更新日: 2022.08.19 暮らし

家庭の飲用水「ペットボトル」と「ウォーターサーバー」どっちがお得?

家庭の飲用水「ペットボトル」と「ウォーターサーバー」どっちがお得?
昨今、ウオーターサーバーを置く家庭も増えてきました。
 
その理由として手軽においしい水が飲めるというのはもちろんのこと、初期費用が無料であったり、契約するとさまざまな特典が付いていたり、などといった点があげられます。
 
しかし、実際のところ家庭用の飲料水としてペットボトルを買う場合とウオーターサーバーを契約する場合とではどちらがお得になるのでしょうか。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

ウオーターサーバーはいくらで使えるの?

ウオーターサーバーを契約すると、メーカーにより異なりますが毎月定期便のような形でボトルに入った水が届きます。定期便は基本的に毎月送られてくるため、水代は毎月必ずかかると考えてよいでしょう。
 
さらに、ウオーターサーバーは熱湯や冷水をすぐに出せるようにするため、本体に内蔵されているボトル内で加熱や冷却を常に行いますので、常に電気を消費します。このような理由から電気代も計算に入れる必要があります。
 
その他、メーカーによりますが、定期的なメンテナンスをしてもらうためのサポート料やサーバー本体のレンタル代がかかる場合があります。しかし、これらの費用は無料としているメーカーもあり、必ずかかる費用ではありませんので計算には入れないこととします。
 
以上を踏まえ、ウオーターサーバーの使用料の月平均を計算すると、水代の平均が3000円、電気代の平均が1000円ほどで、1ヶ月で約24リットルとします。そうすると、月々平均「4000円」がウオーターサーバーの使用料ということになります。
 
ただし、これはあくまで平均ですので、同居人がいてさらに多くの水を注文している場合や、別料金でおしゃれなサーバーを選んでいる場合などはこの費用からさらに高くなります。
 

「ウオーターサーバー」と「ペットボトル」安いのは?

ウオーターサーバーのボトルは事業者により異なりますが、毎月最低限注文しなくてはならない「注文ノルマ」が決まっている場合があります。注文ノルマがないメーカーであっても、その分レンタル代やサポート代がかかるなどで結局のところそれほど費用に大きな差は出ません。
 
毎月の注文ノルマもメーカーにより異なりますが、「24リットル」が最低注文本数の目安となります。仮にこの24リットルをペットボトルで購入した場合と比較すると、どちらの方が安いでしょうか。
 
500ミリリットルのペットボトル1本を100円と仮定し、これを24リットル分購入した場合「100円×48本=4800円」となります。つまり、ウオーターサーバーを契約した場合の平均と比較するとペットボトルで購入した場合の方が「高い」ということになります。
 
一方、大手価格比較サイトでは、2リットル入りのペットボトル6本(12リットル分)が800円台から1200円台で紹介されていることから、2リットル入りペットボトル6本当たり1000円だと仮定します。これを24リットル分購入した場合「1000円×2セット=2000円」となり、ウオーターサーバーの半額程度で済むことになります。
 
ただし、ペットボトルの場合、在庫は常温で保管し、使う分だけ冷蔵するのが一般的です。熱湯が必要な場合は加熱するコストが別にかかるほか、開封後は早めに消費する必要があります。適温でおいしく、安全な水を定期的に使う点では、ウオーターサーバーがリーズナブルといえます。ちなみにウオーターサーバーのボトルを500ミリリットル換算した場合の主要7社の平均費用は70円ほどです。
 

ペットボトルとウオーターサーバーはどちらがお得か


 
平均費用を計算したところ500ミリリットルのペットボトルとの比較であれば、ウオーターサーバーの方がお得という結果になりました。ただ、安いペットボトル、目安として70円以下のペットボトルを購入する場合はウオーターサーバーより安く済ませることも可能です。
 
ウオーターサーバーの事業者もさまざまな内容の契約形態がありますので、自分に合ったメーカーを探せればペットボトルとサーバーをうまく使い分けてさらにお得に使うことも可能かもしれませんね。
 

出典

仙台市水道局 水道まめちしき
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード