更新日: 2022.11.04 暮らし

約6割はマイナポイント第2弾に未申請! 申し込み方法やメリットを解説

約6割はマイナポイント第2弾に未申請! 申し込み方法やメリットを解説
株式会社エイチームライフデザイン(愛知県名古屋市)によると、18歳以上の男女650名を対象に「マイナポイント第2弾に関する意識調査」を実施したところ、2022年9月上旬時点でマイナポイント第2弾の申し込みをしていないと回答した人は、およそ6割にも上ることが分かりました。
 
確かに、マイナポイントは何に使えるか分からないし、手続きも面倒くさそうと思う人もいるでしょう。しかし、マイナポイントはさまざまなポイントに交換できるうえに、手続きもスマホ1台で完結するほど簡単です。そこで今回は、マイナポイント第2弾の概要と申し込み方法について解説していきます。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

マイナポイントはマイナンバーカード取得を促すためのキャンペーン

マイナポイントは国民にマイナンバーカードの取得を促すためのキャンペーンです。そのかいもあり、マイナンバーカードの人口あたりの発行率は、令和3年4月には3割にも満たなかったのですが、令和4年9月時点の発行率は約5割にも上りました。
 

マイナポイントは合計2万円分もらえる

マイナポイントは合計で2万円分ものポイントがもらえます。ただし、2万円分が一括でもらえるのではなく、所定の手続きをして、それぞれの内訳別にポイントがもらえる点には注意しましょう。
 
マイナポイントの内訳は以下の通りです。
 

1. マイナンバーカードの新規取得(5000円分)
2. 公金受け取り口座の登録(7500円分)
3. 健康保険証利用の登録(7500円分)

 
これらの手続きをすべてすると2万円分になるということです。
 

キャッシュレス決済サービスのポイントとして使える

マイナポイントを受け取るには、マイナンバーカードとクレジットカードやQRコード決済、電子マネーなどのキャッシュレス決済サービスのひも付けが必要です。対象となる決済サービスはマイナポイントの公式ホームページに記載されています。対応している決済サービスは2022年10月現在120種類にも及びます。普段自分が使っている決済サービスを選びましょう。
 

マイナポイントを受け取るのに必要なもの

マイナポイントはマイナンバーカードを発行しなければ、当然もらうことはできません。以下では、マイナンバー取得後にマイナポイントを受け取る方法を見ていきましょう。
 
まず、マイナポイントを受け取るのに必要なものを紹介していきます。マイナポイントを受け取るのに必要なものは以下の4つです。
 

1. マイナンバーカード
2. NFC(おサイフケータイ)対応スマホ
3. 公金受取用の口座
4. マイナポイントを受け取るポイントサービスのアカウント

 
なお、公金受け取り用の口座やポイントサービスのアカウントは、すでにお持ちのものをお使いください。
 
上記4つのなかでも問題は、NFC対応のスマホです。NFCはいわゆるおサイフケータイの一種ですが、国内でおサイフケータイとして主に使われているのはFeliCaという別の技術です。iPhoneにはNFCが搭載されていますが、AndroidのなかにはNFCが搭載されていないものもあるので注意しましょう。もしもNFC搭載スマホを持っていなければ、全国の「マイナポイント手続スポット」で申請できるので安心してください。
 

マイナポイント2万円分を受け取る手順

こちらでは、スマホでマイナポイントを受け取る手順を紹介します。以下の通りに進めてください。
 

  • 1. 「マイナポイント」アプリをダウンロードする
  • 2. マイナンバーカードを受け取った際に設定した、数字4桁のパスワードを入力する
  • 3. 「マイナポイント」アプリを起動し、マイナンバーカードを読み取る
  • 4. マイナポイントを申し込む(3つの施策すべてチェック)
  • 5. マイナポイントを受け取るキャッシュレス決済サービスを選ぶ
  • 6. 申し込み情報を入力
  • 7. 利用規約を確認し、同意する
  • 8. 申し込み完了

 
あとはポイントが付与されるまで待ちましょう。
 

2万円分のポイントを受け取るのは意外に簡単!

マイナポイントの受け取りは手間がかかりそうですが、スマホさえあれば10分程度で、完結する手続きです。唯一のハードルはNFCに対応したスマホを用意することですが、それもマイナポイント手続きスポットに行けば解決します。
 
面倒くさそうという理由だけで、2万円を捨ててしまうのは非常にもったいないです。期限も迫っているため、今すぐマイナンバーカードの申し込みをしましょう。
 

出典

総務省 マイナンバーカードでマイナポイント第2弾
株式会社エイチームライフデザイン マイナポイント第2弾に関する意識調査
総務省 |マイナンバーカード交付状況について
総務省 マイナンバーカードでマイナポイント第2弾 決済サービス⼀覧
総務省 マイナンバーカードでマイナポイント第2弾 マイナポイントの申し込み方法
総務省 マイナンバーカードでマイナポイント第2弾 やってみよう! マイナポイント手続スポットで申込み
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード