更新日: 2022.04.01 暮らし

春の進学に合わせて家族写真は撮ってる? 子どもの記念写真の予算はどのくらい?

春の進学に合わせて家族写真は撮ってる? 子どもの記念写真の予算はどのくらい?
春に進学が決まったら、記念に家族写真を撮影したいと考える人もいるでしょう。わが子の人生の節目を記録する大切な写真なので、末永く手元に残しておきたいところです。
 
そこで気になるのが、進学の記念写真にはどれくらいの料金が必要なのかということです。そこで今回は、子どもの記念写真の予算はどの程度必要なのかについてご紹介します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

家族写真を撮影する割合は?

小学校に入学するときや、中学校から高校へ進学するときなど、記念に家族写真を撮影することがあります。進学の記念写真を手元に残しておけば、わが子が人生の節目を迎える瞬間をいつでも思い返すことができます。
 
子どもが大きくなったときに、記念写真を見ながら当時の思い出を語り合うなんてこともできるでしょう。しかし、子どもが中学生以上だと、恥ずかしがって記念写真を撮影したがらない可能性もあります。
 
ある企業の調査によると、入学式で家族写真を撮影した人の割合は45.4%と、おおよそ半数の人が撮影しています。また、撮影はしなかったけれど、撮影しておけばよかったと思う人の割合は30.5%です。この調査結果から、撮影した、もしくは撮影しておけばよかったと振り返る人の割合はかなり高いといえます。進学は、人生で一度しかない大切な行事です。家族の新しい門出を祝う意味でも、家族写真は撮影しておいたほうがよいでしょう。
 

フォトスタジオを利用する

進学の記念写真を撮影するのであれば、見栄えのよい写真を撮影できるフォトスタジオを利用したいと考える人も多いでしょう。フォトスタジオを利用すれば、プロのカメラスタッフに撮影してもらうことができます。また、本格的なセットを利用できるというのも、フォトスタジオを利用するメリットです。
 
まず、進学の記念写真でフォトスタジオを利用する際は「撮影料金」が必要になります。撮影料金は3000円前後が相場です。この撮影料金に加えて、プリント料金や額縁の代金などの「商品代金」が必要となります。これらすべてを合わせた金額がフォトスタジオを利用して記念写真を撮影する料金となります。
 
商品代金は、選択するオプションや、利用するフォトスタジオによって異なります。また、プリントしてもらう枚数が多くなれば、枚数分料金が加算されるのが基本です。どのように飾りたいのか、どの程度の大きさと枚数が欲しいのかによって料金は変わってきますので、あらかじめどのような形で記念写真を残したいのかを考えておくことが大切になります。
 
また画像データを購入したい場合は、さらに料金が加算されます。もし細かい計算が苦手という人は、各フォトスタジオが用意している入学セットや進学セットといったセット商品を購入してみるのも方法のひとつです。
 

自分で撮影する

2022年現在、スマートフォンのカメラ機能はかつてと比べて飛躍的に上昇しています。よって、自分で記念写真を撮影してみるというのも方法のひとつです。
 
すでにスマートフォンを所有しているのであれば、新たに機材を購入する必要はありません。記念写真を撮影したいけれど予算はできるだけ抑えたいという場合は、スマートフォンを使って記念写真の撮影に挑戦してみましょう。
 
フォトスタジオでは緊張してしまうという子どものリラックスした姿を撮影したいときなどにも、スマートフォンでの撮影は適しています。記念写真をどのような形で手元に残したいのか、そして子どもは何を望んでいるのかをしっかりと考えて、フォトスタジオを利用するのか、それとも自分で撮影するのかを選びましょう。
 

どのような形で記念写真を残したいのかを考えよう

進学の記念写真の撮影でフォトスタジオを利用する場合は、3000円程度の撮影料金に加えて、商品代金が必要になります。どのような商品が欲しいのかによってかかる料金は大きく変わりますので、まずはどのような形で記念写真を手元に残したいのかを計画しましょう。
 
進学の記念写真を撮影できる機会はそのとき一度きりなので、撮影しておくと子ども本人や家族にとって、きっと大切な宝物となるでしょう。
 
出典
フォト総研 家族写真を撮っておくべき? 入学式の写真に関する意識調査
株式会社スタジオアリス 料金について
株式会社キタムラ スタジオマリオ 商品・料金案内
メモリープラス 商品・料金
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

【PR】子どもの教育費はいくらかかるの?かんたん30秒でシミュレーション

auじぶん銀行