更新日: 2022.04.08 暮らし

手厚い私立高校と公立高校+予備校。大学進学までにお金がかからないのはどちら?

手厚い私立高校と公立高校+予備校。大学進学までにお金がかからないのはどちら?
エスカレーター形式の私立高校は、大学進学までのハードルが低いといえます。一方で、学費は高い傾向にあり、子どもは公立高校に進学してほしいと考えている保護者も多いでしょう。ただし、公立高校でも予備校に通わせる場合、費用は高くなってしまいます。
 
この記事では、手厚い私立高校と公立高校に通いながら予備校に入るときの費用を比較していきます。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

手厚い私立高校と公立高校の学費を単純比較すると

まずは、エスカレーター形式の私立高校と公立高校の学費を単純に比較していきます。
 

・入学費は公立高校が圧倒的に安い

どの高校に子どもを通わせるにしても、必ずかかるのは「入学費」と「授業料」です。まず、高校に入る際、保護者は学校に入学費を納入しなくてはなりません。この額は、手厚い私立高校になると25~40万円ほどで、有名な私立高校になれば、50万円を超えることも珍しくありません。一方、公立高校の入学費は私立よりも安くなり、学校によって体系は異なるものの、10万円未満に設定されているところもあります。
 

・授業料の比較

1年間の授業に対し、かかる費用が「授業料」です。私立高校では、年間100万円が授業料の目安だとされており、120~150万円ほどの学校もあります。それに対し、公立高校の授業料は40~50万円ほどです。これに諸経費を入れたとしても、公立高校で年間の学費が100万円を超えることは非常にまれです。単純な学費だけの比較なら、公立高校は私立高校よりもはるかに安いといえるでしょう。
 

予備校の費用はどうなっている? 年間いくらかかるのか

子どもが予備校に通う可能性もある以上、公立高校でも学費が高くなってしまうことはありえます。以下、予備校のコストについて解説していきます。
 

・入学金は高校生であれば高くない

まず、予備校も高校と同じように入学金が設定されてきました。ただし、現役高校生であれば入学金は3万円ほどで済みます。浪人生になると入学金は10万円以上することもあり、予備校に入学するなら現役のうちが経済的です。
 

・予備校の費用は教科数によって決まる

一般的な予備校は、生徒が授業を受ける教科数によって、費用が変わります。例えば、1教科だけ授業を受けるなら費用は10~25万円ほどです。そして、2教科を受けるなら20~50万円ほどになります。
 
予備校によっては「難関大学プラン」「文系プラン」などのパック料金が設定されていることも少なくありません。こうしたパックで授業を受ければ、3教科50万円などの割安料金になる仕組みです。そのほか、夏期や冬期などの講習に20~40万円ほどがかかります。
 

予備校と公立高校に通うほうが費用は高くなってしまうのか

私立高校の学費は3年間で200~350万円程度です。そして、公立高校は3年間で200万円を超えることは少ないといえるでしょう。ここからは、公立高校と予備校の両方に通うなら、私立高校よりも学費が安くなるのかを検証します。
 

・3年間の合計なら高くなることも

もしも3年間予備校に通うなら、その費用は100~150万円ほどです。講習の費用を含めれば、200万円を超えることもあるでしょう。つまり、公立高校の学費との合計は400万円前後です。このことから手厚い私立高校に通うより、予備校と公立高校のほうが高くなってしまうと考えられます。
 

・通い方を工夫してコストを抑える

予備校のコストを抑えるには、授業の教科数を減らすことでしょう。1、2教科だけなら年間の学費は20万円程度で済みます。さらに、夏期や冬期の講習期間だけ予備校に通う方法もあります。そのほか、大学受験が近づいてきた2年生の後期、3年生の前期から予備校に入る生徒もいます。
 

私立高校でも公立高校でも大切なのは「子どもとの相性」

せっかく高い学費を支払って私立高校に子どもを通わせても、校風が合わなければ学力は伸びていきません。一方、公立高校で予備校に通いながら、成績を上げていくタイプの子どももいるでしょう。
 
大切なのは「私立」「公立」というくくりではなく、子どもとの相性です。このことから、学費の価値があるかどうかを慎重に検討して、子どもの進学先を決めましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

【PR】子どもの教育費はいくらかかるの?かんたん30秒でシミュレーション

auじぶん銀行