更新日: 2022.07.13 暮らし

2022年4~9月の携帯料金に「電話リレーサービス料」が加算されていた!? それって何?

2022年4~9月の携帯料金に「電話リレーサービス料」が加算されていた!? それって何?
2022年4~9月の携帯料金に「電話リレーサービス料」が加算されているのをご存じでしょうか?
 
中には、一体「電話リレーサービス」とはどのような内容なのか、どうして請求されるのか分からないという人もいるのではないでしょうか。
 
そこで、電話リレーサービスの内容をはじめ、料金を加算される理由、利用するシーンなどについて解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

電話リレーサービスの内容とは?

「電話リレーサービス」とは、聴覚障害者(聴覚や発話に困難がある人)と障害がない人とのコミュニケーションを、通訳オペレーターがつないでくれるサービスのことです。
 
例えば、聴覚障害者が病院や施設の職員に連絡を取りたいとします。通訳オペレーターはネット回線を使って聴覚障害者と手話や文字チャットでコミュニケーションを取ります。そして、その内容を病院や施設の職員に電話回線などを使って伝えてくれるのです。
 
このサービスは、24時間365日利用が可能です。ただし、聴覚障害者がこのサービスを利用したい場合、あらかじめ電話リレーサービス提供機関である「一般財団法人日本財団電話リレーサービス」のホームページから登録する必要があります。
 
電話リレーサービスは、私たちの日々の生活を支える公共インフラです。そのため、サービスの提供を確保するためにかかる費用に関しては、電話提供事業者(携帯電話事業者、固定電話事業者、IP電話事業者など)が協力して支払うことになっています。
 
負担金の額は、各電話提供事業者が使用している電話番号数によって決められます。そして、その負担金は各電話提供事業者が「電話リレーサービス料」という形で、電話の一般利用者に請求しているのです。負担金について知りたい場合は、電話リレーサービス支援機関である「一般社団法人電気通信事業者協会」に問い合わせてみましょう。
 

電話リレーサービスの利用シーンとは?

電話リレーサービスは、24時間365日、利用可能です。そのため、日常生活のさまざまなシーンで役立てることができます。
 
例えば、深夜に急に熱が出た場合、聴覚障害者が病院に対して身体の状態を事細かに伝えるのは、難しい場合があります。しかし、電話リレーサービスを利用すれば、通訳オペレーターと手話や文字チャットで会話ができるため、簡単に病院の職員に病状を伝えてもらうことができるでしょう。
 
同様に、自宅の敷地内に怪しい人影があった場合も、電話リレーサービスを使えば、迅速に警察などの緊急通報受理機関につないでもらうことが可能なのです。
 
前出の緊急時だけではなく、聴覚障害者の家族や友達との会話も、通訳オペレーターが双方をつないでくれるため、これまで以上にコミュニケーションを深めることができます。
 

電話リレーサービスは聴覚障害者と障害がない人をつなぐ公共インフラ

電話リレーサービスは、聴覚障害者と障害がない人をつなぐサービスとして、なくてはならないものです。
 
サービスを利用シーンはさまざまです。緊急通報受理機関をはじめ、病院や施設の職員、家族・友人とのコミュニケーションに利用してみてはいかがでしょうか。
 

出典

総務省 電話リレーサービス
総務省 電話リレーサービス リーフレット
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード