更新日: 2022.07.29 暮らし

私立高校と公立高校+大手予備校では、3年間の教育費にどれだけの差がある?

私立高校と公立高校+大手予備校では、3年間の教育費にどれだけの差がある?
私立高校は公立高校と比べて大学受験に向けてのサポートが充実している傾向があります。
 
大学受験をめざす場合、私立高校に通わせるのと公立高校に通いながら予備校にも通うのと、3年間ではどちらがどれくらい教育費は安くなるのでしょうか。今回は、私立高校と公立高校の学校教育費、学習塾の費用、大手予備校の入学時に必要な費用などを紹介します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

学校教育費は私立高校が公立高校がの2.5倍

文部科学省の「平成30年度子供の学習費調査」によると、子どもが公立高校に通う家庭の1年間の学校教育費は28万487円、私立高校に通う家庭の1年間の学校教育費は71万9051円でした。学校外活動費の中で学習塾費は、公立高校の場合は10万6884円、私立高校の場合は12万9313円です。
 
学習塾にかかる費用を学年別に見たところ、公立高校1年生は7万1534円、2年生は9万8567円、3年生は15万650円であるのに対し、私立高校1年生は8万5200円、2年生は12万636円、3年生は18万3807円でした。
 
いずれの学年でも公立より私立のほうが学習塾にかける費用が多い傾向があります。また、通っている学科別に見ると、公立高校普通科は14万7740円、その他の学科では2万8587円、私立高校普通科は14万2795円、その他の学科では2万7951円で、公立・私立に関わらず普通科に通う子どものほうがその他の学科に通う子どもよりも学習塾に費用がかかる傾向です。
 
ただし、これらの金額は学習塾に通っていない家庭も含む平均額であるため、学習塾に通わせている家庭が支出する費用の平均とは異なります。
 

高校は公立・私立に関わらず約4割が学習塾に通う

公立高校に通う子どもがいる家庭では37.8%、私立高校に通う子どもがいる家庭では38.2%が学習塾に通っています。
 
「平成30年度子供の学習費調査2.調査結果の概要表8-2.学習塾費の金額分布」によると、学習塾に年間1円以上支出している家庭では、公立・私立に関わらず年間40万円以上学習塾に支出する家庭が最も多くなっています。学習塾費に年間40万円以上支出する家庭は公立高校で9.1%、私立高校で11.1%でした。
 
また、年間1円以上支出する家庭の平均支出額は公立高校が28万3000円、私立高校が33万8000円で、私立高校のほうが支出額は多くなっています。公立高校・私立高校の学校教育費と学習塾に通った場合の平均額を計算すると、公立高校は56万3487円、私立高校は105万7051円です。
 
公立高校と並行して学習塾に通った場合と私立高校に通い学習塾は通わなかった場合(学校教育費の71万9051円)を比較すると、公立高校のほうが私立高校より1年間で15万5564円、3年間で46万6692円安くなる計算です。
 

主な大手予備校に入学する際に必要な費用

大手予備校に入学する際に最低限必要な費用は入学金・年間授業料で、予備校によってはこの他に塾生サポート料や担任指導費などが必要になります。また、夏期・冬季・春期講習費、模試費、テキスト代などが別途必要です。
 
ここからは、大手予備校に1教科だけ通った場合に必要な最低限の費用を提示します。河合塾は入塾金3万3000円、塾生サポート料6万2700円、1講座あたりの授業料12万9600円の合計が22万5300円です。
 
駿台予備校は入学金が3万円、高3難関英語の授業を選択した場合、年間授業料が18万8000円で合計21万8000円になります。東進ハイスクールは入学金が3万3000円、担任指導費が3万3000円、1教科の受講料が7万7000円、模試費が2万9700円で合計17万2700円です。複数教科を受講する場合は金額が上乗せされます。
 

私立高校に通わせるより公立高校と大手予備校に通わせたほうが費用は安い

公立高校・私立高校の学校教育費は私立高校が公立高校の約2.5倍になっています。公立・私立ともに約4割は学習塾に通っており、学習塾に支払う費用は私立に通わせている家庭のほうが多い傾向です。
 
公立高校と学習塾を併用した場合と私立高校だけに通った場合を比較しても、公立高校と学習塾を併用したほうが教育費は安くなります。
 
ただし、大手予備校にどのくらいの頻度で通うのか、どの講座を受けるのか、夏期や冬期・春期講習なども受けるか否かによりかかる費用は大きく違うため、予備校の通い方によっては公立高校でも私立高校より教育費が高くなることもありえるでしょう。
 

出典

文部科学省 平成30年度子供の学習費調査1学校種別の学習費
文部科学省 平成30年度子供の学習費調査2学年(年齢)別,所在市町村の人口規模(学科)別の学習費(4)高等学校
文部科学省 平成30年度子供の学習費調査 2.調査結果の概要
河合塾 学費
駿台予備校 現役高校生向け 予備校/学習塾
東進ハイスクール 学費・申込手続
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

【PR】子どもの教育費はいくらかかるの?かんたん30秒でシミュレーション

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード