更新日: 2022.11.11 暮らし

2021年のコード決済の店舗利用金額は前年比1.75倍。 意外と知らないコード決済の機能とは?

2021年のコード決済の店舗利用金額は前年比1.75倍。 意外と知らないコード決済の機能とは?
スマートフォンの普及に伴って、コード決済の利用者が増加傾向にあります。スマートフォンだけで買い物ができる利便性や、ポイント還元に魅力を感じている人が少なくないようです。
 
ただ、コード決済の魅力はキャッシュレスやポイントだけではありません。ポイントの現金化は原則不可能ですが、割り勘や残高の出金は可能です。使いこなせばとても便利なコード決済について解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

コード決済はどれくらい増えているの?

一般社団法人キャッシュレス推進協議会の「コード決済利用動向調査」によると、2021年におけるコード決済の店舗利用金額は7兆3487億100万円でした。2020年の当金額は4兆2003億100万円だったため、1年間で約1.75倍の増額です。
 
この結果の要因には、コード決済の利便性やポイント還元のお得感だけでなく、なるべく接触を避けようとするコロナ禍の影響も考えられます。
 

意外と知らない?コード決済の仕組みとは

利用者が増加傾向にあるコード決済ですが、経済産業省の算出によると、2021年の利用状況はキャッシュレス決済全体の1.8%で、27.7%のクレジットカードには遠く及びません。そのため、コード決済の仕組みについては、意外と知られていないという現状があります。
 

コード決済の種類

コード決済の種類は、バーコードとQRの2種類です。いずれも、コードに保存された情報を専用スキャナーで読み取って決済します。
 

コード決済の登録方法

アプリをダウンロードしてアカウントを作成すれば利用できるコード決済もありますが、多くの場合は、電話番号によるSMS認証が必要です。また、銀行口座と連携させる場合には、口座を持つ銀行系コード決済を除いて本人確認が必要になります。
 

コード決済の支払い方法

まずは、コード決済アプリに現金をチャージします。チャージはATMのほか、登録している銀行口座からも可能です。
 
支払い方法は、利用者が自身のスマートフォンの画面に表示させたコードを店舗がスキャナーで読み込む「ストアスキャン」方式と、店舗側が提示したコードを利用者が自身のスマートフォンで読み取って決済する「ユーザースキャン」方式があります。
 
ストアスキャン方式はコードを表示させるだけで決済が完了しますが、ユーザースキャン方式の場合は、利用者側で支支払料金入力する必要があります。
 

コード決済の各種機能

コード決済には支払い機能のほかにも、さまざまな機能が搭載されています。なお、本項目で紹介する機能は、すべてのコード決済に搭載されているわけではありません。
 

割り勘機能

複数で飲食したときの会計をコード決済で割り勘にできる機能です。幹事がアプリ内で作成した割り勘の内容をメンバー間で共有して、それぞれが指定された金額を支払います。
 

残高の出金

コード決済残高の口座への出金や、ATM経由での出金が可能です。なお、出金には本人確認や手数料が必要になります。
 

送金機能

コード決済残高の送金が可能です。相手のQRコードを読み取って送る方法や、相手の携帯電話番号、またはIDに送る方法などがあります。また、相手からの送金を受け取ることも可能です。
 

オンライン決済機能

コード決済残高をネットショップの支払いに使えます。
 

資産運用機能

コード決済残高を使った資産運用が可能です。1円単位で投資できるため、お釣りを資産運用に回せます。
 

コード決済は必要な機能の有無を調べてから選ぼう

スマートフォンのコード決済利用者が増えているのは、スマートフォンだけで支払える利便性、ポイント還元、コロナ禍による非接触意識の拡大に加え、割り勘や現金への換金といった、さまざまな機能があることも理由のひとつかもしれません。
 
ただし、搭載機能はコード決済によって異なります。そのため、コード決済を選ぶ際には、必要な機能の有無を調べてから決めることが大切です。
 

出典

経済産業省 2021年のキャッシュレス決済比率を算出しました
一般社団法人キャッシュレス推進協議会 コード決済利用動向調査 2022年4月18日公表
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード