更新日: 2022.10.14 家具・片付け

家具、家電のレンタルサービスに興味を持つ人は約25%! FPが勧めるレンタルがお得なものとは

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

家具、家電のレンタルサービスに興味を持つ人は約25%! FPが勧めるレンタルがお得なものとは
現代では家具や家電など、さまざまなものがレンタルできるようになっています。しかし興味はあっても、利用経験がない人も多いのではないでしょうか?
 
そこでこの記事では、家具・家電のレンタルサービスに関する統計データを踏まえつつ、レンタルする方がお得になる可能性があるものについて解説していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

家具・家電の定額制レンタルサービスの現状

LINE株式会社のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」が2021年に行った「『家具・家電の定額制レンタルサービス』の現状と認知度」(調査対象:日本全国の18~59歳の男女2108人)によると、レンタルサービスの認知度は全体の46%という結果が出ています。
 
また、「『家具・家電の定額制レンタルサービス』を利用している人が、現在身の回りにどれくらいいると思うか」を想像して答えてもらった「流行体感スコア」は2.3で、約100人に2人が利用しているイメージを抱いている結果に。
 
さらに、「1年後、自分のまわりでどのくらいの人が使っていると思うか」を想像して答えてもらった「流行予想スコア」は13.0で、1年後には約7人から8人に1人が利用しているイメージ、という結果でした。
 
今後の利用動向に関しては、「ぜひ使ってみたいと思う」と「機会があれば使ってみたいと思う」の合計が26%という結果となっています。
 
このことから、家具・家電レンタルサービスの存在は約2人に1人が認知しており、現状で利用者数はそこまで多くないものの、今後増えていくイメージを持たれているサービスといえます。
 

購入よりもレンタルの方がお得な家具・家電

では、レンタルする方がお得な可能性がある家具・家電には、何があるのでしょうか? 状況によっても異なりますので、以下の2パターンに分けて考えるとよいでしょう。
 

1.使用期間が限られているもの
2.購入前に試してみたいもの

 

1.使用期間が限られているもの

例えば、ベビーベッド、ベビー寝具、ベビーチェアなどの乳幼児向けの家具は、いつまでも使うものではないため、ご家庭の状況によっては、レンタルの方がお得といえるでしょう。
 
また、最新のビデオカメラ、大きめのホットプレートなど、しょっちゅう使わないけれども、家族の記念日や友人とのパーティーなど、特別なときだけ使いたいものなら、1日単位で借りられるレンタルサービスが便利ですね。
 

2.購入前に試してみたいもの

購入したものの、「やっぱりいらなかった……」と後悔する可能性のある、高価な家具・家電は、使用感を確かめられるレンタルは便利に利用できそうです。
 
対象の家具・家電は個人の趣向によっても異なりますが、例えば高額な掃除機や空調家電、高級ドライヤー、値段が高いオフィスチェアなどは、購入前に試してみたいという人が多いのではないでしょうか?
 
洗濯機、冷蔵庫、大型ベッドのレンタルに対応しているサービス会社もありますが、返却の手間などを考えると、持ち運びできるサイズの方が使い勝手はよいかもしれません。
 

まとめ

今回は家具・家電のレンタルサービスの状況と、レンタルする方がお得になる可能性があるものについて解説しました。
 
実際にレンタルを考える際は、「使用期間が限られているもの」「購入前に試してみたいもの」の中から選ぶことをおすすめします。
 

出典

LINE株式会社 流行体感から読み解くサービス未来予測 流行予想シリーズ 家具・家電の定額制レンタルサービス編(2021年)

 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

ライターさん募集