更新日: 2022.04.01 暮らし

婚活中の女性は自分磨きにいくらかけている?

婚活中の女性は自分磨きにいくらかけている?
初婚年齢は年々上昇を続けており、2020年の女性の初婚年齢は29.4歳となっています(※1)。
 
結婚したい女性で自分磨きに取り組んでいる人は少なくないでしょう。
 
株式会社オーネット(東京都中央区)は、20~39歳の婚活中女性636名を対象に、「婚活中の自分磨きに関する実態調査」を実施しました(※2)。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

婚活中の女性の95.8%が自分磨きをしたことがある

自分磨きをしたことが「ある」と回答した人は95.8%で、婚活中の女性のほとんどが、自分磨きに取り組んでいることがわかりました。
 
自分磨きをしようと思ったきっかけ(複数回答)で、最も多いのは「自分に自信を持つため」が85.9%でした。次いで「人間的に成長したいから」(48.6%)、「恋人がほしいから」(39.2%)、という結果に。他人からどう見られるかより、自分自身を磨き上げ、成長したいという気持ちがうかがえます。
 
婚活のために実践して良かった自分磨きを聞いたところ(複数回答)、「スキンケア」(42.9%)、「メイク」(42.0%)、「ファッション」(39.2%)が多く、「ヘアケア」(32.6%)、「脱毛」(29.7%)が続きました。
 

自分磨きをして自信がつき、変化を実感

自分磨きをして良かった理由で最も多かったのは「自信がついた」で28.6%。次いで「楽しかった」が25.3%、「変化を実感できた」が25.1%という結果となりました。
 
一方で「恋人ができた」「モテるようになった」という理由は少なく、異性からの評価よりも自己評価が高くなった人が多いようです。自分に自信がつくことで、婚活に前向きに取り組めるといった婚活全体への効果もあると思われます。
 
年代別で見ると、30~34歳では「自信がついた」(29.8%)、「変化を実感できた」(28.8%)という人が多くなっています。「モテるようになった」(2.0%)も他の年代より多く、自分磨きの成果が感じられる結果となっています。
 
25~29歳では「周囲の人から褒められるようになった」(16.9%)が他の年代より4ポイント以上多い結果に。また、20~24歳では「恋人ができた」(5.9%)が他の世代より4ポイント以上多くなりました。
 

3人に1人が自分磨きに10万以上かけている

自分磨きの方法については(複数回答)、51.2%が「ネットで記事を調べる」と回答しました。次いで、「SNSで調べる」(48.3%)、「自己流のやり方で」(37.9%)が続きました。ネットで調べつつ、自己流の方法で自分磨きに取り組んでいるようです。
 
自分磨きにかけた金額で最も多いのは「100,001円以上」で31.7%を占めました。3人に1人が自分磨きに高い金額を投資していることがわかります。次いで、「10,000円~30,000円」(22.2%)、「10,000円以下」(23.7%)となっており、無理のない範囲で自分磨きをしている人も多いようです。
 
自分磨きでお手本にした人を聞いたところ、39.1%が「自分磨きでお手本にした人はいない」と回答しましたが、お手本として最も多いのは「SNSなどのインフルエンサー」が33.3%でした。次いで、「家族や友人など身近な人」(26.6%)、「ジムや講座の講師の人」(12.6%)となりました。
 
婚活に自分磨きが「必要」(52.5%)、「どちらかといえば必要」(44.8%)と、9割以上が必要だと感じていると回答しました。
 
これから行う場合に興味のある自分磨きを尋ねたところ(複数回答)、最も多い回答は「メイク」(41.2%)で、以下は「家事力の強化」(40.2%)、「マナーの勉強」(39.4%)、「ダイエット」(37.8%)、「コミュニケーション力の強化」(37.2%)となりました。メイクやダイエットなど、外面を磨く以外に、内面も磨き上げ、魅力ある女性を目指しているようです。
 
自分の内面・外面を磨き上げる努力をしている女性はとても魅力的です。理想の伴侶を見つけるだけでなく、仕事面などでもさまざまなメリットがありそうですね。
 
出典
※1 厚生労働省 令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況
※2 株式会社オーネット「婚活中の自分磨きに関する実態調査」 
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行