更新日: 2022.11.08 暮らし

そろそろおせちのことも考えて。節約できる購入方法は?

そろそろおせちのことも考えて。節約できる購入方法は?
かつては家で作るものだったおせちも、手間を省くために購入する人が増えていることでしょう。
 
しかし、おせちは2~3万円以上するものも珍しくなく、何かと出費がかさむ年末年始の準備のなかでも大きな負担になりがちです。
 
そこで本記事では、おせちを節約できる購入方法を4つ紹介します。参考にしてコスパよくおせちを楽しみましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

お得な購入方法を4つ紹介

ここでは、おせちのお得な購入方法を4つ紹介します。
 

1.早割のキャンペーンを利用する

おせちを少しでも安く手に入れたい方にまずおすすめなのが、早割キャンペーンの利用です。
 
おせちは店頭受け付けのほか、百貨店のオンラインストアや通販など、幅広い方法で注文でき、早いところでは8月頃から先行予約を受け付けています。
 
キャンペーンの内容はそれぞれですが、早期予約ではポイント還元やクーポン適用、送料無料などの特典が付くことが多く、同じおせちを実質的に大幅に安く手に入れることも可能です。
 
年末におせちを頼むことが決まっているのであれば早めに注文して、早割の恩恵を受けましょう。
 

2.ネットで購入してポイントを使う、貯める

Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなど、ネットのポイントを使って安く買うのも手です。
 
また、購入によってAmazonポイントや楽天ポイント、ヤフーショッピングならばPayPayポイントを貯められます。特にポイント還元率の高い日を狙いましょう。
 
先述の早割クーポンやキャンペーンなどと併用できれば、さらにお得になります。幅広いラインナップから選べ、自宅まで届けてもらえるのもネット購入の魅力です。
 

3.スーパーや惣菜ブランドのおせちを買う

おせちというと、百貨店や料亭監修のものに目がいきがちですが、スーパーや総菜ブランドでもオリジナルのおせちを販売しています。
 
こういったところのおせちは一般的に価格が安めであり、例えば、3~4人前で1万円程度のセットもあります。セット内容に含まれる品々もシンプルで食べやすいものが多く、大人から子どもまで楽しみやすいのもメリットでしょう。
 
また、単品で購入することもできるため、調理に手間がかかる品だけを買ってきて、自分で作ったものと合わせてお重に詰めておせちに仕上げるという節約も可能です。
 

4.大みそかの大幅割引を狙う

おせちは12月31日までに売り切りたい商品であるため、大みそかに売れ残ったおせちが大幅割引される場合もあります。
 
代表例として、大みそかの夕方前後の百貨店では、数万円する高級料亭のおせちが半額セールになることも珍しくありません。店頭での販売となるため、現物を確認できます。
 
ただし、残っているものから選ばなくてはならないことや、時間帯によってはすでに売れ切れになっている可能性はあります。一定のリスクが残る方法ですが、うまくタイミングが合えば、定価では購入しづらい高級おせちをリーズナブルな値段で手に入れられます。
 

おせちは高額である分値引き幅も大きい

おせちは一般的に高額な商品ですが、その分だけ割引になったときの値引き幅も大きくなります。節約できる購入方法は、「早割」「ネットのポイント活用」「価格が安いブランドのおせちを選ぶ」「大みそかの大幅値引きを狙う」の4つです。
 
タイミング的にまだ間に合うのであれば、早期割引を使って好みのおせちをお得に手に入れるのがよいでしょう。
 
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード