更新日: 2022.07.29 暮らし

夏の旅行はどこに行くの?予算はいくら? 海外に行く人はいるの?

夏の旅行はどこに行くの?予算はいくら? 海外に行く人はいるの?
夏休みも間近に迫り、旅行を予定している人は既にホテルや航空券等の手配済みのことでしょう。コロナ禍での新しい生活様式も身についた今、昨年、一昨年は旅行を控えていたという人も、今年は旅行しようと考えているのではないでしょうか。
 
JTBが行った「夏休みに、1泊以上の旅行に出かける人」の調査結果から、今年の夏休みの旅行について見ていきましょう(※)。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

今年の夏の国内旅行はコロナ前近くまで回復。海外旅行はまだまだ先

JTB調べによると、2022年夏休みの国内旅行人数の推計値は7000万人、海外旅行人数は50万人であり、国内旅行を予定している人たちの数は前年比175.0%と増え、コロナ前の2019年と比較しても96.7%まで回復しています。海外旅行人数は前年に比べて5倍以上となったものの、2019年の294万人の2割にも満たず、まだまだ少ない状況です。
 
今年の夏休みに旅行に行くか聞いたところ、36.1%が「行く」と回答しており2019年の38.0%近くまで回復しています。若い年代を見ると、「行く」が男性29歳以下は53.8%、女性29歳以下は50.6%と旅行意欲が高くなっているようです。
 
旅行に行く予定のない人にその理由を聞いてみたところ、「夏休み期間は混雑するから」(29.3%)「家でのんびりしたいので」(25.0%)が続きました。
 

コロナ禍で中止となった夏のイベントやテーマパークに行く人が増える

旅行に行く目的は「家族と過ごす」が12.3%が最も多く、次いで「温泉でゆっくりする」(9.8%)、「帰省」(9.7%)となりました。今年は「イベント・祭り・観劇・スポーツ観戦など」(5.4%)、「テーマパークやレジャー施設」(4.7%)は増加しており、コロナ禍で中止となっていた夏のイベントやテーマパークに行こうという人が多いことがわかりました。
 
旅行日数については「1泊」が35.7%で最も多いですが、前年から6.2ポイント減っています。しかし、「2泊」(33.1%)、「3泊」(18.3%)は増加しており、旅行日数は長くなる傾向にあります。
 
旅行先については、同じ地方の中での旅行が減少し、例えば関東地方では北海道や九州・沖縄が増加しています。地方から大都市エリアへの旅行が増えるなど、少し離れた地域への旅行が増えているようです。
 
一人当たりの旅行費用は「1万円~2万円未満」が20.6%で最も多いものの、前年から5.8ポイント減少しました。一方、「4万円~5万円未満」(17.4%)は3.4ポイント増、「7万円〜8万円未満」(11.6%)は3.5ポイント増等、予算は昨年より上がっているという人が多いようです。
 
利用交通機関で最も多いのは「自家用車・レンタカー」(61.9%)ですが、前年より8.1ポイント減少しています。一方「鉄道全体」(43.5%)は12.0ポイント、「航空機全体」(23.3%)は9.0ポイント増加しました。これらから、今年は「鉄道や航空機で遠方に旅行に行く人」が多いことが推測されます。
 
海外旅行については、ハワイなどの海外パッケージツアーが一部再開しました。しかし、新型コロナ陰性の検査証明書が必要だったり、円安、航空券代金の高騰などから、夏休み期間の海外旅行人数は推定50万人程度にとどまっています。
 
海外旅行の実施時期については、円安や物価上昇、また国際情勢や感染症に対する不安などから、まだまだ海外旅行への意向は高くない様子が見てとれます。
 
そこでまた、再び新型コロナウイルスの感染者が増える兆しが見えており、旅行の意向も再び低下するかもしれません。ウイルスは変異を繰り返し、感染者の増減は今後もあるでしょう。とはいえ、ずっと引きこもっているわけにもいきませんから、感染予防を心がけながら旅行を楽しんでいきたいですね。
 

出典

※株式会社JTB 「2022年夏休み(7月15日~8月31日)の旅行動向」
 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード