公立高校が約18万円、私立高校が約25万円です。内訳では学校教育費の納付金等ほど大きな差はありませんが(平成30年度の調査結果のため授業料は除く)、こちらも全ての項目で私立高校の方が高くなっています。
 
学校外活動費のうち「補助学習費」は、塾代や家庭教師代など進級や進学のための支出であり、公立と私立のどちらの高校に進学しても一定程度の金額は必要となります。
 
また、補助学習費と比較すると少額にはなるものの、体験活動や芸術文化活動、スポーツやレクリエーション活動などにかかる「その他の学校外活動費」について、私立高校は公立高校の2倍近くとなっています。
 
●学校外活動費の内訳の比較

学校外活動費 公立高校
17万6893円
私立高校
25万860円
補助学習費 14万7875円 19万3945円
・家庭内学習費 1万6769円 2万7205円
・家庭教師費等 1万2836円 2万20円
・学習塾費 10万6884円 12万9313円
・その他 1万1386円 1万7407円
その他の学校外活動費 2万9018円 5万6915円
・体験活動・地域活動 2140円 6098円
・芸術文化活動 8507円 1万4696円
・スポーツ・レクリエーション活動 5784円 1万5101円
・教養・その他 1万2587円 2万1120円

※文部科学省 「結果の概要-平成30年度子供の学習費調査」より筆者作成
 

まとめ

学習費調査は、保護者が支出した子ども1人当たりの学校教育および学校外活動の年間経費を、保護者調査・学校調査の内容に基づいて推計したものであり、授業料や学校納付金は学校によって、学校外活動費は学校や保護者の考え方によって金額は異なってきます。
 
子どもが私立高校への進学を希望した場合、「私立はお金がかかるから無理」と否定する前に、学習費の総額がどのくらいかかるのか、志望する高校や中学の進路担当の先生などに確認をし、進学後の家計負担について把握しておくことが大切です。
 
出典
文部科学省 「結果の概要-平成30年度子供の学習費調査」
 
執筆者:杉浦詔子
ファイナンシャルプランナー/産業カウンセラー/キャリアコンサルタント

【PR】子どもの教育費はいくらかかるの?かんたん30秒でシミュレーション

auじぶん銀行