更新日: 2022.02.22 暮らし

大学で奨学金を借りた学生は、大学院に進学するときにもう一度奨学金の申請ができる?

大学で奨学金を借りた学生は、大学院に進学するときにもう一度奨学金の申請ができる?
奨学金を借りて大学に進学したあと、大学院に進学を希望する場合は、もう一度奨学金の申請ができるのでしょうか。
 
貸与奨学金は、お金を返さなくてはいけないため、返済のために大学院を諦めなくてはいけないのか、不安に感じる人もいるでしょう。
 
本記事では、大学で奨学金を借りた場合、大学院でもう一度奨学金申請ができるのか、奨学金の手続き方法と返還期限の猶予について詳しく解説します。大学院進学のために奨学金制度の利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

新井智美

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

大学院で奨学金を受けたい場合の手続き方法は?

大学進学のために、日本学生支援機構の奨学金制度を利用していた人でも、大学院に入学するときに改めて奨学金申請ができます。ただし、大学で借りていた奨学金の「継続貸与」は利用できません。
 
大学院に入る前であれば「予約採用」、大学院に入ったあとであれば「在学採用」の申し込みが必要です。この見出しでは、大学院で奨学金を受けたい場合の申し込み方法などについて、詳しく見ていきましょう。

 

大学院の奨学金の申し込み方法

大学院の進学で奨学金制度を利用したい人は、進学予定の大学院を通じて奨学金申請を行います。貸与奨学金には、無利子の「第一種奨学金」、有利子の「第二種奨学金」があります。
 
予約採用、在学採用の場合でも、申し込み方法で大きな変わりはありません。主な流れは、下記を参考にしてください。
 

  • 1.「確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書」を作成する
  • 2.貸与月額や振込口座、利率の算定方式等を決定する
  • 3.証明書類等の取得をする
  • 4.「スカラネット入力下書き用紙」の記入をする
  • 5.「収入計算書」の記入をする
  • 6.進学予定の大学院に申込書類の提出をする
  • 7.進学予定の大学院からスカラネットのユーザID・パスワードを受け取る
  • 8.スカラネットの入力をする

 
貸与奨学金の申し込みは、学生本人が必要書類を作成して大学院に提出し、インターネット上でスカラネット(奨学金申し込み専用ホームページ)にアクセスして、必要事項の入力が必要です。
 
まず、必要書類を大学院に申請しないと、スカラネットのIDとパスワードが受け取れません。奨学金に必要な手続きは、早めに行うようにしましょう。

 

大学院の奨学金で受けられる金額

大学院の奨学金が受けられる金額は、第一種奨学金と第二種奨学金で変わってきます。それぞれの金額の違いについて知っておきましょう。
 
第一種奨学金を希望する場合、大学院の課程区分により受けられる金額が変わります。
 

・修士課程相当:5万円・8万8000円
・博士課程相当:8万円・12万2000円

 
第二種奨学金は、課程区分に関わらず、5万円・8万円・10万円・13万円・15万円から貸与額が選べます。また、法科大学院で15万円を選択した場合に限り、4万円か7万円の増額ができます。

 

大学院在学期間中は在学猶予が受けられる

大学で奨学金を借りていた人が、大学院に入学した場合、「在学猶予」が受けられます。在学猶予とは、大学・短大・大学院・専門学校等に在籍している期間は、願い出により返還期限が猶予される制度です。
 
在学猶予後は、在学期間終了の翌月から数えて7ヶ月目の27日から返済開始です。
 
ただし、研究生・専修学校一般課程・選科履修生・科目履修生などは在学猶予の対象外です。もし、上記に当てはまる人が、返還期限の猶予を希望する場合は、在学猶予ではなく「返還期限猶予」の願い出が必要です。
 
「在学猶予」も「返還期限猶予」も同じ「猶予」ですが、申請をするときには間違えないようにしましょう。

 

大学院でも奨学金は受けられる

大学で奨学金を受けていた人が、大学院で奨学金を受けることは可能です。ただし、大学院に入るときに改めて奨学金の申し込みが必要です。
 
また、大学院在学中は、大学のときに借りていた奨学金の在学猶予が受けられます。学業に専念しながらの返還は難しいため、忘れずに在学猶予の申請をしましょう。
 
貸与奨学金の申し込みは、学生本人が大学院に申込書を提出しなくてはいけません。予約採用・在学採用とありますが、分からないことがあれば事前に確認して、手続きをスムーズにできるように準備しておきましょう。

 
出典
日本学生支援機構 よくあるご質問
Q 大学で日本学生支援機構の奨学金を受けています。引き続き大学院でも受けられますか。
日本学生支援機構 大学院へ進学予定の方
日本学生支援機構 大学院に在学中の方
日本学生支援機構在学猶予の対象外となるケース
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

【PR】子どもの教育費はいくらかかるの?かんたん30秒でシミュレーション

auじぶん銀行