更新日: 2022.11.24 暮らし

【魚介類価格動向】まぐろ・さけが平年比22~26%で推移

【魚介類価格動向】まぐろ・さけが平年比22~26%で推移
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

農林水産省は2022年11月15日、同月7日~9日に実施した魚介類4品目の価格動向の調査結果をまとめました。対象4品目の価格は前月比で+0%~+4%、平年比では+7%~+26%の範囲でそれぞれ推移しています。「さけ」は前月より6円高い296円(100グラム当たり)、「まぐろ」は19円高い521円で推移しています。
 
品目ごとの価格(円/100グラム)、前月比%(平年比%)は次の通りです。

まぐろ 521円、前月比104%(平年比122%)※前月比19円高
え び 330円、100%(107%)※前月と同額
ぶ り 318円、100%(117%)※前月比1円高
さ け 296円、102%(126%)※前月比6円高

調査はまぐろ、えび、ぶり、さけの4品目を対象に毎月、農林水産省が委託した民間調査機関の調査員が全都道府県の各10店舗、合計470店舗を訪問して実施しています。
 
価格は消費税込みで、特売価格等は調査に含まれていません。全調査店舗の単純平均で算出しています。平年比は2017~2021年度の同調査による当該月の調査価格の5カ年平均価格と比較しています。
 

出典

農林水産省 食品各動向調査(魚介類)の調査結果
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード