更新日: 2022.08.15 暮らし

マイナポータルの「子育て・介護ワンストップサービス」の活用法とは?

マイナポータルの「子育て・介護ワンストップサービス」の活用法とは?
マイナポータルの「子育て・介護ワンストップサービス」の存在を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。これは「役所に出向かなくても子育てや介護に関する行政手続きがワンストップで可能」という便利なサービスです。
 
そこで、この記事では子育て・介護ワンストップサービスの内容や活用法などについて解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

「子育て・介護ワンストップサービス」の内容とは?


 
マイナポータルの子育て・介護ワンストップサービスとは、政府が運営するオンラインサービスのことです。このサービスによって、スマホやパソコンから子育てや介護に関する行政の手続きがワンストップで行えるようになります。
 
子育て関係では、「児童手当(受給資格・児童手当の額についての認定請求、額の改定の請求および届け出、氏名変更や住所変更等の届け出など)」「妊娠の届け出」「支給認定の申請」などが可能になります。
 
介護関係では、「要介護・要支援の認定申請」「居宅(介護予防)サービス計画作成(変更)依頼の届け出」「負担割合証の再交付申請」「被保険者証の再交付申請」「高額介護(予防)サービス費の支給申請」「居宅介護(介護予防)福祉用具購入費の支給申請」などができます。
 
また、このサービスによって、行政機関などから配信されているお知らせを受け取れます。そのため、大事なお知らせを見逃すことがありません。
 
この子育て・介護ワンストップサービスを使うには、マイナンバーカードが必要です。マイナンバーカードの申請は役所への郵送をはじめ、パソコン、スマホ、証明写真機(ただし、対応機種のみ)で行えます。そして、スマホであればマイナンバーカード読み取り対応機種、パソコンであればICカードリーダーを付ければ、どこからでもサービスを利用できるようになるのです。
 

「子育て・介護ワンストップサービス」の活用法とは?

受給資格・児童手当の額についての認定請求をはじめ、高額介護(予防)サービス費の支給申請、居宅介護(介護予防)福祉用具購入費の支給申請などは自ら申請しなければ、自治体から支給されることはありません。
 
しかし、子育てや介護で時間がなくて、役所に行くのは大変という人も多いでしょう。そのようなときでも、マイナポータルの「子育て・介護ワンストップサービス」を使えば、どこからでも申請できるため便利です。
 
とはいえ、どのようなサービスを行っているのか分からないから役所で聞きたいという人もいるでしょう。そのようなときも子育て・介護ワンストップサービスは役立ちます。自宅にいながら、自分にぴったりな行政サービスを検索することができるのです。さらに、申し込みたいサービスが見つかれば、そのままオンラインで申請することができる場合もあります。
 

サービスを活用して子育てや介護の費用を請求しよう

「時間がなくてなかなか役所にいけない」という人も、マイナポータルの子育てワンストップサービスを活用すれば、簡単に手当やサービス費の請求申請ができます。試してみてはいかがでしょうか。
 

出典

マイナポータル
郡山市公式ホームページ マイナポータル・子育てワンストップサービス・介護ワンストップサービスからオンライン申請ができます
郡山市公式ホームページ マイナポータル内閣官房・内閣府チラシ
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード