更新日: 2022.02.18 暮らし

手元に残った外国通貨。おトクに両替するにはどうすればいい?

手元に残った外国通貨。おトクに両替するにはどうすればいい?
外国通貨を両替する方法はいろいろあります。しかしどれを選べば得なのか分からないという人も少なくありません。
 
またお得と言っても人それぞれで、レートが安い所が良いのか、それとも安心安全な所を求めているのか、あるいは多様な硬貨に対応している所を探しているのかによって異なります。
 
そこでそれぞれのお得な所はどこなのかというといろいろあるので、1つずつ詳しく見ていきましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

安いレートを求めているなら外貨両替機やFX会社

とにかく安いレートを求めているなら外貨両替機で両替するのがお得です。外貨両替機は空港以外にも駅や街中にも設置されているので利用しやすいですし、機械なので銀行等と比べても運営にそれほど人件費がかからないため、レートが安く設定されています。
 
またFX会社も為替手数料が安いので、手に入るお金も大きくなりかなりお得です。なぜFX会社の手数料が安いかというとFXトレードにおいて、両替レートが市場レートとの乖離が小さいからです。
 
そのため特に大量に両替する時は、銀行よりもFX会社で行うと金額的にも大きな差が出ます。ただ利用場面が限られてしまうので万人向けではありませんし、実際にお金を受け取るまで時間と手間がかかってしまうというのが注意点です。
 

安心・安全を最優先かつ多様な硬貨に対応している所を探しているなら銀行、両替専門店、旅行代理店

安心安全を最優先に考えているのであれば銀行や両替専門店、旅行代理店等で両替してもらうのがお得です。中でも銀行は特に信頼性も高く、安心して取引することができます。
 
また外貨両替専門窓口を設けている銀行もあるので、とにかく安心安全に両替を済ませたいのなら銀行を利用すると良いです。他にも銀行や両替専門店は幅広い通貨に対応しているので、マイナーな通貨を両替したい人にはかなり役立ちます。
 
ただ銀行や両替専門店は手数料が少し高めに設定されていたり、店舗によっては紙幣の数が少なく多数の通貨を交換できなかったりもします。
 
また銀行は15時で閉まってしまうので、時間的に利用しづらいという点もありますし、一言で銀行と言ってもいろいろあり、銀行によって手数料も違うので両替をする場合は注意が必要です。
 

自宅や勤務先で両替を済ませたいなら外貨宅配サービス

自宅や勤務先で両替をしたいのなら外貨宅配サービスを利用するのがお得です。通常両替をする場合、直接交換してくれる場所まで足を運ばなければならず面倒です。
 
しかし外貨宅配サービスならそんな必要はありません。両替注文をするだけで、自宅にいながら両替を済ます事ができるので便利です。しかもすごいのは自宅だけでなく、希望の場所に届けてくれるという所です。
 
例えば仕事が忙しくてどうしても勤務先で利用したいという場合は、勤務先にも届けてくれるので非常に助かります。注意点は注文はインターネットで行うため、急な両替はできないという所です。つまり当日配達や受け取りはできないので、両替を希望する時は数日前に注文するようにしましょう。
 

両替手数料を安く抑え、かつ幅広い硬貨にも対応している所を探すなら金券ショップ

両替手数料を抑えつつ、なおかつ幅広い硬貨にも対応している所を探すなら金券ショップがお得です。銀行等と比べても両替手数料は安いですし対応も迅速で、なおかつ営業時間も長いため利用しやすいです。
 
また銀行までとはいきませんが、比較的幅広い硬貨にも対応しているので、複数の国の硬貨も一気に両替できます。ただお店ごとに取り扱っている通貨の種類が異なったり、在庫量に差がある事もあるので両替する時は事前に確認が必要です。
 
あと全ての金券ショップが偽造通貨鑑定を行っているという保証はないので、両替時に偽造紙幣をつかまされる可能性もゼロではありませんし、汚れた紙幣に交換されてしまう事もあるので店選びは慎重に行うようにしましょう。
 

外貨両替をする方法はいろいろあり、それぞれ一長一短があるため、自分に合った所を探そう

安いレートで両替したいなら外貨両替機やFX会社がお得ですし、安心安全を最優先にし、かつ多様な硬貨にも対応している所なら銀行や両替専門店に旅行代理店等がおすすめです。
 
また自宅で両替をしたいなら外貨宅配サービス、両替手数料を安く抑えつつ幅広い硬貨に対応している所なら金券ショップを利用すると良いです。このように外貨両替と言ってもいろいろあり、それぞれ一長一短があるため、自分に合った所で両替するようにしましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行