更新日: 2022.08.30 暮らし

【9月2日は宝くじの日】毎年「宝くじの日」にハズレ券を対象にした抽せんがあるって知ってる?そもそも宝くじの当せん率って?

【9月2日は宝くじの日】毎年「宝くじの日」にハズレ券を対象にした抽せんがあるって知ってる?そもそも宝くじの当せん率って?
9月2日は宝くじの日。一獲千金を狙って定期的に宝くじを購入しているという人も多いのではないでしょうか。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

宝くじの当せん確率はどのくらい?

宝くじの種類はいくつかありますが、現在のところ、1等当せん金が高いのは「ジャンボ宝くじ」です。中でも「年末ジャンボ宝くじ」は1等が7億円、前後賞を合わせると10億円と最も当せん金が高くなっており、令和2年の販売実績は1434億円にのぼります。夢のような金額ですが、1等の当せん確率は2000万分の1で、まさに夢のような話です。
 
1等当せん確率が最も高いのは、1等当せん金が10万円のスクラッチと、1等当せん金が100万円の「ナンバーズ4(NUMBERS4)」がいずれも当せん確率1万分の1となっています。それでも確率は相当低いですが、年末ジャンボ宝くじの当せん確率の2000倍です。年末ジャンボ宝くじに比べるとものすごく当たりやすいと感じるかもしれませんが、それでも確率が低いことに変わりはありません。
 
【図表1】

図表1-1

図表1-2

 
総務省 地方財政審議会付議(説明)案件・宝くじについて(説明案件)
 

「宝くじの日」にはハズレ券を対象にした抽せんがある

9月2日の「宝くじの日」は、宝くじ当せん金の引き換えもれ防止を図ろうという願いを込めて、昭和42年にくじ(9・2)の語呂合わせによって設定されました。
 
「宝くじの日」には、「宝くじの日 お楽しみ抽せん」があるのをご存じですか? 「宝くじの日 お楽しみ抽せん」は、対象ハズレ券の下4ケタの番号で対象に抽せんを行う敗者復活戦です。毎年すてきな賞品が当たるようです。「お楽しみ抽せん」は毎年実施されているので、ハズレ券はこの日まで捨てずに持っておきましょう。
 

宝くじが当せんしたら何に使いたい? ゲン担ぎはしてる?

それでは宝くじはどれくらいの人が購入しているのでしょうか。
 
スリーエム株式会社が実施した「宝くじの購入」に関するアンケートによると、宝くじを買う人の割合は55%となりました。購入頻度は「年に1~5回」が45%で最も高く、「年に6~10回」は3%、「年に10回以上」は7%と購入頻度が高い人もいるようです。購入している人は、「年末ジャンボ」や「サマージャンボ」など当せん金が大きい「ジャンボ宝くじ」を購入していることが多いことがわかりました。
 
宝くじをどこで購入しているか聞いたところ、「店頭が多い」が42%、「ネット購入が多い」が14%という結果になりました。宝くじを買う人にはネット購入はまだあまり浸透していないようです。当せんが出やすい売り場は人気があるので、そのような場所で買うのも楽しいでしょう。
 
宝くじが当せんしたら何に使いたいと思っているのか聞いたところ、「マンション購入」「子どもの教育費」「ローンの返済」「海外旅行」「金融投資」等回答は多岐にわたりました。ジャンボ宝くじの場合は1等が数億円という大金なので、夢が膨らみますね。
 
宝くじを購入する際のゲン担ぎも聞いたところ、「今年のラッキーな方角に保管しておく」「毎年同じ店で買う」「大安の日に買う」「黄色の財布を持っていく」「神社に行く」というように、その人ならではのゲン担ぎがあるようです。
 
宝くじは先にあげたように1等の当せん確率が低くても1万分の1と、まさに万に一つの確率です。しかし、買わないと確率はゼロですから、年に一度くらいは夢を購入してもいいのではないでしょうか。
 

出典

総務省 地方財政審議会付議(説明)案件・宝くじについて(説明案件)
スリーエム株式会社 「宝くじの購入」をテーマとしたアンケート調査(PR TIMES)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード