更新日: 2022.07.04 暮らし

間違えて振り込んだお金が戻ってこない! 組戻しって何? 対処法は?

間違えて振り込んだお金が戻ってこない! 組戻しって何? 対処法は?
「間違えて違う人に振り込んだお金はどうなる?」「お金が戻らない場合の対処法は?」などの疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。
 
「組戻し」をすることで、間違えて振り込んだお金が戻ってくる可能性があります。ただし、組戻しにはいくつかの注意点がありますので、事前に把握しておくことが大切です。
 
ここでは、組戻しの内容や方法、注意点、お金が返却されない場合の対処法などについて解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

組戻しとは

組戻しとは、「誤って違う人に振り込みをしてしまった」など、利用者の都合で資金の返却を依頼するための手続きです。組戻しを行うことで、振り込みを取り消すことができ、間違って振り込んだお金が戻ってくる可能性があります。
 
ただし、組戻しの手続きには長期間要する場合があります。組戻しの方法について、みていきましょう。
 

組戻しの方法

組戻しは、インターネットや窓口、電話などで手続きができます。例えば、インターネット銀行の場合は、手続き依頼フォームやメール問い合わせフォームから、必要情報(振込日、振込先口座番号など)を入力して送信します。
 
金融機関によって手続き方法が異なりますので注意が必要です。振り込みをした金融機関の組戻し方法を確認しましょう。
 

組戻しの注意点

組戻しをするには、詳細情報が必要なことや、手数料がかかるなどの注意点があります。また、受取人が承諾しないと、組戻しは成立しません。
 
手続き方法だけでなく、注意点も知っておくことは大切です。組戻しの注意点を把握していれば、事前準備やリスク管理がしやすくなります。ここでは、組戻しの注意点についてみていきましょう。
 

組戻しには振り込みに関する詳細情報が必要

組戻しを依頼する際は、振り込みに関する下記のような詳細情報が必要となりますので、注意してください。


・振込日
・振込金額
・振込先金融機関名・支店名
・預金種目(普通預金・当座預金・貯蓄預金)
・振込先口座番号
・振込先口座名義
・受付番号
・組戻し理由

※金融機関によって異なる場合があります。

金融機関に依頼する前に、振り込みに関する詳細情報を整理しておきましょう。大切な情報ですので、間違いのないようにしてください。
 

手数料がかかる

組戻しは手数料がかかりますので注意してください。組戻し手数料の例は、以下のとおりです。


・楽天銀行:880円
・住信SBIネット銀行:880円
・三井住友銀行:660円

手数料は金融機関によって異なりますので、いくらかかるかについては、組戻しを依頼する金融機関に確認しましょう。
 

受取人が承諾しないと返却されない

組戻しをすれば、間違えて振り込んだお金が必ず戻ってくるわけではありません。
 
組戻しは、受取人の承諾が得られた場合のみ返金されます。受取人が承諾しない場合は、組戻しは成立しません。金融機関も、相手に対して粘り強く説得するわけではありません。
 
     

組戻しでお金が返却されない場合の対処法

組戻しは、受取人が承諾しないと成立しません。したがって、受取人が承諾しない場合は、間違えて振り込んだお金は戻ってこなくなります。
 
このような場合は、「不当利得返還請求訴訟」という民事訴訟を提起して解決を目指すのが一般的です。判決として裁判官から返金を命じてもらえば、間違えて振り込んだお金も戻ってくるでしょう。
 
受取人が承諾しない場合は、弁護士に相談してみてください。
 

間違いに気づいた場合は速やかに手続きを進めよう

誤って別の人に振り込みをした場合は、金融機関に組戻しを依頼して受取人が承諾をすれば、お金が戻ってきます。ただし、受取人が承諾しない場合は、組戻しは成立しませんので注意してください。
 
振込先の間違いに気づいた場合は、すぐに金融機関に問い合わせをして、速やかに手続きを進めましょう。また、振り込む前に、相手に間違いはないか、念入りに確認することをおすすめします。
 

出典

楽天銀行 誤って振込をしてしまいました。組戻手続きをするにはどうしたらいいですか?
住信SBIネット銀行 〔振込振替〕 組戻しの方法を教えて下さい。
三井住友銀行 【振込】振込の組戻し(振込資金の返却)について知りたい
国民生活センター 暮らしの法律Q&A 振込先の口座を間違えてしまったら?
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード